フェラーリ&マセラティ展

HAPPENING


4月24日から開催されているこの展覧会は、「ARTEDINAMICA—疾走するアート—フェラーリ&マセラティ」と題され、イタリアが生んだ魅力的な2つのクルマメーカーを、アーティスティックな視点で捉えなおすという意図が込められている。「クルマそのものはアートでもなく、人や物を乗せて走る工業製品にすぎないが、そうであっても、フェラーリマセラティの優美なボディから受ける感興は、美術品を前にしたときの感興から、それほど遠ざかっていないように思われる」と、当美術館の学芸員部長の塩田氏はいう。数多くのクルマメーカーがあり、その中でも、フェラーリやマセラティといった名車を残したメーカーは、日本に限らず、世界中で特別な存在であり、美術品と呼びうる質を備えているのでは。

会場には、独創的、美的というデザイン観点から、ピニンファリーナやジウジアーロといった巨匠デザイナーが手がけた、「フェラーリ・ミトス」や「マセラティ・エルドラド」といった世界に1 台しかないものや、自動車史上最高のグランツーリズムカーと言われる、「フェラーリ 250 GTO」など、主に、50〜60年代後半にかけてのスーパーカーが、20台選び抜かれ、展示されている。

FERRARI 360 MODENA BARCHETTA MONTEZEMOLOは、モンテゼーモロ会長個人が所有するワンオフのバルケッタ。これは、モンテゼーモロ氏の結婚のお祝いに、フィアットグループの総帥アニエッリ氏から贈られたもので、低いフロントガラスに、ゴージャスなレザー内装の特注品。

「FERRARI F2001」は、また今年の開幕戦、オーストラリアGPで、優勝を飾った、シューマッハの、F1マシンもサーキットの興奮そのままに展示。

「FERRARI MAQUETTE FX」は、9月にパリオートショーで公式発表される「F40」、「F50」の伝統を引き継ぐ「フェラーリFX」。フェラーリのロードモデルでありながら、F1のレース体験から生み出された最先端テクノロジーを搭載した、フラッグシップマシーン。

「MASERATI QUATTROPORTE」は、ピニンファリーナが手がける、マセラティの次期クワトロポルテの模型が、2つ展示してあり、どちらかのデザインをもとに、2003年のフランクフルトでのショーにデビュー予定。

また、9月にパリで発表されるという、「フェラーリFX」が、世界に先駆け披露され、こちらも話題に。他にも、これまで門外不出とされてきたオリジナルの設計図や、アーティストによるドローイング、彫刻的な美しさをもつエンジンやパーツと、見応え十分だ。

過去にも、「ニューヨーク現代美術館(MOMA)」で、フェラーリが美術品として扱われたことがある。今回も、モーターショーや博物館の展示とは違った、美術館ならではの楽しみ方を堪能できるはず!

ARTEDINAMICA 疾走するアート フェラーリ&マセラティ
会期:2002年4月27日〜7月14日(月曜休館)
会場:東京都現代美術館
住所:東京都江東区三好4-1-1
TEL:03-5245-4111
入場料金:大人1300円、学生1000円、小中学生650円、小学生未満および65歳以上は無料
http://www.love-italy.net/artedinamica/

体験同乗走行イベント
毎週末(土日)に、午前11時と午後1時に、御来場者の方の中から、1日10名ほど抽選で、「フェラーリ 360 モデナ」か、「マセラティ スパイダー」で、15分ほどショートドライブを体験できます。

Text and Photos: Satoshi Ota from Ponchi Design

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE