リンゼン

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、オーストラリア、クイーンズランドを拠点に活動する「RINZEN」。
様々なデザイナーとコラボレーションした展覧会を開催し、それをパッケージした「RMX」プロジェクトを発表した彼ら、クライアント/パーソナルプロジェクトの枠を超えて独自のスタイルを実現させつつ、プリント、ウェブデザイン、イラストレーション、フォント、キャラクター、アニメーション、音楽の各分野で、6人のメンバーそれぞれがクリエイティブな能力を発揮している。


はじめに自己紹介をお願いします。

RINZEN」は、スティーブ、カール、クレイグ、エイドリアン、リラの5人で構成されているグループです。

RINZEN」について教えてください。どのような活動をしているのですか?

RMX//ビジュアルリミックスプロジェクト」のひとつの結果として、昨年結成しました。最近では、マット・オーエンスのCODEX3や、ベルリンのE-ZINE「デザイナーショックの第2号にも参加しています。現在は、ファッション/カルチャー/アート雑誌、SLIKAの第1号を制作中で、他にも、FAMILYというクラブのアイデンティティからビデオプロジェクションまで、ビジュアルコンセプトの制作に取り組んでいます。

RMX//ビジュアルリミックスプロジェクト」について詳しく教えてください。

まず、メンバーそれぞれが8つあるテーマの中から1つを選び、最初の作品を制作。そのファイルがそれぞれデザイナーに渡され、「変更、追加、削除」などの各ステップを経て「リミックス」されました。自分がリミックスする順番が来るまで誰もその前の段階は目にすることができません。8週間に及ぶリミックス過程が終わると、その結果として生まれた64作品が発表され、その結果、徐々に進化していくものもあれば、バラバラに刻まれ違うものへと変化したものもあり、カラフルで反復性のあるデザイン要素に富んだベクトルとピクセルの融合を目にすることができました。

エキシビジョンのオープニングでは、ミシン目入りの巨大ポスターなどを含む「RMXパック」を発表しました。パッケージには、デジタル操作によって録音されたボイスサンプルで構成されるミュージックCDもセットになっています。

「RMX//ビジュアルリミックスプロジェクト」を始めたきっかけは何ですか?

シュールレアリストの芸術家達が行なったゲームで、数多くのミュージシャンやアーティストにインスピレーションを与えた「EXQUISITE CORPSE(美しい死骸)」と同じようなことをやろうと考えたのがきっかけです。プロジェクトは自発的で楽しく、制約なしに何かをする良いきっかけとなっています。

プロジェクトを通して伝えたいことは何ですか?

実際、何かを伝えようなどは思っていません。僕たちにとってこのプロジェクトは、他のクライアントワークでは得られない、純粋なクリエイティブなアウトレットなのです。始めた当初は、自分達の作品がお互いにミックスされ、その結果、共同作業を続けて行く励みになりました。最終的には、デザイナーがきちんとした骨組み内で制約なしで作業をする時に何が起こるのかを証明するものとなっています。

グラフィックデザインで最も重要なことは何だと思いますか?

グラフィックデザインは、進化の過程での誤りです。僕達は、今後もそれと共に生きていかなければならないのです。

オーストラリアのデザインシーンで興味深い動きはありますか?

いまだに世界のトレンドから強烈な影響を受けている一方で、オーストラリア人の姿勢や、カルチャーとして僕達が実現しようとしているものからインスピレーションを引き出し始めた人達も増えてきたようです。

今後コラボレーションしてみたいデザイナーやアーティストがいれば教えてください。

ここ数年海外で仕事をしている中で、数々の素晴しいデザイナー、アーティスト、ミュージシャン、プログラマーに出会ってきました。リミックスの過程は、そういった人達と遠く離れた場所からコラボレーションすることのできる素晴しい方法です。

現在「RMX//EXTENDED PLAY」が進行中とのことですが、どのような内容ですか?

「RMX//EXTENDED PLAY」には独自のコンセプトがあり、今まで出会った数多くのデザイナーを1つにするプロジェクトです。第1弾となる今回の参加者は、スウェーデン・グラフィックスボリュームワンフューチャー・ファーマーズデザイナーズ・リパブリックEBOYACNE FAMILYエバン・ヘコックスシャイノーラTHE OFP、タイクーン・グラフィックス、NORMフランソワ・シャレーHAUS GRAFIKレス・レインデザイナー・ショックスタンダード・ラッドフリフリFILESHARINGトモコ・タケウエ、エリック・トーステンソン、ディアン・チェク、ベン・フロスト、リース・リー、ジョルジーナ・カラム、マット・ヒンクレーと僕らRINZENです。誰が最初で誰が次かは、誰にも分かりません。もちろん、全リミックス過程が完了するまでは、結果はベールに包まれたままです。

「RMX//EXTENDED PLAY」コンピレーションとエキシビジョンも、今年の後半には実現できる予定です。ビジュアルリミキサー達のボイスサンプルで構成されるミュージックCDも発表予定です。

「RMXプロジェクト」は、今後どのような形で発展していくのでしょうか?

「RMX//EXTENDED PLAY」の第一段階の結果が発表されると同時に、RMXウェブサイトでは、誰でも自由にファイルをダウンロード、リミックスし、進行中のオンラインリミックスに参加することができるようになる予定です。
それ以外では、今の所どうなるか誰にも分かりません。コラボレーションに興味のある人がいる限り、RMXをこの種のプロジェクトの形として続けていくつもりです。

Rinzen
住所:PO Box 944, Fortitude Valley, Queensland 4006 Australia
TEL: +61 7 3852 5351
http://www.rinzen.com
http://www.rmxxx.com

Text and Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE