ディア・ダイアリー展

HAPPENING


ここブダペストでは5月25日まで「KALENDARIUM」(ハンガリー語で日記を意味する)というインタラクティブ・コンピューター・ショウがC3メディア・センターにて開催されている。
クリーン・カーソルを動かすのに赤色のボールを操作し、スクリーン上の洒落た赤いボタンに触れてクリックするもので2人のハンガリー人、ミクロス・スザレイと、昨年行われた「スモール・トーク」でのデザイナーの一人でもあったロバート・ラングによる作品だ。

彼等は「KALENDARIUM」を進行中の作品としている‐ちょうど日記がそうであるように‐しかし、スクリーンが示唆するものは多面性と豊潤さを合わせ持つマルチメディアのきらびやかさであり、それは一体どのようにうまく成功させることができるかわからないものである。
作品の目的は共同作業的アプローチを築き上げることである。イギリス人なら複数の寄稿者が時間というものを、その経過、カレンダー、あるいは日記という隠喩を用いて描写する「スクラップブック」という言葉を用いるかもしれない。さらにスクリーン上のカーソルを動かすと、小さな窓が様々なテーマとともに閉じたり開いたりするようになる。同時に3Dのペーパー・ダイアリーが、スクリーンの一部で宙に浮いているかのように回転する。この回転するダイアリー上をカーソルで触れると個々人の時間の方向性を変化させることができ、これは実際かなりスリリングである。訪問するならこれを是非体験してみるべきである。

一方でこの小さな回転するダイアリーは興味深い矛盾を示唆している。時間を凍結させて多数の生活者の時間の流れを同時に眺めるということは、きわめて理想的にマルチメディア的である。しかし、同時に日記やカレンダーというものは、生活を本という形態に押しとどめる秩序であり、それは今日なお、人々に強い影響を及ぼす伝統的なメディアである。乾燥し、折り畳まれた、あのなじみ深い本という形態は「物語」という我々が我々の生活に望むものを与えてくれるわけであり、魅力的である。それはまさに起承転結という物語の王道である。

まさにこの増殖するマルチメディアは物語における「退屈さ」に打ち勝ったかのようにみえる。最近の映画(ドイツのラン・ローラ・ランのように複数のエンディングを有する)はこのような状況を変化させるかもしれないのだが、この多岐に渡る日記プロジェクトにはさらなる補足が必要である。一般的に我々自身の日記が明かすもの、それは焦燥感が漂うほど、なんの変哲もなく、変化に乏しいものである。

日記というものが我々自身の生活について語る物語ならば、一体だれがその対象となる読者であるのか?
我々が亡きあとの末代の家族や、物好きなゴシップ狂のためではないことは確かだ。「KALENDARIUM」は時間に関する魅力的なスクラップ・ブックを産みだすのかもしれない。しかし、私がこの作品に期待するのは、第一により包括的では「なく」、第二に伝統的な私的刊行物より私的では「なく」することである。結果的にそれは、多くの人が書き込むけれど、ほとんど誰も読むことのないビジターズ・ブックのような書類になるのかもしれない。人々が私的に価値を置く情報というのは、秘密性を有するものであり、我々の多くは他人が読んでもらいたくないと思うものを読むほうが、そう思わないものを読むよりもわくわくするものである。

一体、インターネット上でプライバシーとなりえるものなどあるのであろうか?

全く異なったイベントが4月19日にハンガリーにある英国大使館で開催されたのだが、はからずも同様の問題が提起された。英国商工会議所が電子メールの暗号解読やデジタル認証についてのパネル・ディスカッションを弁護士や会計士に対して行った。ビジネスにとってオンライン・プライバシーとはすなわち「金」を意味する。物語の境界線をあいまいにするというよりも、彼等は銀行口座の境界線をクリアにしたいようである。

1991年 にジマーマンがアメリカの諜報機関を裏切り、彼の暗号解読ソフトである「PGP」をインターネットにアップロードして以来ちょうど 10年、 今やデジタル認証や電子認証書類はビッグ・ビジネスとなっている。何か新しいことがおきるたびヨーロッパでは法的にどうコントロールするかということで忙しい。
ほとんどヨーロッパの国と同様にハンガリーではハンガリー・コミュニケーション・オーソリティーの管轄下に企業を配置するするというものである。

そこで私は彼等に質問してみた。何故、ハンガリー・コミュニケーション・オーソリティーが、自分たちが管理する電子認証発行者によって使用される商業用暗号解読ソフトを得るために自分たちの権力を濫用しないと利用者は信じられるのか?
パネラー達は狼狽するとともに恥辱を感じたらしい。この新しいシステムを信用しろというのは無理があるではないか。これでショックを受けたアメリカの担当官が、第一次大戦中の 1917年にドイツとメキシコのジマーマン(偶然だが前述と別人)の電報の内容をイギリスの諜報機関がアメリカ政府に開示した際のことについて語ったが、結局のところ『紳士たるもの他人の手紙を開かない』と言った具合である。
多分、のちにアメリカ政府が、PGPを公開したジマーマンを訴追した以前のおおらかな時代だっただけなのだろうに。

誰にも日記を読まれたくなければ、何も書かないにつきるということだろう。

Text: Mark Griffith From Live Budapest
Translation: Satoru Tanno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE