第5回ファッション・ブエノスアイレス

HAPPENING


第5回「ブエノス・アイレス・ファッション・ウィーク」が、今年も4月7日から10日に渡って、ザ・ルーラル・ソサイエティーにて開催された。テーマとデザイナーのモチベーションのリンクの強さが感じられた今回のファッション・ウィーク。もちろん、ユニークさに関しても秀でた作品ばかりだ。

色、感動に浸る人々、楽しい瞬間、美しいモデル達、そこでの新たな出会い、見たいという気持ち、見てほしいという気持ち…。このどれもが、幕が挙げられない限り発生しないことばかりだ。

このイベント、今回を最後に「BAFウィーク」ではなくなってしまう。次回からは、ブエノス・アイレスという街との結びつきを更に強化し、地元のデザインシーンを紹介する「ファッション・ウィーク」としての開催になるというのだ。しかし、アルゼンチンならではのルーツや伝統的な見地は以前と変わらぬまま。それを象徴するかのように、今回最も注目を集めたファブリックは、レザー。レザー特有のあのにおいや肌触りと共に、レザーという素材が地元だけではなく、海外からのビジターの心もしっかり掴んだようだ。

エスニック風ガウチョ・スタイルの斬新なミックス。それに、遊び心を存分に取り入れたことで、80年代を彷佛とさせるような、白と黒を基調としたピュアでロマンティックなファッションが完成した。「UMA」は、今回フィーチャ−されたメインショーのひとつ。その「UMA」のデザイナー、キャロリーナ・アインステインが挑戦したのが、さまざまな素材をふんだんに取り入れるという試み。アルゼンチンまでの遠路を旅する、自立心旺盛な現代風の女性像を作り上げるのが目的だ。

ショーは、文字どおり色の大爆発、といった感じ。明るい青と黒、爽やかな緑と茶色、オレンジと黒、バラ色とベージュという組み合わせは、私達の目を刺激してくれたほんの一部。そしてこの「UMA」のショーは、今回開催された多くのショーの中でも、もっとも国際色が強いように思われた。力強さに関しては他を寄せつけず、生地とデザインの美しいコンビネーションを演出。アシスタントにとっては、もっと見たい、次は何?といった衝動にかりたたされるものではなかったのではないだろうか。

「今回のファッション・ウィークでは、80年代スタイルの復活が主流だと思います」というのは、デザイナー、マリーナ・カサスの見解。ヘアスタイルから、アクセサリー、そしてもちろんメイクに至るまで、まるであの時代に戻ってしまったかのよう。その中でも唯一、その80年代風の空間とマッチしていなかったのは、我慢できない程の音量で流されていた、エレクトリニック・ミュージックだ。しかし、その音楽があることで、パンク、ロックスター、サベージ・バロックが主流だった80年代から、20年という月日の長さを感じることができたのは、何だか不思議な感覚だった。ちょっとしたデジャブのような錯角を味わった後は、さぁ、次のショーを見に行かねば。

ポストモダンのリビングスペースが、真っ白なキャットウォークそのもの。そこでは、誰でも気軽にドリンクを飲むことができ、同僚と一緒に談笑したり、雑誌を読んだりすることができる空間だ。マリア・チェアーのコレクションのシンボル的な存在として「ウィンター・テンプテーション(冬の誘惑)」と名付けられたこのラウンジ。椅子には、大きくて赤いリンゴがあしらわれている。モデル達もそこで飲んだり、食べたり、おしゃべりを楽しんでいる人たちの一部。そんな感じなので、一般の私達は、どこをどう見ていいのかちょっと困惑してしまった。そしてそんな中、私がふと思い出したのが、私がまだ幼かった頃、母が愛読していた雑誌だ。どことなくナイーブな印象があり、幸せそうな人々をフィーチャ−していたその雑誌。服も紹介しているのだが、なぜだか遠慮がちな雰囲気があったのだ。ステージに目をやると、たくさんの女性モデル達が大声で笑い合っているのが見えた。そしてそこには確実に、母の雑誌とは違う、ファッションを楽しむ、という要素があった気がした。そんなことを考えながら、リンゴを置く安全な場所を私は探していたのだった。

ショーとショーの間は、誰にとっても他人に目を配ったり、あるいは自分のアピールに精を出していたようだ。オスカーやグラミー賞などでよく見かけるような、赤いじゅうたんが敷かれている場面では、誰もがゴシップを探し求めている様子。このショーの本来の目的は、どうやら完璧に忘れられてしまっているようだった。ショーはそっちのけで、ゴシップ探しに熱中しているかんじなのだ。ファッションショーの裏方はまるで、すべての物事を動かすエンジン状態。この「BAF」全体が、世界に向けたプレ・ショーの巨大版のような存在なのだ。しかし、どこのショーよりも内容が濃く、組織立てられていないのが、「BAF」なのだ。

イベントが終了した今。何だか、ほんの少しの間だけ私達に違う世界へと通じるシェルターを与えてくれた、ちょっとグラマラスな空間がなくなってしまったような気分。ファッション以外にこのイベントが残してくれたもの。それは、すべての物事が正しい方向に向かっているという確信だ。ショーが遅れたり、モデル同士の誤解が少なからずあったとしても、高まるファッション熱の中でこのショーを待つことに比べたら、そんなのは小さな問題なのではないのだろうか。今回で「BAF」は見納め。そうなってくると、次回はどんなイベントになるのかが気になるところ。次回も変わらず、ファッションなのだろうか? そうであることを、願わずにはいられない。

5th Buenos Aires Fashion Week
会期:2003年4月7日〜10日
住所:Buenos Aires, Argentina
info@bafweek.com
www.bafweek.com

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE