ベイエリア・アワード・ショウ

HAPPENING

今年で7年目を向かえる NEW LANGTON ARTS 主催のアートショー「THE BAY AREA AWARD SHOW 2000」が、この夏も開催される。


サンフランシスコ・ベイエリアを中心にした、地元のクリエイター達をサポートするこのエキシビションは、ビジュアルアート、ビデオ、文学、ミュージック、パフォーマンス等、幅広いジャンルをカバーすることで有名だ。
中でも今回紹介する「NETWORK」は、インターネット上における実験的なアート作品にフォーカスをおいたプログラム。今年のNETWORKでは、マサコ・オダカによるプロジェクト「PINION」とスティーブ・ハイズの「THE DETRITUS SOUND CONSENSUS BAKERY」が公開されている。

マサコ・オダカの作品「PINION」が生みだす体験は、サンプリングによる電子系音楽を制作する作業、あるいは、 DJミキサーで無数のトラックを混ぜあわせる過程に、非常に近い感覚を生みだしている。
実のところ、PINION のサイト自体は、サウンドを一切使用していないのだが、既成されたサウンド・マテルアルをベースにカット&ペーストし、新しい形態、概念をつくりあげるエレクトロニック・ミュージックの構成に似たプロセスを、PINION はビジュアルだけで実現している。
ユーザーの参加をベースにしているこの作品、PINION のインターフェイスを使って、世界中に実在するウェブサイトを素材にし、ユーザーは各々の意図に沿った新しいデザインを作りあげることができる。元のオリジナルデザインは、そのHTMLを操作されることによって、本来意図された実用性を失い、新たなベクトルをもったリミックスとして生まれかわるのである。それらの「壊された」デザインは、PINION のサーバによって、世界中に点在する無料ウェブサイトに自動的に転送され、半永久的に記録が残される。分裂/再構成を繰り返すことによって、まるでミューテーションしたウイルスのように増殖する過程を、ユーザーは、PINION を通して観察できるのである。

PINION という単語は、「飼い鳥を飛べないように翼の先を切る」という意味をもっている。壊れた鳥達は、静かに、しかし着実にネットの片隅で今でもその足跡を残し続けている。

一方、スティーブ・ハイズの「THE DETRITUS SOUND CONSENSUS BAKERY」は、ユーザー参加によるサウンド・コラボレーションを24時間ネット放送する作品。
「ベーカリー」をメタファーにするこのサイト、VOTE と呼ばれるページにある、音に関しての様々な質問に答える事により、ユーザー各々の好みがデータベースにインプットされる。サーバーは、それらのデータをアルゴリズムに従って計算し、多数のリスナーの意向に反映した、サウンドのコラージュをネットキャスティングする、といった具合である。これらのコラージュのベースは、ハイズがあらかじめセットした、様々な音のサンプリングファイルなのだが、ある意味で、無機質でドライな感触のするこれらのデジタルサンプルが、不特定多数の意思として、命を与えられ、一人歩きを始めるのは、ネットの中でのみ生き延びる、新たな精神集合体の兆候なのだろうか。

Text: Kanya Niijima from MMSW Labs

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
葛西由香
MoMA STORE