ザ・ウォーターハウス・アット・サウスバンド

PLACEText: Sumie Okada

ザ・ウォーターハウス・アット・サウスバンド
© The Waterhouse at South Bund

上海・南外灘にあるザ・クール・ドッグズの一角にあるザ・ウォーターハウス・アット・サウスバンドは、2010年5月にオープンしたブティックホテル。このホテルは、シンガポールのニュー・マジェスティック・ホテルを手がけたロー・リック・ポンの発案によるもの。そのロー・リック・ポンと上海をベースに活躍中の2人のデザイナー、ネリ&フ デザイン・アンド・リサーチ・オフィス(NHDRO)のリンドン・ネリとロザンナ・フのコラボレーションによるデザインが、他に類をみないクリエイティブでラグジュアリーな空間を提供するホテルになっている。

The_Waterhouse_at_South_Bund_Shanghai_Inner%20Courtyard_Angled.JPG
The Waterhouse Inner Courtyard © The Waterhouse at South Bund

コンクリート剥き出しの一見廃墟のような建物で、ウォーターハウスのデザインに使われている、表面処理されていないままの茶色の木材と、灰色に磨き上げあられたレンガは、心地よい暖かさを与えてくれる。全て異なるデザインになっている19部屋のゲストルームに並ぶのは、アルネ・ヤコブセン、フィン・ユール、ハンス・ウェグナーなどの洗練されたデザイナーズ・ファニチャーだ。

Waterhouse_Bathroom_centerpiece.jpg
The Waterhouse Bathroom Centerpiece © The Waterhouse at South Bund

このホテルには3つの特徴があり、まずは、隣接する大きなイベントスペース。2つめに、ホテル全体が、インダストリアル・シックな印象だということ。そして、“見る”と“見られる”ことが強調されたデザインになっている。いくつかの客室は他の客室を覗き込む位置にあり、中には鏡の付いたシャッターも。つまり、ゲストは、中庭をはさみ反対の部屋に滞在するゲストと対話ができるということになるのだ。

waterhouse_roof_bar.jpg
The Waterhouse Roof Bar © The Waterhouse at South Bund

ホテル1階にある「テーブルNo.1」は、イギリス人ミシュランスターシェフ、ジェイソン・アサートンがプロデュースしたレストラン。コンクリート剥き出しのスタイリッシュな店内は、有名レストラン独特の敷居の高さを取り除くロングテーブルを設置している。彼が上海で考えたのは、90%以上地元の食材を使うこと、そして地元の農家と話し合って自分の使いたい野菜を育ててもらうこと。さらにホテルのルーフトップテラスには、自家菜園まで作ってしまうほどだ。こうして作り上げられた記憶に残る美しい料理の数々は、上海中の食通を虜にしているファインダイニングとして人気が高い。屋上にあるバーの席は、アレンジ自在で、どんなサイズのパーティーも受け入れ可能。心ゆくまで上海スカイラインを美酒を片手に眺めることができる。

ザ・ウォーターハウス・アット・サウスバンド
住所:上海市黄浦区毛家園路1号
TEL:+86 21 6080 2988
http://www.waterhouseshanghai.com

Text: Sumie Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE