クロシェット・コーラル・リーフ:有毒な海洋

NEWSText: Aya Shomura

Institute For Figuring's Crochet Coral Reef project, 2005–ongoing, Photo ©  the Institute For Figuring

Institute For Figuring’s Crochet Coral Reef project, 2005– Photo © the Institute For Figuring

展覧会「クロシェット・コーラル・リーフ:有毒な海洋」が、ニューヨークのミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザインにて9月15日から開催される。「クロシェット・コーラル・リーフ」(=かぎ針編みの珊瑚礁)は、マーガレットとクリスティーヌ姉妹が始めたプロジェクトで、今年10周年を迎えた。

ADVERTISEMENT

彼女たちの作品は、かぎ針で編んだ糸とプラチックゴミを組み合わせにより、数学や海洋生物学、フェミニストアートの実践、美と荒廃の大掛かりな珊瑚礁の作品を融合。同時に比喩性、共同作業性、世俗性かつ分散性な特徴を持つ本プロジェクトは、気候変動とプラスチックゴミ問題という海洋生物が直面している二重の惨禍に対し、慈悲的視点を持った応答を提示する。観測史上最も暑いとされている本年は特に、世界中の珊瑚礁が危機に瀕している。

本展は3つの「生息地」をメインに構成されており、「巨大な珊瑚礁の森」とミニチュア・コレクションの「ポッド・ワールド」は、様々な素材や色彩、かぎ針で編んだ糸とビーズにより多様性に富んだ“生きた”珊瑚礁の世界を表現。また「白化した2つのかぎ針編み珊瑚礁」は死んでしまった珊瑚礁への弔いを意味し、姉妹が4年間溜めたプラスチックゴミで作った「ゴミの山」は海洋におけるプラスチックゴミ問題や太平洋ゴミベルトと呼ばれる人為的現象に対する彼女たちなりのメッセージである。「クロシェット・コーラル・リーフ」は、人間への影響と責任を呼びかけるために環境科学とSFを組み合わたプロジェクトでもある。

クロシェット・コーラル・リーフ:Toxic Seas
会期:2016年9月15日(木)〜2017年1月22日(日)
時間:10:00〜18:00(木曜・金曜日は21:00まで)
休館日:月・祝日
会場:Museum of Arts and Design
住所:2 Columbus Circle, New York, NY 10019
入場:一般16ドル、学生12ドル、メンバーは無料
TEL:+212 299 7777
http://madmuseum.org

Text: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE