クレマチスの丘

PLACEText: mina

美術館・花・食をテーマに2002年に静岡県・三島近郊にオープンした「クレマチスの丘」。ここは北に富士、南に駿河湾を望む文化と自然が一体となった複合施設だ。2009年10月にオープンし注目を集める「IZU PHOTO MUSEUM」もここにある。

© Clematis no Oka
© クレマチスの丘

クレマチスは北半球を中心に約300種が自生するつる科の植物で、江戸時代には伊藤若冲の日本画やヨーロッパの印象派の絵画の中でも描かれた花だ。200品種のクレマチスが咲き誇るクレマチスガーデン、自然公園などの手入れの行き届いたガーデンのほか、ヴァンジ彫刻庭園美術館、ベルナール・ビュフェ美術館、ビュフェこども美術館、井上靖文学館、リストランテ プリマヴェーラ、テッセンなどのレストラン、ミュージアムショップなどが点在している。

Vangi Sculpture Garden Museum © Clematis no Oka
ヴァンジ彫刻庭園美術館 © クレマチスの丘

ヴァンジ彫刻庭園美術館」は、イタリアの具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの世界唯一の美術館として開館。2010年現在、79歳の現役作家だ。2つの庭園と館内に29点、計46点の作品が展示され、今後も新作が増設される予定だ。2002年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。石、大理石、金属の組み合わせ、木、異素材のはめ込みなどで作品を制作。彫刻は360度作品を楽しめ、左右からの表情も異なる。ヴァンジも立体である彫刻だからこそ平面ではできないことにトライしている。

Bernard Buffet museum © Clematis no Oka
ベルナール・ビュフェ美術館 © クレマチスの丘

ベルナール・ビュフェ美術館」と「ビュフェこども美術館」は、『絵画は、それについて話すものではなくまた、いろいろ分析するものでもなくただ感じとるものである』としたフランスの画家、ベルナール・ビュフェの作品を2,000点も所蔵する美術館だ。その数は、世界一のコレクションを誇り、黒い描線と抑制された色彩が特徴だ。クレマチスの丘が複合施設としてオープンする以前の1973年に創設された。ビュフェこども美術館とは、ものに触れながら遊べる美術館のことでフランスの台所のようなミニキッチンでままごとができたり、ビュフェの絵画に出てくるピエロの衣装を着て、こどもが額縁の中で写真撮影をすることができる。

inoue.jpg
井上靖文学館 © クレマチスの丘

井上靖文学館」では、「闘牛」で第22回芥川賞、「おろしや国酔夢譚」で第1回日本文学大賞などを受賞した、沼津中学(現・沼津東高校)出身の文豪作品を展示。代表作に「しろばんば」などがあり、「風林火山」など数多くの作品が映像化されている。沼津倶楽部の側に文学碑があり、伊豆の湯ヶ島には井上靖旧居跡なども存在、“ふるさと” 沼津をこよなく愛したことで知られる。

© Hiroshi Sugimoto / IZU PHOTO MUSEUM
© Hiroshi Sugimoto / IZU PHOTO MUSEUM

IZU PHOTO MUSEUM」は現代写真家の杉本博司設計で2009年10月に開館。古い写真から現代写真まで、また芸術だけでなく今まで芸術の中では語られてこなかった写真から、写真にまつわる現代美術、現代作家までを取り扱うミュージアムだ。現在は『時の宙づり 生と死のあわいで』が2010年8月20日まで開催されている。

purimavera2.jpg
リストランテ プリマヴェーラ © クレマチスの丘

2010年4月にリニューアルオープンした日本料理「テッセン」では、夜は鉄板焼き、ランチは季節のお膳のお弁当を食せる。1階は軽食、甘味専門なので気軽に利用できるスペースだ。その他、ガーデン内にはガーデナーズハウスがあり、散歩の休憩にハーブティーなどもいただける。また、本場ナポリピッツァの「チャオチャオ」や、イタリアンレストランの「リストランテ プリマヴェーラ」、ヘルシーフードのカフェレストラン「ジオノ」なども点在している。

nohara_satuei01.JPG
ミュージアムショップ NOHARA, Photo: mina

ミュージアムショップ NOHARA」は、都会の独立系書店のような個性的なセレクトによる様々な本やデザイン雑貨などが購入でき、クレマチスの丘を訪れた際には立ち寄りたい場所のひとつ。なお、全館ともに開館時間は季節により異なるのでサイトで確認してから出掛けたい。クレマチスの花の見頃は5〜6月、8〜9月だということだ。

クレマチスの丘
住所:静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1
営業時間:季節により異なる
休館日:水曜定休(祝日の場合はその翌日)
TEL:055-989-8787(コミュニケーションセンター)
http://www.clematis-no-oka.co.jp

Text: mina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE