イノスナ・アートコム

PEOPLE

INNOTHNA ARTCOMMは、3人の男の子(ダニエル・ブラーヴォ、カルレス・ヴァルヴェ、ジュリオ・ハーディソン)と、女の子(ローラ・ミヤシロ)1人からなるグループ。彼らについてはシフトで紹介したいことがたくさんあるのだけれど、まずここ最近で一番の出来事は、昨年、ビデオゲーム・クリエーションの分野で、ザ・ファースト・アートフーチュラ賞を受賞したことだろう。彼らに会ったのは、1月でもぽかぽか陽気の、ある日のバルセロナの午後。彼らはちょうど、最新プロジェクト「INNSONIK」のフランスでの展覧会に向かうため、旅支度をしている時だった。


「INNOTHNA ARTCOMM」とは、どういう意味ですか?

カルレス:童話「ピノキオ」には、ゼペットじいさんが登場しますが、このおじいさんの作品に、僕は「INNOTHNA」を感じます。生命のないオブジェに命を与え、ピノキオというものを、プログラミングやグラフィックデザインで作っているのが、僕達です。

ジュリオ:僕の意見は、カルレスのそれとはまったく逆なんです。一方では、「INNOTHNA」として僕らは自動的にオーガナイズし、いろいろな試みを行い、新案を編み出し、何かを学び、サラリーだって発生しています。でももう片方では、「INNOTHNA」は何か実際には、泡のような架空なもの、と思われているかもしれません。

バルセロナでの「INNOTHNA」は、どのような役割を担っているのでしょうか?

ジュリオ:具体的には、どのシーンにも僕らはピッタリとはフィットしていないと思います。でも、デザイン、アート、ビデオゲーム、教育、その他さまざまなシーンに、かなり溶け込んでいるんじゃないかな。僕達の、いろいろなものに挑戦してみたいという願いは、同時に勇気でもあるのです。

ダニエル:僕達は一つのシーンでは落ち着くことができないグループです。インディペンデントなグループにとってシーンとは、彼らのプロジェクトをサポートしてくれるもの。でも僕らにとっては、メディアチックなショールームはまったくもって興味の対象外だし、それこそバルセロナがまさにこれですよね。

2002年で一番印象深かった出来事は何ですか?

ジュリオ:ローラの作品じゃないかな。彼女のグラフィックは漫画の世界そのもの。任天堂もINNOTHNAの伝統的なミニマリストとしてのスタイルと、すっかり融合したと思います。

ローラ:そうですね。このゲーム「INNSONIK」で、ザ・ファースト・プレイステーション・アートフューチュラ・ビデオゲーム・クリエーション賞を受賞できたことは、何だか夢のような出来事でした。

ダニエル:新しい緑色のスタジオを持てたことかな。

ビデオゲームについてですが、あえて今、失敗点をあげるとしたら、それはどのような点ですか?

ダニエル:これは、ビデオゲームに対して敬意を持って話すことになりますが、ビデオゲームのほとんどが連続性というものに基づいて作られています。僕達がしなければいけないのは、一昔前のビデオゲームの要素と、これからも発展できそうな要素を織りまぜながら、ユーザーに新しい体験を味わってもらうこと。たとえそれが、僕達にとっては、ワード・ビデオゲームを使うのを止めさせる結果となっても、その必要はあると思います。

ジュリオ:ビデオゲームは技術的に発展するものですが、ランゲージや計画的なレベルとしてはそれほどではありません。だからこそ、もっともっと画期的になるべきなんですよね。リアリティさを表現したり、すでに知っている案をリピートすることに夢中になっている。オーサー的なビデオゲームなんて、今ではほんんどありませんよね。

カルレス:ビデオゲームはいまだに、青春の1ページだと思います。そのゲームに暴力やセックスのシーンが登場すれば、それは「大人のゲーム」として分類されてしまうけど、もしそのゲームから分別のある経験をできれば、それは「大人のゲーム」にはならないと思います。

最近手掛けたプロジェクトについて教えて下さい。

ジュリオ:「INNSONIK」です。これは視覚化されたサウンドに基づいて作られたビデオゲームです。ビート、ループ、そしてソニックなテキスチャ-がひとつになっていて、それがビジュアル環境やゲームのメカニックとつながっています。音楽とエレクトロニック・アート、そしてビデオゲームのインタラクティブなエクスペリエンスとも言えるでしょう。物語としては短いですが、このゲームはレゴブロックの音楽版のような動きをするので、何度でも楽しめるし、サウンドのシーケンスとして、それこそゲームの使い方も無限の方法です。このゲームと他のゲームとの唯一の共通点は、何か違うものになる、という訳ではなく、ゲームというひとつの範囲内に納まっているということです。2月には、フランスのペルピニャンでこの作品を発表するのが決まっています。3月からは、僕達のサイトからこの作品のフリーのデモのダウンロードも開始される予定です。

今年の終わりまでにどのようなプロジェクトを行う予定ですか?

ローラ:マルチユーザーで楽しめる、3Dの作品を作ってみたいです。

ダニエル:ピクセルをただ動かすだけになるかもしれないけれど、コンソールについての謎を解きたいですね。

カルレス:スペイン国外の仕事をたくさんしてみたいです。

ジュリオ:もっとプロジェクトのひとつひとつに集中できたらいいな、と思います。そうすれば、もっとアイディア掘り下げられると思います。まだまだ僕らは、プロジェクトの表面部分でしか活動していない気がするのです。このままでは最終的に、すべてに嫌気が指してしまうのではないかと、今は思っています。

もし世界に向けて、インターネット、テレビ、ラジオ、その他いろいろなメディアを通じてメッセージを発信できるとしたら、どんなメッセージを届けたいですか?

ジュリオ:おそらく何も言わないでしょうね。メディアなのに沈黙の1時間、というのもいいじゃないですか!ラジオも、ネットもテレビもない1時間も、悪くないと思います。
ダニエル:この沈黙の1時間のフレーズを聴いたり、読んだりすると思います。

ローラ:振動付きの笑いを届けたいです。

カルレス:イラクに攻撃しないで、と言いたいです。

Innothna Artcomm
住所 : Sant Marc 13 Barcelona 08012, Spain
TEL:+34 932 37 96 24
www.innot.org

Text and Pictures: D76

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE