ウォーター・プラネット

THINGSText: Taketo Oguchi

海外でもすでに2号まで発売され、注目を集めていた、水の入ったアートブック「ウォーター・プラネット」の3号が発売された。このアイディアも斬新だが、内容も水をテーマに編集され、今号では、アラカワシンイチロウ明和電機、リチャードハッテンなどの作品もフィーチャー、さらにファンタスティック・プラスティック・マシーンの田中知之によるサウンドセレクションCDシングル付きとなっている。編集を手掛けたヤマモトヒロユキ氏に発刊にいたったいきさつなどについてお話を伺った。

まず初めに、自己紹介をお願いします。

ウォーター・プラネット編集長、及びアートディレクターのヤマモトヒロユキです。

PICTO INC.と GRAM INC. について教えて下さい。

PICTO INC.は、グラフィックのデザインワークを、GRAM INC.は、ウォーター・プラネットを代表とする出版関係イロイロです。

ウォーター・プラネットを始めることになったきっかけについて教えて下さい。

以前から面白い人や作品を紹介する本を制作してみたかったのですが、ある日「本が水に入っていたら、、、」と突然思い付いたことが直接的なきっかけです。

次号の内容について教えて下さい。どのような内容ですか?どのような方が参加されていますか?

3号では、前号で紹介もしている人体構造を音響システム化することをコンセプトに生まれた「水のスピーカー」の完成を記念し、「2001年 水への旅<WATER ODYSSEY>」と題した特集を企画。「水と声」をテーマにしたワールドミュージックの紹介や水のスピーカーによるヴェネツィア・ビエンナーレ開催中のパーフォーマンス旅行記などのストーリーを展開しています。

さらに、ファンタスティック・プラスティック・マシーンの田中知之をスーパーバイザーに迎え、「WATER ODYSSEY」をテーマにサウンドセレクションされた3曲入り、約15分のシングルCDを特別付録として書籍にセット。ファッションデザイナーのアラカワシンイチロウやプロダクトデザイナーのリチャード・ハッテン、アーティストの明和電機など参加クリエイターも多彩で、国内は3000部での限定発売です。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ステファン・マークス
MoMA STORE