ライフ・オブ・イミテーション:鏡映

HAPPENINGText: Rachel Alexis Xu

IMG_0340.JPG

シンガポール・アート・ミュージアムの青々とした芝生の上。そこに配置されたカラフルでレトロな手描きの広告看板が、日々行き交う人々の注目を集めている。現代的なシンガポールの中心街、その真ん中でまばゆい輝きを放つ過去の断片。これはアーティスト、ミン・ウォンが個展「ライフ・オブ・イミテーション」の中で追求する「アイデンティティ・ポリティクス」というテーマの表現であり、我々への挑発である。

IMG_0348.JPG

多様な文化が交錯するシンガポールという都市において、特に若い世代のアイデンティティは明瞭な境界線を引くことが難しい。これは非常に厄介なテーマである。ミン・ウォンはこれに挑戦すべく、ひとつの境界を設定した。1950年代~1960年代のシンガポール映画黄金期を用いて基準を描き、それにより「映画」を文化的、社会的アイデンティティの象徴として掲げたのである。

IMG_0350.JPG

第一展示会場では、部屋一帯にガラス製の長いテーブルが設置されており、その中に半券、チラシ、新聞の切り抜きなど、映画にまつわる思い出の品々が大量に封じ込められている。どれも柔らかに変色して、時の流れを感じさせる。50年代~60年代の20年の間に、シンガポールには欧米の映画文化が怒濤のごとく流れ込み、それに合わせてジェンダーや社会という意識が高まっていった。この作品はそんな時代のタイムカプセルなのだ。これ見る者は誰しも、現代と重ね合わせずにはいられないだろう。

IMG_0349.JPG

他の3つの部屋を使ってミン・ウォンは、ミスキャストと模造という手段を用い、自国の映画という概念の再構築を試みている。P・ラムリー、ダグラス・サーク、ウォン・カーウァイという3人の著名な映画監督の作品を素材に扱い映画ファンを挑発する。違和感に満ちたこれらの模造作品を鑑賞すると、言いようのない混乱が頭を支配する。

IMG_001.jpg

ウォン・カーウァイの「花様年華」からの1シーンでは、主役である男女が両方とも同じ女優によって演じられる。同じシーンを演じた3つのテイクが、3台のスクリーンに同時に映し出される。片言の広東語が反響して生み出す不協和音の中でこの作品を鑑賞していると、ほとんどシュールとも言える感覚にとらわれる。この作品で最も強く打ち出しているのは、文化の必須条件としての言語だが、深く掘り下げてゆくとそれ以上に我々が感じさせられる疑問が見えてくる。明瞭な発音というものは、我々が文化と呼ぶものに対してはほんのうわべに過ぎないのではないかと。

IMG_0354.JPG

本展「ライフ・オブ・イミテーション」は、過去と現在、現実とフィクション、記録されたものと新たに生み出されるもの、それらの境界についての展覧会である。痕跡を辿り、疑問を投げかけ、そして恐らくは、アイデンティティのルーツについていくつかの答えを示す展覧会なのである。多くの人が無視している領域に踏み込み、我々のアイデンティティの複雑さを露にする。アイデンティティというものがどれほど頻繁に、無意識のうちに複雑に織り合わされ、個から全体へと結びついていくものなのかを明らかにするのである。

ミン・ウォン「ライフ・オブ・イミテーション」
会期:2010年4月22日~8月22日
会場:シンガポール・アート・ミュージアム
住所:71 Bras Basah Road, Singapore 189555
TEL:+65 6332 3222
http://www.singart.com/exhibitions/details.php?id=45

Text: Rachel Alexis Xu
Translation: Shiori Saito
Photos: Rachel Alexis Xu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE