ポツダマー通り

PLACEText: Kiyohide Hayashi

ベルリンの現代アートで今最も面白い場所はどこなのだろうか。そう聞かれるのであれば私はポツダマー通り界隈と答えるだろう(2011年9月現在)。ベルリンも他の都市と同様に多くのギャラリーが集まり、幾つかのギャラリー・エリアを形成している。しかし非常に強くエネルギーを放つ場所は常に一つだ。かつてミッテ地区にあり、その後ミッテ周辺、ハンブルガーバンホフ美術館裏付近(ハイデ通りハーレ・アム・ヴァッサー)に移り変わったように、その熱源とも言える場所は常に移動し続けている。そしてまさに今多くのエネルギーはポツダマー通りに達し、この場所を覆おうとしている。

ポツダマー通り
ターゲスシュピーゲル新聞社跡地とポツダマー通り Photo: Kiyohide Hayashi

旧西ベルリンの壁近くに位置する「ノイエ・ナショナルギャラリー」から南に伸びる大通りポツダマー通り、この通りを挟んだ地区に新しいギャラリー街が出来つつある。大通りを見渡せば、八百屋から1ユーロショップ(100円均一ショップ)、そしてインビス(立ち食いの飲食店)やアダルトショップが見られ、表面的にはアートに直接繋がるようなものはほんど見られない。だがしかし2010年以前に7、8軒ほどしか無かったギャラリーや美術関連のスペースは、わずか1年後の今や20軒を超えて、そしてコンプレックスさえもでき、一帯はギャラリー・エリアと化してきている。

PH_049_12%40.jpg
Pierre Huyghe, INFLUANTS, 2011. Installation views Esther Schipper, Berlin. Photo: Andrea Rossetti

特に象徴的なのは多数の国際的なアーティストを抱える大手ギャラリーの移転であり、ハンブルガーバンホフ美術館裏より移ってきた「アールンド」、またミッテ地区からの「エスター・シッパー」のように、かつての中心地から現在の中心地への移転はアート・シーンの変化を如実に明らかにする。

arndt.jpg
Gilbert and George, THE URETHRA POSTCARD ART OF GILBERT & GEORGE. Photo: Bernd Borchardt

2010年4月にポツダマー通りに面する建物に移り入ったアールンドは、ソフィ・カルギルバート&ジョージといった大御所や、今や世界中の展覧会に顔を出すジュリアン・ローゼンフェルドといった錚々たるアーティストの展覧会を移転後に矢継ぎ早に繰り出している。一方2011年4月に転居したエスター・シッパーは世界的に名の知られたピエール・ユイグの展覧会を現在開催しており、今後はギャラリーが抱えるトーマス・デマンドリアム・ギリック、ドミニク・ゴンザレス=フォルステルといった国際的なスターの展示をこの場所で開くことになるだろう。

rDSC03485.jpg
ターゲスシュピーゲル新聞社跡地の中庭とギャラリーコンプレックス Photo: Kiyohide Hayashi

ノイエ・ナショナルギャラリーから数100メートルほどポツダマー通りを南下すると、かつての新聞社の建物が見える。その建物の中庭を囲むように10軒ほどのギャラリーが集まっており、幾つかの建物はコンプレックスを形成している。それらの中で強烈な印象を与えてくれるのは「ブレイン・サザン」だ。

BlainSouthernBerlin04.jpg
Photo: Christian Glaeser. Images courtesy of Blain|Southern.

2010年秋にベルリンを撤退したギャラリー、「ホーンチ・オブ・ヴェニソン」の設立者であるハリー・ブレインとグラハム・サザンはベルリン撤退に相前後してギャラリーから離れて、ブレイン・サザンをロンドンで立ち上げた。そして2011年4月ベルリンに支店を出店し、この街のアート・シーンに再び大きな影響を与えようとしている。スペースのオープニングとなる展示では、今なお改装中の広大な吹き抜けのホールを使うことはなかったが、有り余る展示スペースをふんだんに活用してティム・ノーブル&スー・ウェブスターの建築的なインスタレーションを来訪者に見せていた。誰しもが巨大な新聞社跡地の新しい所有者やその活用法に注目していただけに、ベルリンらしからぬ派手さを備え、自己演出に長けたギャラリーのスタイルは、美術関係者に強い衝撃を与えたに違いない。

FlorentTosin.jpg
ギャラリーの前に立つフローラン・トザン Photo: FlorentTosin

一方で大手や既に実績を残しているギャラリーとは対照的な新しいギャラリーの存在も忘れてはいけないだろう。「マックス・ヘツラー」から独立した「ターニャ・ワーグナー」や「カリエ・ゲバウアー」からの「フローラン・トザン」はベルリンのアート・シーンに新風を吹き込もうとしている。共にベルリン最大手のギャラリーから独立しており、2010年秋からこの地区でギャラリストとしてのキャリアを始めている。彼らのギャラリーの今後は未知数ではあるが、昨年の段階でポツダマー通りに目を付けてスペースを立ち上げたことには先見性と野望を感じてしまう。今後彼らが無数のベルリンのギャラリーの中に埋もれることなくオリジナリティを見せ、熾烈な生存競争に生き残り、アート・シーンの新たな顔となることを期待したい。

ポツダマー通りには新旧のギャラリーが入り混じり、今までに無い新しい何かが起きる可能性を漂わせている。またギャラリーの流入は止まる気配を見せず、なおも発展の余地さえ感じさせる。しかし膨大なエネルギーは新しい中心地でこれから常に放出されるのだろうか。ギャラリストの話や過去のギャラリー・エリアの移り変わりを考えれば、それはある種のサイクルのように回っており、いずれ終わりはくると思われる。想像するに、アートの中心の移り変わりのプロセスはこのようなものだろう。家賃の安さに多くのギャラリーが集まり始める。大手や若手のギャラリーが混在し、エネルギーに惹かれ美術関係者に限らず様々な人々がギャラリーのある一帯を訪れる。時が経ちアートの魅力に惹かれてブティックやレストランが集まる頃には、地価の高騰や家賃の上昇が起きる。そして出入りする人々が美術関係者や富裕層に狭まってしまえば、始めにあった混沌としたエネルギーや熱は失せ、ある種の硬直を感じられるようになるだろう。そうなればギャラリーは流動性や新たな熱、そして安価なスペースを求めて別の場所へと移転を始めることになる。おそらくこれらのプロセスは幾度も繰り返されており、今のポツダマー通りの現状も例外に漏れず当て嵌めることができるだろう。いずれにせよ、様々な人々の来訪によって更なる発展の気配を感じさせており、この場所の可能性はしばらく感じられるはずだ。だがアートのサイクルは想像以上に早い。エネルギーが失われる前に是非ポツダマー通りに足を運んでみてほしい。

Arndt
住所:Potsdamer Straße. 96, 10785 Berlin
開館時間:11:00~18:00、土曜日12:00~(日・月曜日休館)
TEL:+49 30 2061 3870
http://www.arndtberlin.com

Esther Schipper
住所:Schöneberger Ufer 65, 10785 Berlin
開館時間:11:00~18:00(日・月曜日休館)
TEL:+49 30 3744 33133
http://www.estherschipper.com

Florent Tosin
住所:Potsdamer Straße 81 C, 10785 Berlin
開館時間:11:00~18:00(日・月曜日休館)
TEL:+49 30 2610 3357
http://www.florenttosin.com

Galerie Tanja Wagner
住所:Pohlstraße 64, 10785 Berlin
開館時間:11:00~18:00(日・月・火曜日休館)
TEL:+49 30 8643 0120
http://www.tanjawagner.com

Blain|Southern
住所:Potsdamer Straße 77–87, 10785 Berlin
開館時間:11:00~18:00(日・月曜日休館)
TEL:+49 162 2325 864
http://www.blainsouthern.com

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE