NYC ADC アワード 2002

HAPPENING


グラフィックデザインや広告産業において、アートディレクションは、製品完成までの重要な役割を担っていることは確かだ。そしてかの有名な「アート・ディレクターズ・クラブ」が今年も開催され、本年度の受賞者とアートディレクションのお祝が盛大に行われ、その作品が紹介された。6月6日、雨の夜のニューヨーク市での出来事である。

アート・ディレクターズ・クラブでは、受賞者を広告、ニューメディア、写真、イラスト、そしてグラフィックデザイン部門から選ぶことになっている。アメリカの組織団体が主催、運営しているショーでは、アメリカ国内のデザイン事務所や広告会社のエントリーがかなりの影響力を持っているのが現状だ。また、ドイツ、日本、その他の国々のエントリーもかなり手強い。

経済の低迷とニューヨーク市を襲った9月11日の大惨事もあり、作品の多くが無難なアプローチを展開しているように思われ、選ばれた作品のどれもが似通ったもののように見えた。しかしその中でも、私の興味をそそるような面白い作品が無かったわけではない。

グラフィックデザイン部門で金賞を受賞したのは、日本から参加した「DRAFT.CO OF TOKYO」。たった一つのフレーズと、シンプルなイラストが描かれた限定版「BUSH WHITE」は、3巻まであるシリーズ本だ。「DIE-CUT」というプリント技術がこの本には施されており、それによって切り取られた部分から向こう側が見えるようになっている。表紙をめくる毎に、彫刻的なフォームを本の中に見つけることが出来るのだ。例えば、連続的に四角くカットされているページは、まるで窓の様であり、最後のページに描かれている馬のイラストがその窓を通して見えるようになっている。

グラフィックデザイン部門で賞を受賞した作品は、作品として最もインスパイアリングなものであり、その作品も実に多種多様であった。その作品は、今紹介した本も含め「、デジタル・キッチン」がテレビ番組用に制作したタイトルシークエンスの作品や、「イマージナリー・フォーシーズ」が、制作したタイムズ・スクエアに隣接するビルの看板等、様々である。

ここで受賞者ではなく、あるクライアントに目を向けてみよう。そのクライアントは、デザイナーやアート・ディレクターが、彼等がベストな作品を制作出来ることを、頑に貫いている会社として有名である。そう、それこそナイキだ。広告部門とニュ−・メディア部門で金賞を受賞した作品は、どちらもナイキに関連したものであった。オレゴン州ポートランドの「ワィデン+ケネディ」は、昨年のナイキのキャンペーン用に制作したプリント広告で金賞を2つ受賞し、ニューヨーク州の「R/GA」は、ナイキ・イノベーション用に制作したウェブサイトで金賞を1つ受賞した。

しかし、広告部門では、DDB CHICAGOが12個用意された金賞の内8つを受賞する結果となり、それによって、この部門が何かインスパイア、というものにはかけ離れたもののようになってしまったのではないだろうか。

今年の終わりには、今回受賞した作品を集めた作品集が、ザ・アート・ディレクターズ・クラブから出版される予定だ。アート・ディレクションという現場の概要や、その現場で起こっていることを再確認出来るものとなるだろう。

Art Director’s Club Annual Award 2002
会期:2002年6月6日
会場:The ADC Gallery
住所:250 Park Avenue South New York, NY 10003 USA
TEL:+01 212-643-1440
messages@adcny.org
http://www.adcny.org

Text & Photos: Rei Inamoto From Interfere

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE