ロモ・ワールド・コングレス 2007

HAPPENINGText: Waiming

ウィーン現代美術館のディレクター、ジェラルド・マットと世界の強者ロモグラファー達がトラファルガー広場にて集結し、2007年のロモ・ワールド・コングレスは幕を開けた。

現在も尚増え続けるロモファンを前に、トゥルー・ロモ・スピリットの精神の元、ジェラルドによるロモグラフィーの95もの決意表明を述べられた。

7th Lomographic World Congressy

最大の目玉である巨大なロモウォールはまるで大蛇の様な出で立ちで、その大きな身体を奔放に曲がりくねらせ、ロンドンの有名なランドマークの中を複雑に入り組ませている。

このコングレスはロンドン・デザイン・フェスティバルの主催者側からのフレンドリーインビテーションとして始まり、1,365バネルを超えるそれぞれの個性的で、激しく自己主張する作品からは進化し続けるロモの大きな可能性を見出すことができる。

この様な歴史ある場所で、世界中の人々によって、時間や生き方を切取られた数多くの作品が満たされた空間を見た瞬間、しばらく感動で息を呑んだ。

『世界は、ロモで繋がっている』これはプロジェクトディレクター、アメリア・ビバウェイの言葉の中で最も重要なことで、コミュニケーションの先端にあるプロジェクトの目的である。

ド派手で奇妙な魅力を持つロモウォールは、見る者全てを刺激し、その独特の世界へと誘い込んでいく。シティタイガー、ツーリスト、オールドフォーク、ワーカー、ポリス、パンクス、ロストやランチブレイカー… 全く異なったバックグラウンドを持った者でさえ、この空間に一歩足を踏み入れると一瞬にして自分が何者であるかを忘れ去られてしまう、ということが今、ここで起きている。

誰もが皆、自分の役割を果たしたと言える。ロモウォールを運んだトラックのドライバーでさえ、ロモ・アクションチームが到着するまで、イギリス交通警察によって輸送させられるのを固く拒み、その後英雄の様に誇らし気にヨーロッパを横断した。

7th Lomographic World Congressy7th Lomographic World Congressy
7th Lomographic World Congressy7th Lomographic World Congressy

アクションチームは巨大なクリーチャーを組み立てる為に格闘し、その結果、今までになく最大で、最もグローバルなロモウォールを作り上げた。

ゴールドダイアナは2007年ワールド・コングレスのオフィシャルカメラである。30年間の生産中止の沈黙を破り、ダイアナは再び中判カメラの世界に息を吹き返した。ダイアナは幻想的で儚い美しさと、お馬鹿で可笑しい強烈なイメージを併せ持ちそのユミークさでアナログカメラの伝説となった。これら全ての事がダイアナの人気を不動のものとし、よりシンプル且つ、高機能に改良され新たな魅力を持って彼女は華々しく生まれ変わった。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE