愛についての100の物語

NEWSText: mariko takei


ラファエル・ロサノ=ヘメル《Pulse Room》2006, Photo: Antimodular Research and Alejandro Blázquez, ©Rafael Lozano-Hemmer

今年で開館5周年を迎える金沢21世紀美術館では、あらゆる既存の境界を超えて、人文、社会、自然科学の各分野の研究者や活動家、そして美術、音楽、文学、身体表現など、多様なジャンルの大勢の表現者たちを招き、「愛」をめぐって語り合う場を創出する展覧会「愛についての100の物語」を4月29日より開催する。様々なかたちで立ち現れる表現は、いつでも誰かに受けとめられ、語られ、変貌することを待っている。物語とは、出会いの場で交わされる“オープン・ダイアローグ”(開かれた対話)そのもの。美術館で絶え間なく生成する対話を通じて、無数の物語があふれ出すこととなる。

ADVERTISEMENT

出品作家
ゾーン1:粟津潔/ビー・バンジー/チェルフィッチュ/チェン・ジエレン/舟越桂/イトー・ターリ/姜尚中/木村太陽/岸本清子/ラファエル・ロサノ=ヘメル/みかん電鉄/森村泰昌/村田仁/奥田扇久/坂田靖子/島袋道浩/塩田千春/サラ・ジー/詫間のり子/土橋とし子/パトリック・トゥットフオコ/牛嶋均/山本基/山下洋輔
ゾーン2:粟津美穂/浜田剛爾/モナ・ハトゥム/一柳慧/金沢不満合唱団/アニッシュ・カプーア/川上未映子/川崎和男/アナ・メンディエータ/ステファン・ロイセ/鈴木昭男/鈴木ヒラク/谷川俊太郎/照屋勇賢/東郷健/山折哲雄/山崎つる子/横溝静/湯浅誠

開館5周年記念展「愛についての100の物語」
会期:2009年4月29日(水・祝)〜8月30日(日)(ゾーン2の展示は7月20日まで)
時間:10:00〜18:00 (金・土曜日は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館 展示室1〜12、14、長期インスタレーションルーム、デザインギャラリー
休場日:月曜日(祝日の場合は翌日。ただし7月21日は会場)
料金:当日共通観覧券(ゾーン1+ゾーン2)一般 1,700円/大学生・65歳以上 1,400円/小中高校生 700円 ※その他料金についてはこちらから。
TEL:076-220-2800
http://www.kanazawa21.jp

Text: mariko takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
鈴木将弘
MoMA STORE