ダブラブ

PEOPLE

ハリウッドの外れのアパートの二階ですごいことが起こっている。静かなれど確信犯的ムーブメント。ダブラブチームは明確な目標を見据え、インターネットラジオの有るべく姿を身をもって体現すべく、根気よく時代に挑戦し続けている。フロスティことマーク・マクニール(以下フロスティ)は、創設者の一人にして、この実験室(= LAB)の主催であり、また総務でもあり、そして宣伝部長でもある。もちろんダブラブに携わる全員の例に漏れることなく、彼は何よりも音楽をこよなく愛するDJであることも忘れてはならない。


ダブラブの発足は1999年。ちょうどアメリカ経済のテック・バブルが崩壊する直前だ。
大学時代にラジオ局(KSCR @University of Southern California)運営の経験があったフロスティ。今は無き KSCR局での彼の週3時間のスロットが、当時のロスでの唯一のエレクトロ番組だったという。「KCRW(サンタモニカ・カレッジの主催する公共ラジオ局)がかろうじて夜中過ぎにながしてたりしたけど、おそらくドラムンベースを波に乗っけたのはロスでは俺たちが初めてなんじゃないかな」と自負する彼は、仲間達と在学中の4年間でエレクトロアワーを週36時間にまで増やしていった。 もともと周波レベルが弱く、USC 近隣のダウンタウン界隈でしか聞けなかったKSCR局は、 ついに規制にあって閉鎖を迎えてしまう。そこでフロスティらは地域的制限を全く厭わないウェブ上に居場所を探し始める。インターネットを通せば一気に世界中にオーディエンスが広がるわけだ。フランスやアイスランド、そして東京でもリアルタイムで聴くことができるのだ。

「最初は右も左もわからない状態で、とりあえず本や既存のサイトを片っ端から勉強してたね」というフロスティに未来のビジネスパートナー、ジョン・バックがアプローチ。「ジョンはインターネット・ラジオをやるための資本とビジネスサイドの準備を整えつつ、実際の運営を任せられるブレーンを探してたんだ。僕は僕で自分のやろうとしてること、それから人脈には確信があったので、二人で色々話し合いを重ねていくうちに『一緒にやろう』ということになったんだ。」

現在ではフロスティとジョンの他に、東海岸のメイン州から呼び寄せられた技術班のジェームス、そして発足当初から目に優しいビジュアルデザインを担当しているロブという4人が主軸となってダブラブを走らせている。一時はかなりの額のスポンサーがつく直前まで行ったりしたらしいが、慎重に将来の可能性を吟味しているうちに、気付けば今日までインディペンデントの姿勢を保っている。「ここまでの道のりはけして楽じゃなかった。スポンサーをつけて一時的に羽振りの良かった(そして既にもう無き)サイトの中には放送中に名指しで『ダブラブはすぐに消える』などと、攻撃的な発言があったりしたけど、そう言ったところに限ってもう跡形もない。別にそういう声を見返す目的で今までやってきたわけじゃないけど、実績でものを言ったのは果たしてどっちだか明白だよね。理解しあって一緒に育っていけるスポンサーは道中ずっと探しているけど、即金に飛びつくことは絶対にしない。それには自分たちの目指すところがあまりにも重要。節約して少しづつサイトの発展を図れば、きっと景気もついてくる。」

ダブラブのページに去年訪れたことのある方ならお気づきだろうが、実は少々のファンクション後退が昨年末に遂行された。まずは、一日16時間、一週間で 100 時間以上のライブウェブカム(ストリーミングビデオ映像)の中止。そのかわりに月二回更新される録音済みDJセットのローテーションが組まれる(たとえば同じ時間帯にしか聞けない人のために、セットを流す時間帯を毎日少しづつずらしてバリエーションを提供)。これで一つ一つのセットが締まったという。「毎日のスロットをローテーションでこなすより、一月ないし二月に一度、DJに来てもらってレコーディングする方が、やる側も断然張り切って一つ一つのレコードを大切にかける。その後のつなぎもゆっくり構成する時間もあるしね。」

そして一階にあった(ウェブカムでおなじみ)スタジオスペースは二回のオフィスとなりにお引っ越し。「僕らの目標が最初から明確だったのは良かったんだけど、あまりに急激に突進しすぎたんだよね。ちょっと燃料切れといったところ。今はどうも景気が味方じゃないようだし、ただ自分たちのやってることには本当に愛情を持ってるから、それならもう少しスピードを緩めても良いんじゃないかって思い始めたんだ。そしたら驚くことに、言うなればバージョンダウンした現状でも充分に人を動かすことができてるんだ。相変わらずメールでの反応は世界中から有るし、僕らがここでやってることを変わらず応援してくれる。昔からのオーディエンスの支持は特に好意的。今のペースでやっていく大きな自信になっている。これは二カ年計画だから。」とフロスティ。

近ごろのウェブサイトの中にはフラッシュ技術を駆使した「ビーム!テクノ!フューチャリスティック!」といったものが多い中、ダブラブのページはじつにオーガニック。パステルブルーが切り絵のように太い線で描かれたアイコンにちりばめられ、もちろんフラッシュ技術は使われているものの、ミニマルにとどめられている。

「ロブのデザインは機能的に洗練されているうえ目に優しい。色使いもそうだけど、スクリーンを長時間見てても鼻につかないようなプレゼンテーションを心がけているんだ。ロブにはロゴデザインから始まりビジュアル面を全て任せてる。今現在もサイトの機能をコントロールパレット化しようとジェームス(技術班)に機能をデザインしてもらってる。ロブの手にかかるようになるまであと少しだね。インターネットラジオだとどうしてもコンピューターに縛りつけられてしまう。かといって聴いてくれる人にずっとモニターにかじりついてろ、なんて要求をしてるわけじゃないんだ。アメリカはインターネットのモバイル化が遅れてる。でもあと一、二年もすれば普及すると思うんだ。現にすでにモバイル化が浸透してる国も世界にはあるからね。目指すところは『ポケットにダブラブを、』なんだ。ちょっとそこまで買物に行く時や、友達とビーチや公園で遊んでるとき、それからドライブしてるとき。そういう生活のいろんな面に僕らの音を提供できるようになれれば、もう言うことはないね。音楽はそもそも社交的なものであるはずだから。」

ダブラブはオーディエンスに優しい。常時スタジオ入りしてる10人のレジデンスDJの他におおよそ50人くらいのファミリーDJがいるわけだが、どれもこぞってのミュージコロジスト。それぞれ使う言語やスタイルはまちまちでも自分の発見を分かち合おう、という姿勢は全員に共通している。黙々とセットをこなして「はい、さよなら」では決してない。「誰だって最初から全てのレコードのことを知っているわけじゃないから、かなりの時間を費やして勉強する。で自分が発見した新しいことを聴いてくれてる人と分かち合いたい。皆それくらいの音楽オタクなんだ。根っからのね。」商業ステーションとは違って無駄なけたたましさや、コマーシャルがない。人間的な喋りが周波に乗って聞こえてくることがこんなに心地よかったことさえ忘れかけていた。そしてメモを取りたくなったことも数多いことをここに白状しよう。ただ現在進行中のコントロールパレット化プロジェクトが完成すれば、曲目が一目瞭然になるとのこと。各々の参加アーティストのページへのリンクも充実する。

ダブラブが媒体となり、様々な都市の良質音楽集団がロスでイベントを行っている。ニューヨークからはビジュアル・プレゼンテーションも楽しい ORGANIC GROOVES、最近では東ロンドンよりソウル+ジャズのム−ヴメント率いるSEIJI(プロデューサー/DJ)が「A NU SUMMER NIGHT」称したイベントが、ダブラブチームとのコラボレーションで催された。

そうそう、日本でも同志がいれば「分店」を出したいと言ってましたよ。

ダブラブ特選アーティスト達によるコンピレーションアルバム第一弾「FREEWAYS」が EMPEROR NORTON より6月末に発売された。
参加アーティスト:Languis、Daedelus、Mia Doi Todd、Dntel、John Tejada、Mannewuin Lung、Yesterday’s New Quintet、Divine Styler、Damon Aaron、Nowhereman、Ammoncontact、Skull Valley、Projections、Adam Rudolph。

DUBLAB
www.dublab.com
info@dublab.com

Text: Aya Muto from New Image Art Gallery

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE