河合政之 個展「カオスモス」

NEWSText: Editor

Installation view at ART BASEL Hong Kong 2018. Courtesy of MORI YU GALLERY

哲学的で独創的な映像作品で知られるビデオ・アーティスト、河合政之の個展「カオスモス」が、現代アートコレクターのコレクションに触れられるカフェ・サンデーに併設されたギャラリー・カプセルで、2月22日から3月22日まで開催される。

近年、アート・バーゼル香港2018や、台北當代2020など、海外を中心に高い評価を受けている河合。本展覧会では、カオスとコスモスの融合を意味する概念「カオスモス」というテーマのもと、この数年来河合が取り組んできた、アナログな映像機材を用いた〈ビデオ・フィードバック〉による作品シリーズが展示される。

美学の理論家でもある河合は、原理としてシグナルを優先しノイズを排除するデジタルに対し、あらゆる変化や可能性にオープンな〈アナログ〉をこそビデオの本質としてとらえている。そうしたアナログな回路を用いた河合の作品は、そのひとつひとつが一種の生命体であり、一瞬たりとも同じイメージが繰り返されることなく無限に変幻し続ける。それはこの有限な世界から無限のカオスに向けて開かれたコスモス、つまり〈カオスモス〉であり、見る者を永遠に転変するイメージの悦楽へと導いていく。

河合政之 個展「カオスモス」
会期:2020年2月22日(土)〜3月22日(日)
時間:12:00〜19:00(土・日のみオープン)
会場:CAPSULE
住所:東京都世田谷区池尻2-7-12 B1F
TEL:03-6413-8055 (SUNDAY)
http://capsule-gallery.jp

Text: Editor

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
“Unknowna
MoMA STORE