FREEDOM FOREVER

HAPPENING


その日も普段と同じように朝の一連の動作をこなし、7:00AM には会社についていた。すでにオフィスに居た清掃夫のサニーから事件について知らされるまでは、ごくごく普通の朝だった。信じられない思いですぐにインターネットで探したが、なにしろその時点では1時間前に起ったばかりだったのでどこのニュースプレートもまだそれまでのニュースを伝えていた。

午前中はストックフォトエージェンシー(主にセレブリティ)、午後は映画雑誌で働いているのだが、こんな日にも仕事は仕事。NYCとのやり取りが多い手前、この惨事で現地と連絡がとれないのはもちろん、やはりその日はアメリカ中どんな街でも皆がショックを受けていたので電話で用件を切り出すのも本当に不謹慎な思いだった。「こんな日に芸能人の写真を探してる場合じゃないのに、」となんだか根拠のない涙も出てきたり。

考えても見てほしい。日常の生活の中から突然7000人近くが失われたのだ。誰かがどこかしらで犠牲者と繋がっているNYCの街の悲しみはとても言葉に言い表せないだろう。犠牲となった4機のうち3機はロス行きだっただけに、自分の周りでも家族を失った絶望の声をきく。何が安全でどこから危険か、何が大切で優先されるべきか、皆の価値観が確実に変わった日だった。

政府、メディア、市民、どのレベルでも大きな衝撃を受け、行動が即座にとられた。随時更新される状況報告をニュースキャスターたちは当惑した声で報道し続け、交差点には「FREEDOM FOREVER」や「GOD BLESS AMERICA」などの横断幕がかかり、日が暮れると、ろうそくを持った人々が集まった。多くの世帯がアメリカ国旗を家の入り口やベランダに掲げた。車にも国旗が掲げられた。人々はボランティアや輸血に走った。

世界中で内戦や、民族戦争、その他にも過激派テロリズムやそれに対する弾圧が毎日起っているわけだが、このテロリズム行為はアメリカにとって、自国の国土で起き、目の前に嫌が応にも突き付けられた大惨事であった。今は米国中がもっともパトリオティック(愛国主義)になっている時だ。アメリカ国旗がここまでの統一感と意味の強さを含んだのを見たのは初めてだった。

街中の敏腕シェフたちがこぞって集まり、犠牲になった300余りのニューヨーク消防士の遺族への基金集めにバーベキューを催した。

炎天下の中の数時間、この小さなMOOMBA駐車場になんと2500人以上の人出があり、収益金は600万円を超えたという。ロスの中でも洒落たレストランのシェフが名を列ねただけに、若いいわゆる「ヒップ」な面々が多く出向いた。ジェーソン・ベントリーやガース・トリニダッド(KCRW.ORGで知られた著名DJ達) もDJとして参加し、プレゼンテーションにも力が入れられていた。そして消防士というヒーロー像が今までになく大きなものになっていることは言うまでもないだろう。イベントはかけつけた数台の消防車のサイレンと人々の喝采で締めくくられた。

基金集めはこのように様々なユニークなイベントを通してまだまだ続く。悲しみや恐れや怒りや当惑はどうしても今すぐには消え去るものではないが、同時に、前へ進むという行為の大切さも皆が少しづつ理解しているところである。それは決してこの惨事を「忘れる」ということではない。このような殺戮行為に出る過激派の目論みに折れない、という精神である。

起るべきではないこの惨事で犠牲となった人々の御冥福をお祈りするとともに、世界中でこれ以上殺戮行為がくり返されないことを心から願います。

Text: Aya Muto from New Image Art Gallery

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE