フラッシュ・カンファレンス 2001 韓国

HAPPENING

世界中に存在するフラッシュやウェブデザインに関するカンファレンスは、私達がどのようにしてフラッシュを使い、何を作るかを考えるチャンスを与えてくれる。加えて、多くのフラッシュ構築者がこうしたカンファレンスに参加し、互いにコミュニケーションをとっている。そのおかげで私達は、ウェブ上の国際的なトレンドやその未来を想像することができるのだ。韓国でこのようなフラッシュカンファレンスが行われるのは初めての事だ。このイベント「フラッシュカンファレンス2001 韓国」は、7月29日から31日まで、首都ソウルにあるコーデックスとグランド・ボールルームで行われた。強い影響力を持つジョシュア・デイビスや中村勇吾などの多くをスピーカーに迎え、彼らのインスピレーションやクリエイティビティについて探ることになった。


まず初めに、予告編がスピーカーの作品と共に登場し、ユーン・デザインのチーフオフィサーであるジャエフーン・リーのスピーチでこのカンファレンスの幕が開けた。その後、スピーカーの自己紹介と彼らがどんなことを講演するかについてのコメント。フラッシュカンファレンスでは、1000名を超える参加者が見込まれたとされている。すべてのセッションは、初心者と上級者の2つのグループに分けられ、3日間「アクションスクリプティング」「モーショングラフィックス」「ゲームプロダクション」「イービジネス」「アニメーション」「インタラクティブメディア」などのトピックについてディスカッションが行われた。

世界的に最も有名なフラッシュデベロッパーである、ジョシュア・デイビス中村勇吾は、カンファレンス全体においてスポットライトを浴びていたと言える。彼らは、インスピレーションとインタラクションについて語った。

ジョシュア・デイビスは、「インスピレーションとアプリケーション」というタイトルのプレセンテーションで、 インスピレーションを見出す方法を提示した。中村勇吾は、「ビジュアルコミュニケーション」について講演。彼は、「スタティック、キネティック、リアクティブ、コネクティブ」という言葉をとりあげ、これらの意味を定義し、彼がこれらをどのように作品に取り入れているかを紹介した。彼は、YUGOP.COMにある有名な作品を簡単に案内し、いくつかの未発表作も公開した。

アーチ&シパックは、MTVのイメージがいっぱいの、そして今までと全く違うものやショッキングな刺激を求める新しい世代に向けたハードコアラップを盛り込んだ、モダンサイバーファンク、イージーライダーである。第10回夕張国際ファンタスティックアドベンチャーフィルムフェスティバル2001、第5回プチョン国際ファンタスティックフィルムフェスティバル2001にも招待されたサイトだ。アニメーションディレクターであるジャエ・ヒー・キムとヤン・フーン・チョーが今回フラッシュアニメーションのプロセスについてプレゼンテーションを行った。

インタラクティブTVというメディアは、韓国では一般的ではない。が、ニューヨーク、NBCインタラクティブデザイナーには、タイ・キムという韓国人デザイナーがいる。彼は、インタラクティブメディア、得にインタラクティブTVについて、「技術とデザイン」、「可能性と限界」「アメリカにおけるマーケット」などのトピックで講演した。

ガムヌリ教授は、韓国のハングルを利用した実験「ガムヌリ・フォント」を取り上げた。セオル・ユーナは、彼女のサイトと最近の作品であるYUGIGIRL.COMを通してのモーショングラフィックを実演してみせた。ダン・ステチョウ(ブレインクラフト元CEO)は、Eビジネスにおけるフラッシュの利用方法に焦点を当てた。ビジネスを行い、もっとクリエイティブで、実験的な環境を構築するために資金を稼がなければならないと力説した。

コンペティション:最終選考に残った作品の多くは、韓国人作家によるものだ。審査員は、今回講演を行ったスピーカーと専門家によって構成され、既にモーショングラフィックス、アニメーション、ゲーム、エクスペリメントといったそれぞれの部門で5作品が選考された。それぞれの最優秀作品は、オンライン投票で決定される。アニメーション部門の優秀作品「破:ノーボーダー・ビトウィーン・グッド・アンド・イーヴィル」が、ピープルズチョイス賞も受けている。

カクテルパーティー:カンファレンスの最後を飾ったカクテルパーティーは、美味しい食べ物、飲み物、落ち着いた音楽で執り行われた。参加者とスピーカーがおしゃべりをして、正式なカンファレンスセッションでは交換することが難しかった意見を分かち合うチャンスとなった。特にジョシュアとダンは、自分のデジタルカメラを持ち込んで、パーティーを本当に楽しんでいるようだった。パーティーのすべての出席者が、素晴しい時間を過ごし、写真を撮っていた。

韓国においてのインターネット環境が著しく発展しているにも関わらず、互いにコミュニケーションをとることのできる機会は、そう多くはない。このイベントは、フラッシュの専門家によるレクチャーを通して、今起こっている事について情報交換を行い、国際的なトレンドの変化を知る場を与えてくれた。加えて、フラッシュコンペティションは、才能溢れるエキスパートを見つけだし、彼らの専門を、ウェブサイトデザインで伸ばして行くための良いきっかけとなった。

Flash Conference 2001 Korea
会期:2001年7月29日~31日
会場:COEX Auditorium and Grand Ballroom, Seoul, Korea
http://www.fc2001.com

Text and Photos: Izzy Lee
Translation: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE