フリフリカンパニー

PEOPLE

昨年の1月に活動を開始したばかりのフリフリカンパニー。わずか1年の間にさまざまなメディアに取り上げられ、今最も注目されているデザインカンパニーだ。キュートなキャラクターとクールなグラフィックが混在する彼らの作品は、日本国内はもとより海外のエキシビジョンでも高く評価されている。代表で自らもデザインを手掛ける程亮弼氏に、フリフリカンパニーの活動や、11月に原宿で開催される展覧会などについていろいろとお話を伺いました。


まずはじめに自己紹介と、フリフリカンパニーの活動について教えてください。

どうも、(有)フリフリカンパニー代表の程亮弼です。先ずは自己紹介、僕は中国人の父親と日本人の母親の愛の結晶としてそして華僑三世としてこの世に生を受けました。生まれは大阪ですけど。(この華僑三世ってのは僕にとってもの凄く重要。)

神戸の中華学校で多感な青春時代を過ごし、普通の県立高校に通い、自分の民族性に悩み始めたりもしました。その後、多摩美術大学絵画科油画専攻入学し、作品制作を通して自分のアイデンティティを探る事を始め、在学時分より現代美術作家として主に東京で活動してました。
卒業後更に自分のアイデンティティーを探るべくアジアを半年間放浪(日本→中国→チベット→ネパール→タイ→日本)し、チベットに三ヶ月ほど滞在し、通訳(僕は中国語OKなんで)しながら、多くのことを学び貴重な経験をしました。(この時の経験が現在の僕を形成したと言っても過言ではないです)
帰国後、植木職人(いわゆる肉体労働です)をしつつ現代美術作家活動を再開しました。
そんなこんなで制作の日々が過ぎ、あの阪神大地震がおこりました。実家全壊、親族は幸いにも皆無事だったのですが、長男としての責任感から就職を考えゲーム会社に就職、作家活動休止宣言。2年間会社に在籍後フリーへ転向し、1998年、佐戸川美穂(妻)と共にフリフリカンパニー結成。現在に至るって感じです。
なんか履歴書みたいになりましたが、おおまか(?)に言ってこんな感じです。

フリフリカンパニーの活動ですけど、もうホントにいろんな事やってます。面白いって思える事ならなんでもチャレンジしちゃいます。
現在はゲーム制作、イラストレーション、エディトリアルデザイン、ウェブデザイン、映像制作、VJ、MD関連などなど。

有限会社フリフリカンパニーは1998年設立のデザイン集団です。
代表取締役の程亮弼を中心に佐戸川美穂(イラストレーター)、伊藤逸雄(イラストレーター)、山田タロウ(エディトリアルデザイナー)、イワサキオサム(ウェブデザイナー、映像制作、VJ)といった異なるキャリアを積み、それぞれの役割を持った5人のメンバーで構成されたデザイン集団です。
1998年創立以来、明るく楽しい、そして厳しい雰囲気の中で活動しています。
現在「CWCI」と北米における営業権の契約を交わしています。

現在5人のスタッフがいるそうですがそれぞれどんなことをやっているのですか?

程亮弼:「経営はもちろん営業も5人の中ではメインでやってます。制作は主にコンセプトデザインと3D制作、ゲーム制作を担当しています。フリフリタンカでもコンセプト&トータルデザインを担当しました。」

佐戸川美穂:「アニメ・マンガスタイルでのイラストレーションを描いています。フリフリタンカではキャラクターを描きました。」

伊藤逸雄:「 カワイィ〜&カッコイィィ〜イラスト描いたり、ゲームキャラクター制作したり、多分世界一遅い連載Web漫画『逆境!6B番長』なんかも描いています。」

山田タロウ:「エディトリアル担当です。印刷物や本の制作、またグッズ制作なども行っています。」

イワサキオサム:「映像編集とウェブデザイン、そしてショップ担当です。素書きHTMLやFLASH制作が得意です。また、パーティでVJもやっています。」

5人それぞれ受け持ちのジャンルがあるので、作品制作時は仕事ごとに僕、程亮弼が誰と誰をコラボレートさせるかを決定し、コンセプトを伝えて担当者が協力して責任を持って制作しています。

なぜデザインユニットではなく有限会社という形態にしたのですか?

フリーのクリエイターがただ集まった、いわゆる「デザインユニット」ではなく、立ち上げから有限会社としたのも社会の中で信用されるモノづくりをしていくための宣言として有限会社としました。

フリフリという名前が印象的ですが、その由来を教えてください。

一言で言って“適当”です。歩いててふと思い付いた名前なんです。それまでいろいろとカッコイイ名前も候補としてあがったんですけど、どれも記憶に残らなかったのでNGにしました。
フリフリだけは最後まで頭から離れなかったんですよ、もう、コレだって思い命名しました。フリフリという名前は一度聞いたら忘れられないし、かっこよくないってことも重要なんです。
フリフリって聞いて固定したイメージが浮かばないし、自分達がいろいろと変化しやすいような名前ってのもお気に入りです。

これまでに「FOTUS」など様々なクライアントワークを制作していますが、結成して1年でこれほどまでの成功を収めている秘訣は何だと思いますか?

ん〜、フリフリは成功していると言って良いのでしょうか?(笑)
会社経営は先ず三年と言われてるので、この一年の活動だけでは成功だとは思っていません。経営者としてはあんまり楽観視してません。クリエイターとしてもまだまだ頑張らないといけないなって思ってます。

秘訣は何かって聞かれると困るんですけど、強いて言えば「ノリ」だと思います。。

作品を制作する上で心掛けていることは何ですか?

とにかく見る人にいかにサービスするかって事です。デザインってサービス業だと思ってるので、常に見る人が楽しんでくれるように心がけてます。

Tシャツなどのオリジナル商品も展開していますが、コンセプトなどがありましたら聞かせてください。

コンセプトってほどたいしたことは考えてないです。自分達が生んだキャラクターやデザインしたモノを身に付けたいってのが最初のキッカケです。自分達が喜べて、他の多くの方も喜んでくれたらなぁって程度で作ってます。

オリジナル商品をビッグビジネスとして繋げていきたいのですが、物事には順序ってモノがあるので。追々って感じです。

日本以外でもドイツやイギリスなどで作品を出展していますが、日本と海外の反応の違いはありますか?

反応がすごくストレートですね。スキなものをハッキリと言ってくるし、その逆もハッキリしてますねぇ。自分の意見をはっきり言うところなんか非常に気持ちイイです。
たまにこちらのコンセプトとは全然違う事言って楽しんでくれるって方もいて面白かったです。

11月に原宿で展覧会を行うそうですが、どのような内容になりそうですか?

これまで海外の展示への協力が多かったフリフリカンパニーですが、今回計7点のイラストレーションによる国内初の展覧会を行います。展覧会のタイトルは『FuriFuri Thangka』(フリフリタンカ)。
Thangkaとはチベットでは仏画を意味する言葉で、『FuriFuri Thangka』に展示される作品の根底にはフリフリのメンバーがこれまでにリスペクトしてきた多くの物事や、フリフリにとってのブッディズムとは何かを模索し、両者をミックスしたというコンセプトがあります。
これらの作品に登場する仏の姿は、アニメやマンガの中の女性のような姿をしています。これは、<日本人は仏教文化圏にいる>という事と同様に、アニメやマンガといった文化もまた、メンバーたちが属するジェネレーションにとって、ひとつのリアリティ(=己の中に密接に関わってくるもの、または自分にとって現実味のあるもの。)だと感じているからなのです。そしてアニメ、マンガ文化と、チベット、中国、日本の仏像や曼陀羅の中の神や仏が醸す凛々しい妖艶さをフリフリ独自のリミックスによって見せる新スタイル『Spiritual Manga Style』でのイラストレーションを今回の展覧会で発表します。

フリフリカンパニー展覧会『FuriFuri Thangka』
会場:HARAJUKU GALLERY 東京都渋谷区神宮前 3-6-8 サンライトビルB1F
会期:1999年11月2日(火)〜11月14日(日)AM11:00〜PM7:00(最終日のみPM5:00まで)
<Reception Party>
会期中に、渋谷Xpにてクラブ形式のレセプションパーティーをおこないます。
会場:Xp 東京都渋谷区渋谷 1-11-12 諸戸ビルB1F
日時:1999年11月7日(日)PM7:00〜9:00
会費:2500円(Food/2Drink)
D J:KEN=GO→(フロッグマン)
V J:オサムコム(フリフリカンパニー)

今注目しているデザイナー/アーティスト/サイトを教えてください。

程亮弼:「注目してるって人は特にいないのですが、会って話してみたいなぁって方にアニメ監督の大地丙太郎さんがいます。現在考え中の企画事でものすごく勉強になるところが多いので、ぜひ一度会ってみたいですねえ。ぜんぜんSHIFTっぽくないかもしれませんが、そういった場を設けてくれませんか?(笑)」

佐戸川美穂:「自分が描いているものがマンガテイストだからマンガ家さんに注目している人が多いです。特に海外のコミックアーティスト。ジョー・チオードやジョー・マデュレイラ、スコット・キャンベルとか。オネーチャン描くのが非常に巧い。アメコミ独特のテイストと量感の豊かさに惹かれます。」

伊藤逸雄:「気になるイラストレーターは、ズバリ『自分』です。単に心配症(注:前向き)なだけですけどね。」

山田タロウ:「最近のミニマルな傾向は気になりますね。ただ次が見たいためにやってるって感じも自分の中にありますよ。」

イワサキオサム:「予備校&大学含めて6年間大学に費やしたリスクがあるので、最初から外で頑張ってる人たちに遅れをとってしまってます。だからやっぱり、ぼくと同じ世代の動向が気になりますね。」

今後の予定や、やっていきたいことなどを教えてください。

程亮弼:「やっぱりゲームを企画から立ち上げていきたいです。ものすごくタイヘンだけど、絶対やってみたいですねぇ。あと、CWCIと北米でのお仕事いろいろとさせていただいてるので、今後ももっともっと沢山海外のお仕事をしていきたいですね。もちろん展示も。」

佐戸川美穂:「海外への進出をもっと積極的に進めてみたい。雑誌や広告などの仕事もそうだけどフリフリカンパニーとしての展示を是非やりたいと思っています。」

伊藤逸雄:「シャチョサン(程亮弼)と同くハートにグッとくるゲームつくりたいですね。もちろん、キュートでカックイー、ゲームキャラもデザインしたいです。」

山田タロウ:「ジャケ買いするような装丁にアソビのある本は作ってみたいですね。ノウハウがいるし、たいへんだけどやる価値はあるんですよ。」

イワサキオサム:「フリフリとわかるようなのCMやPVづくりをしてみたいです。」

Furi Furi Company
Addres:306 Nakayama Residence, 2-30-8 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
Tel: 81-3-5414-5443
www.furifuri.com

Interview, Text: Taketo Oguchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE