折形デザイン研究所の新包結図説展

HAPPENINGText: mina

東京・青山にある「Shop様方堂」の活動母体でもある折形デザイン研究所が生み出す新しい時代の包結図説、そのはじめての展覧会が2009年11月から12月にかけて十和田市現代美術館で開催された。観光シーズンでないこの時期の動員数としては異例の、1ヶ月で3,000人を越える来訪があり、大きな反響を呼んだ企画展だ。

IMG_2160s_1.jpg

折形デザイン研究所・代表の山口さんが古書店で出会ったという、江戸時代中期の有職故事家・伊勢貞丈の著著「包結図説」は、贈り物を包むときのルールや水引の用い方などを説明した“包みの記”と“結びの記”がセットになったもの。格上の方に贈るときに用いる紙の種類、吉凶による水引の色、包むものによって変わる結び方、折りの手順など、変体仮名で贈与のルールと折形の展開図が記されている解説書だ。

IMG_2199s_1.jpg

人はなぜ贈るのか? 人はなぜ包むのか? そんな疑問とともに折形の造形美に魅せられた山口さんは、折形デザイン研究所を立ち上げ、折形の研究という現在の活動に至る。十和田市現代美術館での「折形デザイン研究所の新包結図説展」は、折形の背景に潜むその意味性を、折形デザイン研究所の解釈で展示したものだ。なぜ、包みたくなるんだろう。なぜ、結びたくなるんだろう。そういうことを贈与の問題を通して研究してきた、これまでの集大成でもある。

IMG_2184s_1.jpg

日本古来の礼法である折形には、実に多くのサインがその幾何学的な造形、紙質、水引の色、結び方、包み方などによって表現されている。誰に何をなぜ贈るのかが、折りの手順を通しても伝えられてきたわけだ。その名残は、吉凶によって包み方や匂い(色合わせ)が異なるというように、現代にも受け継がれている日本の伝統文化でもある。ものの数だけ折形があると言われ、さらにその中には真行草という格が存在し、同じものを包むにも包み方が異なったそうだ。武家の礼法であったことから“切る”ということを極端に嫌い、包むにあたって刃物は使用してはいけないというルールがあったという。それらのルールを守った上で、包むもの、贈る相手、贈る意味によって折形はさまざまにその形を変え、贈る人の想いを届ける媒介となった。

2294s_1.jpg

十和田市現代美術館での展示では3つの空間から構成された。まず最初の空間では、壁面横一列に折形の雛形を展示。複雑な折形の折り順が開いた後にもわかるように○△□の割り印を入れ、それもグラフィカルな要素として楽しめるように工夫を凝らしている。

2340s_1.jpg

これらは小笠原流巻物にあったオリジナルの折形を再現したものだという。折形を見れば、何が包まれていたかを現代の私たちでも推し量ることができるわけだ。例えば、「下帯包み」という折形が存在することで、フンドシが江戸時代に贈与に使用されていたことをイメージできるように。目の前のリアルな折形が呼び覚ますイメージは時空を越え、当時の贈与の情景を脳の中でリアルに再現させる。折形の前で鑑賞者は、古来の贈答のイメージを現代の生活と重ね合わせ反芻したことだろう。また、“結び”を紐解いていくと、男女の“結び”に繋がるのではないかという、折形デザイン研究所のひとつの解も合わせて展示された。

IMG_2201s_1.jpg

次のスペースでは6畳くらいの空間に畳を敷き、靴を脱いで鑑賞するスタイルをとって「小笠原流巻物」を展示した。この巻物には贈り物の差し上げ方、受け取り方が記載されている。昔は馬を贈る風習があり、引き出物というのは馬を引き出して、差し上げるということが由来だというようなことも、そこには紹介されているそうだ。

IMG_2243s_1.jpg

最後の空間では、これまでに折形デザイン研究所が学んできたことを、どのように現代化するかの試みが展示された。「Fold IN Fold OUT」は、山折りと谷折りを折りかえることで生まれるバリエーションを色つきでデザインした展示だ。またもうひとつは、折りたたむ形の途中、つまり、平面から平面へ移動する途中の形がとても美しいことから、鉄板でそれを彫刻的に展示した作品となった。

ホワイトキューブという人工の子宮の中で、世界の始まり、宇宙の始まり、命の始まりに繋がる“結び”と関係の深い折形を展示したという今回の企画展。興味のある人には今回の展示内容をまとめ、さらには、包むことは何かが生まれることとの繋がりにも関係性があるのではないかというような、人類学的な見地から包むことの意味性にまでも言及した「折形デザイン研究所の新・包結図説―つつむ・むすぶ・おくる 」(折形デザイン研究所)も出版されている。

また、4月15日から開催される「Takeo Paper Show 2010 / 感じるペーパーショウ」では、折形デザイン研究所によるワークショップ「紙の学校」が開催される予定だ。

折形デザイン研究所の新包結図説展
会期:2009年11月7日~12月6日
会場:十和田市現代美術館企画展示室
主催:折形デザイン研究所+十和田市現代美術館
協賛:MOLZA株式会社
会場構成:小泉誠
http://www.origata.com

Text: mina
Photos: Yosuke Otomo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE