コペンハーゲン・ファッションウィーク SS13

HAPPENINGText: Victor Moreno

デンマークのファッションデザインは素晴らしい調和をみせている。膨大な要望に応えた才能と努力の賜物が、コペンハーゲン・ファッションウィークで紹介された2013春夏のコレクションだ。レディースもメンズも両方ともエネルギーがあった。これほどまでに成功した主要なデザイナーは、ヘンリック・ヴィブスコブ、スタイン・ゴヤ、ウッド・ウッドピーター・イェンセン、そしてソウルランドだ。もちろん、これらの名前だけでこのファッション・ウィークを語るのはフェアではない。ワッカーハウス、ムーン・スプーン・サルーン、アン・ソフィー・マッドセン、ジャン/フィリップ、バイ・マリン・ビルガー、ブルーンズ・バザール、ガイアなども、デンマークのファッション業界において、経験のある強い存在感をもつブランドである。3日間のうちに4万人以上が集まり、ギャラリーは史上最多の来場者数を記録した。

Copenhagen Fashion Week SS13

ヘンリック・ヴィブスコブの2013年春夏コレクションのタイトルは「透明な舌」。ヘンリックは2004年からコペンハーゲン・ファッション・ウィークにてコレクションを発表し続けている。彼が黒人モデルのみを起用したのは、今回が初めてで、社会的な意味ではなく、芸術性と対照性を意識してのことである。彼はパリ・メンズウィークにオフィシャル参加している唯一のスカンジナビア人デザイナーであり、そして最近はシャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・モード・マスキュリンの新メンバーとして選ばれた。このショーで彼は、オフホワイトとのコントラストと、服の色彩を強調させる目的で、黒人モデルのみを起用することを決めた。

Copenhagen Fashion Week SS13

スタイン・ゴヤのSS13コレクションは「ラ・パレード・メルベイユ」というタイトルで、人生のきらめきを哀愁的な視点から表現したものであった。楽観的なピエロのプリントや、サーカス的なモチーフ、そして彼女ならではのパステルトーンの色彩、ゴールドとオークル、鮮やかなピンクから深いミッドナイトブルーのニュアンスまであった。まさしく着る価値のある作品であり、スタインはまたもやオーディエンスの欲求に見事に応えた。

Copenhagen Fashion Week SS13

17年間英国に住んでいたピーター・イェンセンは、中性的なコレクションを発表した。(もし彼を分類するなら)彼はデンマーク・ファッションのベテランのひとりである。彼はこれまでロンドンとニューヨークでも紹介された。もちろん、彼はこのSSコレクションを、故郷で発表できることを喜んでいる。彼はいつもコレクションのなかにミューズをおいている。今回は実際に2つのミューズがおり、61年〜64年のミックジャガーとヒッチコックの「鳥」で主演したティッピ・ヘドレンからインスピレーションを得ている。これはカレッジ・スウェットシャツやシンプルなシルエットのプリントのなかで見ることができる。

Copenhagen Fashion Week SS13

デンマークのメンズウェアブランド、ソウルランドの2013年SSコレクション「ブルジョワジー」は、郊外に佇む孤立したコテージのなかでプレゼンテーションされた。家屋の周りをモデルたちが列になって歩き、衣装までの距離がとても近い。このブランドのデザイナーであるサイラス・アドラーは、さらなる情報を提供するスキャンアプリを通じて、観客と見せる側との相互作用を追加し、印象的な時間を作り上げようとした。彼はこのイベントが開催されたフランスのブルジョワジーのパレス・マンションと同じスピリットで、プリントをシャツに、そして刺繍をスウェットシャツに施した。

インスピレーションは国と結びつきがあり、今回アドラーはパリに目を向けていた。『私たちはパリの魅力的なビルや家屋、教会やカテドラルをスケッチして、それを刺繍にしました。そしてマーブル模様のプリントや、フランスの遺産である城など、そういった類のものもプリントしました。大きなプリントロゴの入った皮肉に満ちたド派手な服から私たちは、フランスのラグジュアリーファッションについて物申しました。それはフランスの高級ファッションブランドへの愛情のこもった皮肉な視点なのです。私たちは今の状況にとても幸せを感じています。本当に向かいたい方向に進んで行けていると思いますし、チームとして理想的に成果をあげているとも思います。目標はとても大きく、ウェブショップ、プロモーション、そしてセールスの全員が同じ目標をもっています。さらにたくさんのショップがこの私たちのコレクションを買ってくれると信じています。私にとって大切なのは、楽しみながら仕事をするということ。私たちはいま、ドイツ、アメリカ、スカンジナビア、イギリス、そしてアジアでも成長していくタイミングだと感じています。』とアドラーは語っている。

コペンハーゲンは、スカンジナビアン・ファッション・デザインという、ささやかでありながら、休むことなく活発に発展していく業界の強さと質の良さを魅せてくれた。このトレード・ショーは2700以上のブランドが参加するという、世界でも2番目に大きなシティ・ショーにまで発展してきた。CEOであるクリスチャン・グレガーセンはギャラリーのオフィシャル声明においてこう語っている:最も重要なのはブランドの数ではなくて、スカンジナビアのみならず世界中から今シーズンギャラリーに訪れてくれるバイヤーの数が増えたということ。そして、3日間私の携帯電話が鳴らなかったということ。それは、皆がそれぞれ本来の自分の仕事に真剣に、そして忙しく向かい合っていたということを意味している。

コペンハーゲン・ファッションウィーク SS2013
会期:2012年8月8日〜12日
会場:Forum Gallery Int Fairs and others
http://www.copenhagenfashionweek.com

Text: Victor Moreno
Translation: Mio Ota
Photos: Victor Moreno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE