ナッズ・インセンティブ・マガジン

THINGSText: Mizuki Matsuda

2015年9月末、12名の有名クリエイターの作品ビジュアルとインタビューのみを掲載した雑誌「NUZ」(ナッズ)が創刊された。

nuz01
NUZ Incentive Magazine創刊号表紙、Photo: ウチヤマタクヤ

商業雑誌にはない「刺激」と「衝撃」を読者に感じて欲しいとの強い気持ちから、若者が自己資金をもとに自費出版。前半は、挑発的なビジュアルが次々に視界に飛び込んでくる作品ページ、後半は「有名クリエイターはなぜ、第一線のクリエイティブ業界で活躍できるようになったのか?」を焦点に、彼らの生き方、人脈、仕事を得るための営業、作品についての考え方などを聞いたインタビューページで構成されている。数名のクリエイターを紹介しながら、ページネーションに沿って本雑誌の視覚体験について書いてみたい。

nuz02
Photo: 吉田多麻希

nuz03
Photo: 吉田多麻希

まずは、ベージュピンクがとろける唇、そして続く黒色が印象的な、フォトグラファー吉田多麻希の作品。一見、人間本来の色からかけ離れているかのような色をした肌の作品並ぶが、ページを進めるに連れ、むしろ人間の有機的な面がじっと見つめてくるようだ。

nuz04
Photo: 磯部昭子

赤いドットから始まる磯部昭子の紙面は、写真が紙の上で踊っているようだ。赤、水色、青、モノクロ、そしてまた赤と続く構成は、写真だけを主役としない。インタビュー記事も幾何学に配列され、読み難いにも関わらず、彼女の写真作品が紡ぎ出す目眩にも似た、その文字を追っていたくなる。

nuz05
Photo: 小浪次郎

nuz06
Photo: 小浪次郎

1ページごとに手法や作風が異なり、構成上も連続性のない断片的な作品が並ぶのは、フォトグラファー小浪次郎だ。「日常的でありながら、非日常に見えるものに興味がある」とインタビューに答えているが、1枚の写真に漂うわずかな”違和感”は、消化されぬまま、ページを追うほどにたたみかけてくる。自分のなかの”日常”と”非日常”のバランスが試されている気がしてならない。

nuz07
野村訓市インタビューページ、NUZ Incentive Magazine創刊号表紙

発行人である竹澤氏が、出版社勤務時代、利益先行の雑誌づくりに疑問を感じ始めた頃に出会ったのが、野村訓市の作ったインタビュー誌「SPUTNIK」(スプートニク)だったという。彼へのインタビューでは、スプートニクが刊行されるまでの軌跡を辿りつつ、雑誌制作そのものについて語られている。

「他人の言うことは気にするな、自分は自分だ」という言説があるが、何かを始めたら必ず終わらせて他人の評価を仰ぐべきだと野村は言う。本誌のインタビューは来歴に沿った流れではあるが「彼の言葉に何を聞くかは自分次第である」と、つい客観性を意識して読み返してしまった。

nuz08
Photo: 青木健二

竹澤氏は「若者の一人として、本誌をきっかけに仕事や生活面でも、何か頑張ろうと現在進行形で思っている多くの人の活力になる存在になってくれることを願っています」と語る。夢が見えている人たち、そして、もやもやと何も見えずに過ごしている人たちにこそ、手にとってもらいたい雑誌であると同時に、こうした取り組みを応援する素地が共に育っていくことを願わずにいられない。

nuz01
NUZ(ナッズ)創刊号
発売日:2015年9月26日
定価:1,000円(税込)
仕様:A4変型判(297mm × 235mm)、96ページ
創刊号 掲載クリエイター:内山拓也(フォトグラファー)、吉田多麻希(フォトグラファー)、磯部昭子(フォトグラファー)、小浪次郎(フォトグラファー)、青木健二(フォトグラファー)、稲葉英樹(グラフィックデザイナー)、廣川玉枝(ファッションデザイナー)、奈良裕也(美容師/ヘアメイクアーティスト)、永戸鉄也(アートディレクター)、Sen(モデル/映像ディレクター)、守本勝英(フォトグラファー)、野村訓市(クリエイティブディレクター)
発行人:竹澤剛
アートディレクター:カトウヒロキ

Text: Mizuki Matsuda

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE