ウィンディ

THINGS


カサカサ、ヒューヒュー、シャララ。秋晴れの日、木の下で目を覚ますウィンディはそんな風の音に気づく。ウィンディはカイトが揚げられる風の強い日がだい好き。風に舞うブルーのカイトを楽しむ彼女だが、そのカイトが風で流されてしまう事に・・・。ロビン・ミチェルとジュディス・スティドマンによる「ウィンディ」は、ブルーのカイトの行方を探す、女の子のお話である。

バンクーバーアーティスト、ロビン・ミチェルとスティドマン・デザインのグラフィックデザイナー、ジュディス・スティドマンは、「ウィンディ」シリーズの製作者。スティドマンは絵本製作以外にもエキシビションカタログデザインや雑誌製作に取り組んでいる。

カーロ・コローディ著の「ピノキオの冒険・操り人形の話」(シンプリー・リ−ドブックス出版)でカバー、テキストデザインを手掛けた彼女は、二十周年記念「アルカインソサエティ・ブックデザインアワード」や第三回「モハウクショー」でブライアン・ジャンゲンのエキシビションカタログデザインで賞を獲得している。スティドマンの作品は、紙質や模様、テキスチャーなどを用い、視覚的、感触的な好奇心を読者に伝えるものが多い。「ウィンディ」では彼女とミチェルの丹念でユニークな世界がいっぱいに表現されている。

ミチェルとスティドマン自身により丁寧に仕上げられた人形劇のような各場面はペーパークラフトの背景とクラフトドールの組み合わせ。風になびく赤いマフラーもさ迷うブルーのカイトも質感が上手く伝わるように立体的に製作されてある。色鮮やかなおりがみや和紙、ファブリックには二人の作者の素材へのこだわりや興味が表れている。必死にカイトを探すウィンディと共に、読者も各ページの装飾に見入ってしまうほどだ。

第二作としてウィンディの友達、サニーを主人公に迎え、物語を製作している。サニーは「ウィンディ」にも登場しており、音楽が好きな少年である。「ウィンディ」でカイトの作り方が付いていたように、「サニー」では、サウンドトラックCDが組みになっている。「ピアノ」や「ディストロイヤー」などのバンクーバー・ローカルバンドが音楽製作をする予定だ。子供だけではなく、若者にもウィンディが愛される理由はミチェルとスティドマンのこだわりや興味が素直に、そしてふんだんに表現されているからに違いない。

スティドマンはこのほかにも、キューレーターのパトリック・アンダーソンと「メイドマガジン」や「インサイドマガジンズ」(ジンコ出版)などを出版している。サブカルチャー、ポップカルチャー、そしてユースカルチャー、これらの文化と雑誌との関わりを研究したアンダーソンがフューチャーするのはバンクーバーの洗練されたコンテンポラリーアーティストやインターナショナルに活躍するデザイナーなど幅が広い。スティドマンはカルチュアルで質の高い雑誌製作にも力を入れている。

わたしたちはカルチャーに溺れ、旬なものを追いつづけてしまいがちだ。ミチェルとスティドマンがロングタイムな「楽しみ」を「ウィンディ」を通して読者と分かち合うように、またスティドマンとアンダーソンがポップカルチャーを分析したのち「メイドマガジン」を作り上げたように、マルチカルチャーのバンクーバーでわたしたちもハイブリッドなアイディアやデザインを追求し、本質を見極め、独自なものを作り上げていきたい。自分のネイチャーを表現することを忘れず、自分らしく、楽しく生きるウィンディのように・・・。

ウィンディ(シンプリーリードブックス出版)
ロビン・ミチェル、ジュディス・スティドマン著
インサイド・マガジンズ(ジンコ出版
パトリック・アンダーソン、ジュディス・スティドマン著

Text and Photos: Aya Takada from SML-(6j6)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE