水野健一郎「NININ(ニニン)」展

NEWSText: Aya Shomura

イメージ画像
© Kenichiro Mizuno

東京のオルタナティブスペース、テトカにて、水野健一郎の個展「NININ」(ニニン)展が、11月14日から12月6日にかけて開催される。

水野は、既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて自身の原風景であるテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど、多様な手法でアウトプットする作家だ。

タイトルの「NININ」とは(水野が作り出した)人間の意識に寄生する地球外生命体の名称である。本展は2014年の個展「マイクロフィクション2014」を進行させた内容で、出会い系三部作第三弾「NININ」をアニメ化することを最終目標として、その世界観を断片的に切り取った作品の展示である。

水野健一郎「NININ 」展
会期:2015年11月14日(土)〜12月6日(日)
時間:16:00~23:00(水曜日定休)
オープニング・レセプション:11月14日(土)19:00~22:00
会場:TETOKA
住所:東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F
TEL:03-5577-5309
http://tetoka.jp

Text: Aya Shomura

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE