アティック

PEOPLE

世界の主要都市にオフィスを設け、グローバルに活動を展開している「ATTIK」が、今月のカバーをデザインしてくれた。今回のデザインも、ロンドンとシドニーオフィスの合作というだけあり、インターネットやメールが飛躍的に発達した今、そのテクノロジーの力を最大限に活用しているデザインカンパニーと言えるのではないだろうか。常にお互いを刺激し合い、多くの人に受け入れられるような解決策を模索、提供し続けているパワフルな彼等の素顔はどういったものなのだろうか?


ご自身のバックグランドも含め、自己紹介をお願いします。

ATTIK LONDON」で、デザイン・ディレクターをやっているサイモン・モリソンです。イギリス生まれですが、13歳の時にオーストラリアに移住しました。2つの文化の中で育ったことは、私のクリエイティブワークにかなり有利だと思いますし、そのお陰で、インスピレーションが掻き立てられていることも確かです。パースという町で育ったのですが、その時は地理的に世界から孤立している様な感覚を覚えました。でもそれが、目的を定める力をつけてくれたと思いますし、ほぼ物事から離れた見解というのは、今の私には役に立つスキルになったと思います。また、今活動しているロンドンのチームにとっても、常にフレッシュで革新的でいることができるカギとなっていいます。

ウェスタン・オ-ストラリア・スク-ル・オブ・ア-ト・アンド・デザイン卒業後、パースとシドニーのデザイン事務所で経験を積み、2年前にシドニーオフィスへ移り、ロンドンへ来たのが去年の事になります。

自分自身を描写してみると、根本的に私はグラフィックで新しい言語を発見することで、他とは違うものを作りたい、と思っているデザイナーだと思っています。

ATTIKについて教えて下さい。イギリス国内はもとより、ニューヨーク、シドニー等、世界の至る所にATTIKが広がっていますね。

ATTIKは、自分達のライバルよりも勝りたい、と思っているクライアントの為に、その術を見つけることを目的とした世界規模の会社です。「NOISE」というプロジェクトは、作品へのユニークなアプローチ方法へと繋がっているものだと思います。

この「NOISE」は、クリエイティブな作品の印象的なコレクション以上のものとして認識されています。私達はこれをリサーチと開発のツールとしてとらえています。汚染されていない環境の中で違ったコンセプトやアイディアを体験することによって、そのコンセプトを利用出来るわけですし、私達の商業用の作品への、濁りのない革新に繋がっていると思います。私達だけではなく、クライアントにとってもこのようなプロセスに関わっている、ということはとても価値のあることだと考えています。

一つの場所に留まるのではなく、あらゆる場所にATTIKファミリーが存在する利点は、どういったものがあげられるでしょうか?

世界のあちこちにオフィスがあることで、高い水準の文化的多様性を、私達のクリエイティブ作品に活かすことができていると思います。ATTIK内では、スタッフは常にお互いが影響し合い、その地でどうデザインの中のカルチャーを盛り上げて行くかを教え合っています。前にも述べた通り、世界の他の地域で生活し働くことによって得ることができる作品への特典というのを、私は身を持って知っていますし、これこそが全体としてATTIKに反映されていると思います。私達の知識の泉が更に湧き出る結果となっている訳です。

現在どのようなプロジェクトを手掛けていますか?

「NOISE4」が国際的に成功したのに続くように、次のプロジェクトをクリエイティブに進めています。詳しくはお伝えすることは出来ませんが、このプロジェクトでは、私達が以前発表した出版物と比べて、かなり新鮮なものになる予定です。

今回制作していただいたカバーデザインについて教えて下さい。何をイメージして作りましたか?また、何からインスピレーションを得ましたか?制作プロセス等も教えて下さい。

ファッションは動く有機体である、したがって「シフト」をリファレンスしている、というコンセプトがこのカバーデザインに込められています。これは、シドニーのオフィスで働いているヨロンダと私のクリエイティブコラボレーションのシンプルなアイデアです。ロンドンのオフィスでもチームを設け、スタイル、テキスチャ-、グラッフィックを担当し、シドニーではアニメーションを制作してもらいました。アフターエフェクトでは不可能な、何か生(なま)のものを慎重にフラッシュで作ってみたい、という気持ちがありました。この作品は、地球の裏側同士である2つのポイントから持ち寄られた、色、パレート、そしてテキスチュアルのハイブリッドだと思っています。

ソニーナイキリ-バイス等、世界規模で有名なクライアントワークを手掛けていますが、そのような大御所からATTIKが選ばれる理由は何だと思いますか?

クライアントのニーズ、そしてそのクライアントがどう世間に認知されたいのかを理解するだけではなく、そのクライアントがライバル社よりも勝ることができる市場を、道しるべを付けて提供するようにしています。グラフィックという環境を乱すものからかけ離れた、ビジュアルクォリティーに常に注目しているのです。

多くのクライアントにとって、ATTIKが世界的にその存在を強めつつあることは、魅力的な要因となるものだと思いますし、私達が沢山の市場でその存在感をアピールしていること、そしてクリエイティブな世界の中心で起こっていることに対応できることを、クライアントは理解してくれていると思います。

現在、クリエイターとして一番気になっていることは何ですか?

例えば普通の状態であるブランド階層をあえてぶち壊してみる、という様なアイデアや一般性を変えてみることです。今現在でも、強調され過ぎているロゴを目にする機会が沢山ありますし、ブランドが全体として一つの人格になる、ということを見逃していると思います。

良いブランドというものは、きちんと認識されます。もし会社のイメージが正しい方向で形成された場合、それは写真やそれが持つ美的メリットを通じて世間に認識されるのです。ロゴが大したものでなければ、それはそれまでのものなのです。

今後の活動予定について教えて下さい。

ATTIKは常に、様々なフォームで発展する可能性を秘め、また最終的にATTIK自体を活動するにあたり新鮮、革新的、かつ楽しい場となるような、新しい市場とカルチャーの拡大を見つめています。

デザインの面では、ATTIKの独創性の境界線は、そのぼんやり感が更に増してきていると思います。トラディショナル的なデザイナーがブロードキャストやウェブデザイン等に強い、というのに相反して、私達は商品デザインや建築といったセクターにも対応出来るようなアイデアを次々と生み出して行っています。私達は常に、コラボレートできる同じ考えを持った人たちを探しているのです。

また、コミュニティー全体に喜ばれるような、更に適切な解決策を見つけだすことに励んでいます。

最後に、シフトの読者へのメッセージをどうぞ。

想像力豊かになること。そうすればいつか、あなたが出したクリエイティブな解決策に人が賛同してくれるでしょう。ユーザーを引き付けるのです。

ATTIK
住所:3rd Floor, 1 Heddon Street, London, UK, W1B 4BD
TEL:+44 020 7439 9918
info.lo@attik.com
http://www.attik.co.uk

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE