マーティン・ショーラー「クローズ・アップ」

HAPPENINGText: Victor Moreno

UpClose
Martin Schoeller, Angelina Jolie, Portrait “Up Close and Personal”

辞書によると、ポートレイトとは顔や表情の中にその人物を表現したものである。つまり、肖像、人格、気分さえ写し取るということ。「自撮り」が増えた現在、毎日撮影される膨大なポートレイト数は過去に例を見ない。雑誌「ニューヨーカー」のドイツ局員だったマーティン・ショーラー(1968〜)は、デジタル写真の技術を活用しながら、ポートレイト写真の概念をステップアップ、すなわち大きなサイズのポートレイトを撮影することを決断。世界中のギャラリーや美術館にて数えきれないほどの有名人の顔を撮影してきた。例えば7m四方のアンジェリーナ・ジョリーの写真は、モバイル上ではまた違った見え方をする。2015年10月からこの2月7日まで、スウェーデン写真美術館フォトグラフィスカでは、そんなショーラーの最新プロジェクト「クローズ・アップ」が展示されていた。またその他のプロジェクト「一卵性」や「女性ボディビルダー」作品も鑑賞することもできた。

martin-schoeller-clint-eastwood-portrait-up-close-and-personal-857x1024
Martin Schoeller, Clint Eastwood, Portrait “Up Close and Personal”

人は、人に関心を持つ。私たちが有名アーティストの展覧会へ行く時は、アーティストについてのポジティブな情報を耳にするのがほとんどだ。しかし本展はその逆で、アーティストについてはほぼ知らないけれど、(ポートレイトになっている)有名人たちに興味関心を持っているという鑑賞者が多い。それがいいか悪いかは別として、確かにこの「クローズ・アップ」展ではほとんどが著名人ばかりだ。会場で、人々が「あれは誰?」と口々に同じ質問をしているのを耳にするだろう。女性はテイラー・ウィフトやメッシを知らないし、男性はマーク・ザッカーバーグを、10代の若者はクリント・イーストウッドやジュディ・デンチを知らない。もしショーラーが、年齢や文化的関心に関係なく“有名人の顔”という認識や人気を求めているとすれば、鑑賞者らは全員ポートレイトの人物を知っているだろうし、現代文化を揺り動かすという意味ではいいことである。

Rihana_051007_28A_FR10_PRESS
Martin Schoeller, Rihanna, Portrait “Up Close and Personal”

ショーラーは、「クローズ・アップ」シリーズのためにこれまで3,000人の撮影をしてきた。「自撮り」が市民権を得たことで、大きなポートレイト写真を展示するような撮影方法もアリになってきている。彼は「写真撮影における接写は、普段関わることのない被写体と鑑賞者の間に“無礼のない対面”を可能にする。ポートレイトの中で最も純粋な形だ」と言う。

見慣れた顔の大判ポートレイト作品を直に鑑賞するということは、撮影者の視点と鑑賞者の認識が対峙する意味で非常に面白い体験だ。これらの作品は「デジタル写真において光は情報であり、ショーラーが提供している物が情報」だからこそ、膨大な光量で演出されている。

続きを読む ...

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE