WE DON’T KNOW GOD: CHIM↑POM 2005-2019

THINGSText: Hikaru Nakasuji

アーティスト集団・チン↑ポムの作品集「We Don’t Know God: Chim↑Pom 2005-2019」がユナイテッドヴァカボンズ社から出版された。初めてこの本に触れた瞬間、「ああ、チン↑ポムの作品だ」と直感した。個性的な表紙や中紙の手触りには、実物を手にしてみないと分からないワクワクする心地がある。彼らの特徴として “限定的な体験” が挙げられるべきだが、まさに書籍を媒介してチン↑ポムという体験を提供してくれる特別な本となっている。

本書は、チン↑ポム自身による詳細な解説を付し、14年に及ぶ活動を網羅した集大成となっている。初期の作品から最新作まで、作品は5章に分けられてまとめられている。2018年11月にアノマリーで行われた個展「グランドオープン展」の紹介から本書はスタートする。


“マジックキングダムウォーター”, 2018, サイトスペシフィック・インスタレーション(ディズニーランドで汲んだ水、ビン、アクリルケース、写真), サイズ可変, 撮影:森田兼次 © Chim↑Pom Courtesy of the artist and ANOMALY

夢の国と呼ばれる場所から汲まれた輝く水。それを拝むためには、手前の仮設階段を登らなければならない。ただ展示するだけでなく、アートという体験を再定義していくのがチン↑ポムの目を見張る部分である。まさに本書のグランドオープニングにふさわしいきらびやかな作品だ。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE