キャリン・セヴェノー

PEOPLEText: Joanna Kawecki

シドニーを拠点として活動するフォトグラファー、キャリン・セヴェノーの詩的な写真は、世界を魅力的な色と光に変換させている。彼女のドリーミーで、光が飛んだ作品は、優雅で落ち着いた女性的な美しさを反映している。際立つ繊細なエレガンス。彼女の広告クライアントは、ローリングストーンズ誌やヴォーグ誌などがあり、五感の喜びといえる個人的な彼女の作品も掲載されている。旅とコラボレーションからインスパイアされて、キャリンは “愛するものを撮影する” ということをすすめている。この言葉が、彼女と彼女のイメージを完璧に要約している。

>Carine Thevenau

自己紹介と、ご自身のチャームポイントを教えて下さい。

私の名前はキャリン・セヴェノーで、シドニーを拠点に活動するフォトグラファーです。私のチャームポイントは、目かな。

CarineThevenau.jpg

あなたが撮った初めての写真を覚えていますか?写真に対する興味は、いつからあったのですか?

ええ、写真キャンプの4年目(8歳の時)に、オーストラリアの南西岸の森のモノクロフィルム写真を撮ったのを覚えています。その写真は光が飛んでいて、キャンプのあとクラスで自分の写真をプレゼンテーションしたとき、みんなに光を入れすぎだと批判されました。私は「でも、これが私が見せたかった世界なの」と返答しました。私はそれをとても魔法のようだと思いました。私の写真への興味はこの頃から明確に始まって、母は撮影機材とともに私を日帰りの旅行に連れて行ってくれるようになりました。母はいつも、違うタイプの光の話をしていて、立ち止まってはモノの詳細を見つめ、なぜそれらが美しいのか、もしくは醜いのか、そしてどう感じるのかを分析させました。最初の頃は、ただ母は真似をしていたように思います。

CarineThevenau2.jpg

瞬間を切り取ったり、誰かのポートレイトを撮るとき、あなたは頭のなかで何か特別なことを考えていますか?

私のカメラが誰かを直接とらえているとき、私はその人に、自分がどう見られたいかということを忘れて欲しいと思っています。彼ら自身で、どこか別の場所へ行ってほしいのです。撮れば撮るほど、これは、私と被写体とが繋がる時間だと感じます。一部のフォトグラファーは、ポートレイトの多くが、セルフポートレイトにかえってくるものだと信じています。私もそうです。他のフォトグラファーが見つめ求めているのは他の何かだと理解していますが、私の場合はこれを貫き、顔だけではなくもっと深いものが現れる瞬間を待っているのです。

CarineThevenau3.jpg

あなたのインスピレーションを刺激してくれるような写真家はいますか?

非常に美的なものに敏感な人としては、美しい画を見ないということは不可能です。そしてそういった美しいイメージを見ることは、とても楽しいです。アーティストの作品にとりつかれたように何か月も熱中したり、頭のなかにファイリングしています。才能のある新しいアーティストも私もお気に入りです。尊敬するアーティストリストはどんどん増えていますが、そのうちの多くの人がもうこの世にはいません。たいてい、彼らの人生における仕事に対する使命感は、その作品自体と同じくらい素晴らしいのです。それらのアーティストの作品を、雑誌の切り抜きや、回顧展のチケットや、カタログなどから集めてスクラップしています。

最近、ドイツで開催されたダイアン・アーブスの展示に行きました。彼女は亡くなる前に、新しいカメラを購入しようと、限定出版の作品集を出しました。この作品集のなかのオリジナル・プリントが、ギャラリーで展示されていましたが、この展示はほんとうに感動しました。ダイアンのようなアーティストは、ただ一心に自分の作品にすべてを捧げていて、私も写真を通じて自分自身を表現し作品と向き合っていきたいという思いを起こしてくれました。他にも尊敬するアーティストとしては、ビル・ヘンソン、サリー・マン、フランチェスカ・ウッドマン、ヴィー・スピアーズ、そしてティム・ウォーカーの素敵な世界観もとても好きです。

CarineThevenau4.jpg

将来、挑戦してみたいと思う特別なスタイルの写真(例えば、運動やダンスを撮ってみるなど)はありますか?

ええ、最近私の作品のことを、静かで動きがないと表現した人がいましたよね。アーティストとしてスタイルを変化させることが、意義のあることか無いことかは自分でよく分かっています。私は音楽が好きで、その流動的な形も好きです。自分の思う「音」とのつながりや、「音」のユニバーサル言語としての力を反映したダンスや感情の動きを含んだ、催眠的なイメージを作ってみたいと思っています。

最近はどんな仕事を行っていますか?

最近は、女性の視点から、感情の二元性の存在を見つけ出すというシリーズを頑張っています。それらのイメージは、哀愁的だけどとても魅力的な雰囲気を持っていますよ。

キャリンさん、ありがとうございました。

Carine Thevenau
彼女の作品に関しての問合せは、Network Agencyまで。
emailus@networkagency.com
Tel: +61 2 9690 2299

Text: Joanna Kawecki
Translation: Mio Ota

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE