NIKE 公式オンラインストア

加賀美 健

PEOPLEText: Yoshiko Kurata

現在、東京を拠点に活動する現代美術家として、ドローイングや彫刻などニューメディアを使った作品を多く発表し続けている加賀美 健。ニュースが大好きだという彼が、いっぱいの遊び心で解釈したエフワード的モチーフを散りばめた作品の数々は、海外でも様々な反応を呼び起こす。そんな加賀美氏の作品、そして今後の予定について話を聞いた。飾らない回答の中に、純粋な人柄が見え隠れする。

kk_portrait.PNG

まず初めに、自己紹介をお願いします。

加賀美 健、1974東京生まれ、アーティスト。

kk01.png

代表作「ミルクマン」について教えてください。

15年前にサンフランシスコに住んでいた時にできた作品です。最初は、顔だけができ上がって、そのあと体を付けました。ミルクマンを描いている時に目の前に、机の上に乗った朝食用のバナナがあり、それを見てミルクマンにバナナを刺そうというアイディアが浮かびました。同時にイチゴも刺してみようと思い刺しました。フルーツを刺すことによってとてもポップに仕上がりました。そのミルクマンを見たアメリカのバンド、ディアフーフのメンバー(当時からの友人)がミルクマンをコンセプトとしたアルバムを作りたいということになり、2004年にディアフーフのアルバム「ミルクマン」がリリースされました。

kk07.jpg

現代美術アーティストとして、具体的には彫刻、ドローイング、ショップのオーナーなど多岐に渡る活動を行っていらっしゃいますが、アートに興味を持ったのはいつ頃ですか?

幼少期から図工など何かしら作ることが好きでした。しかし絵も上手くないですし、どこかコンプレックスがあったかもしれません。技術じゃ上手い人に敵わないのでアイディア、スピードなどを子供の頃から意識していたと思います。小学校で貼り出される絵は「ただ上手な絵」だけだったので、そのことにいつも疑問を持っているような子供でした。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ミルク倉庫+ココナッツ
MoMA STORE