NIKE 公式オンラインストア

スリーズ・ネーション

PEOPLEText: Nicolas Roope

何世紀も続いた宗教戦争について歴史の本を学校で読んだけど、こんな痛手を負ってまでいったい誰が何を得たかったのか、僕には全然理解できなかった。最後の大きな戦争が終わってからもずっと、僕らはアレルギーとニキビにばっかり悩まされてきたし、気違いじみた殺りくや、戦場の恐ろしい塹壕で冷えきってしまう事を考えてきたわけじゃない。

退屈だった時間は、先月の「スリーズ・ネーション」を手にとったところでいったん終了した。僕はバスにのってそれを読んでいたんだけれど、だんだんこれはスゴイんじゃないか?これは認めるべきだという考えが渦巻きはじめた…。デザインもいいし、インテリジェントだし、それにこいつはタバコを懐かしがる変人について語っているみたいだぜ、って。僕が読んでいたものはデザインがいいというだけじゃなく、独創的で笑える文章、ヒップで筋の通った、バカらしくない雑誌だったんだ。

何かを面白いと思った時、それが生まれたルーツを知りたくなるし、どうにかしてそのものの本質を知りたくなるものだ。僕は編集部に電話し、彼等に会いに行くことにした。

148240-1

ロンドンのスタイル系の雑誌社は、物事がかつてはリアルだったクラーケンウェルやオールド・ストリートにある。「スリーズ・ネーション」の編集部はキングクロスの暗い工業地の中心、「プライム・サスペクト1」の殺人シーンに使われた居心地の悪い場所にあった。
僕は雑誌「スリーズ・ネーション」とアートディレクションをしている「ゲリラ6」へ行った。そこには「スリーズ・ネーション」のスティーブ・ビールと、「ゲリラ6」のトリスタン・デラウエイとジャスティン・クレイトンがいた。
僕は彼等のプロジェクトについてと、何がこんなにカッコ良くさせているのかを解読するべく、幾つかの質問をした。

まず、「スリーズ・ネーション」をどう考えているのか聞きたいんだけれど?

スティーブ:もともとファンジン(フリーペーパー)だったんだ。ファンジンの影響はそのまま継いでいるよ。

トリスタン:スタイル誌みたいな音楽誌といったもの。ハードのプロダクトとしてはとてもシリアスなものだけれど、シリアスとかクレバーというよりは、正直である、しゃれているという感じだね。
(これを理解するためには、悪魔的にデザインされた多くの音楽雑誌について知る必要がある。表紙にはプリティーな女の子が登場していて、中はどのページも汗ばんだプリティーな女の子たち。彼女たちの写真はCDのジャケ写やDJの写真なんかと合成されている。彼らはクラビングの諸悪の根源であるクラブUKと組んで女のコたちの汗をひかせ、しこたま儲けている。)

スティーブ:多くのスタイル雑誌は、『これが最新の〜、新しいあれが〜』とわめき散らしているだけだろうし、まともな人間はさほど面白さを感じていない。僕はこのテのことには限界があると思うんだ。「スリーズ・ネーション」がユニークなのは、読者がメディアであるという事を認めているからなんだ。一般的な内容に多くのユースカルチャー/ミュージックパブリッシングを落とし込んで行っている。読み手はそんなバカではいられないし、既に今ある雑誌なんてみんなくだらないと思っているからね。

オフ・ビートの刺激、ポスト・ドラッグカルチャーともいうべきもの…。僕らはもうドラッグなんて知ってしまっている世代だし。もっともっとオープンになって、曖昧なものを探究していくべきなんだ。

トリスタン:もう本当にドラッグは語るようなものじゃないよね。他のメディアはまだドラッグをトピックとして扱っているけど。

スティーブ:こういう誇張ばかりしているメディアは、もう誰の事も馬鹿にできないはずだ。みんなはもう自分自身で物事を決めているし、自分自身で励ましているんだ。だから僕らは違う事をやっているし、闘争とか集団とか、曖昧なテーマをランダムに扱っている。こういう事が好きな人は、読めば元気が出たり楽しめたりすると思うよ。たとえ何かを死ぬほど欲しくたって。

ジャスティン:「スリーズ・ネーション」は一つの考えに人々を押しやるような事をしないから、とてもリフレッシュ出来るんだと思う。こうであるべき、とか言わないところが。これについてどう思おうと、何を見ようと、単純に楽しめる。なぜなら読んだ後で何かを買わされているような事にはならないから;読んで、なんだか自分はいいように売られているような気分にはならないよ。

「スリーズ・ネーション」は他のスタイル誌や音楽誌の中でも傑出した存在だと思う。クラブの空虚な世界を、スタイル誌や音楽誌のようではなく、まるで「ガーディアン」誌のように読めるテキストで表わす事に成功していると思うのだけれど。これは一体どうして?

スティーブ:クラブカルチャーは、もう特別ハイブロウな事じゃない。バランスをとりはじめているんだ。人々は本当にクラブについて読みたいと思っているわけではないし、オフビートの刺激を求めているんだ。

トリスタン:音楽誌がどんどん悪くなっていっているのは、基本的にクラブってのがそんなには面白くないところだから。確かにクラブには書けるネタがたくさんあるけどね。クラブ産業に携わる人がみんな、神に向かっていってるなんてウソだよ。雑誌はリストアップしているだけ、クラブカルチャーのルーツを考えてはいるけれど、その終焉を考えていない。

(誰かが「ミニストリー・マガジン」の事を持ち出した)

ジャスティン:これみたいなので別の雑誌を出版したとする。誰が気にする?誰も気にしやしない。クラブに行き、服を買い、これを買い、あれを買い…。くだらないよ。こういう雑誌はもう誰も欲しくない。

そのほとんどを広告が占めているスタイル誌や音楽誌に慣れすぎてしまった事から、大きな変化を遂げようとしている彼等と話せた事は、僕にとって衝撃だった。パブでジャスティンは、彼等がどれだけ表紙にスターの顔写真を使わない事にこだわったかを話してくれた。スターが表紙にあることで目をひき、売れるという幻想からの逸脱。
いい雑誌だ。本当にカッコいい雑誌だ。すでに僕は死ぬほど好きだ。
もしこれを喉から手が出るほど読んでみたいと思うなら、ポール・スミスが日本を通過したブランド「R.ニューボールド」のショップにいけばあるかもしれないよ。

Text: Nicolas Roope
Translation: Atsuko Kobayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE