ザ・ブロード

PLACEText: Nate Risdon

この5年間、ロサンゼルス中心部は重要な変化を受けてきた。景色に点在する新しくモダンな高層ビルだけでなく、交通やレストラン、バー、クラブなどを見ればその変化は一目瞭然である。ロサンゼルス中心部の「再生」は、かつての暗く、不毛で寒々しい景色に、エネルギーと美的価値を与えた。この新しいエネルギーと美的価値を明白に見せるのが現代アート美術館「ザ・ブロード」なのだ。

01 The Broad_photo by Iwan Baan
The Broad, Photo: Iwan Baan

実業家であり慈善家でもあるイーライ&エディス・ブロード夫妻が数十年かけて収集したプライベート・コレクションを展示するために設立した美術館「ザ・ブロード」は、2015年9月20日に一般に公開された。ロサンゼルスの心臓部とも言えるグランドアベニューに位置し、ロサンゼルス現代美術館ウォルト・ディズニー・コンサートホールといった有名な施設の傍である。

建築はディラー・スコフィディオ+レンフロ建築事務所ゲンスラーがタッグを組んでデザイン。ブロードは蜂の巣のような“多孔性”のある外壁を持っていて、隣接のぎらぎらした、金属的なウェーブのあるフランク・ゲーリーによるデザインのウォルト・ディズニー・コンサートホールと明確な違いを演出している。約11万平方メートル、1億4,000万ドル(約170億円)の建築にブロードのコレクションである現代アート作品2,000点を収容している。

草間彌生 Kusama_Infinity Mirrored Room
“Infinity Mirrored Room –The Souls of Millions of Light Years Away” Yayoi Kusama, 2013, wood, metal, glass mirrors, plastic, acrylic panel, rubber, LED lighting system, acrylic balls, and water, 2,876.6 x 4,152.9 x 4,152.9mm, Photo: Iwan Baan

中は3階からなる。1階ミュージアムショップ、メインエントランス、ロビー、そして素晴らしいキュレーションによる企画展示のための広い空間がある。1階の作品はこの美術館の中で抜群にダイナミックだ。草間彌生の「Infinity Mirrored Room – The Souls of Millions of Light Years Away」(増殖する部屋)は鏡を並べたインスタレーションで、時々、脈打つように光るLEDの配列が無限に続く部屋を照らしているように見える。

一度に入ることを許されるのは一人か2人だけで、部屋のキャパシティも時間も制限されている。このインスタレーションは本当に眩く、希望に満ちた時間が過ぎていく。わずか1分未満の限られた時間で展示を見ることができる来場者は、その非常にわずかな時間で無限ということについてじっくり考えることができるだろう。

ちなみに記しておきたいが、来場者は入場するのは無料だが、美術館に入った後は、チケットによって制限時間ごとに分けられる。一般的な美術館の入場のように、チケットは早くさばかれてしまうのでエントランスに入ったら速やかに一枚受け取ることをお勧めする。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ミルク倉庫+ココナッツ
MoMA STORE