ウェットサウンド

HAPPENINGText: Victor Moreno

もしかしたら、音楽を聴きながらダイビングするという考えが胸をよぎった経験があるかもしれない。今、この瞬間に、アップル社のエンジニアが水中iPodを開発しているかもしれないが、そのような経験を楽しみたいなら、ウェットサウンドがその選択肢となるだろう。このウェットサウンドを提唱しているジョエル・ケヘンは、ブリティッシュカウンシルが支援しているロンドンを拠点にしているプロモーターで、ヨーロッパ中を巡回興行しており、2010年にはさらに拡大していく予定である。

3.jpg

このプロジェクトを始めた経緯を教えて下さい。

2002年からロンドンでいろいろなアートやサウンドイベントを行ってきました。友人が水中スピーカーで音楽を演奏しているスパに最近行ったという話を聞いたときに、公共のアートスペースとしてプールを使用してサウンドアートイベントをやってみようと思いました。

4.jpg

なぜ水中では波動がよく伝わるのか簡単に教えてもらえますか?

水は空気よりも緻密で音を空気よりも早く伝えます。また、通常の音伝導メカニズムや内耳を刺激する過程を大きく回避して、頭蓋骨に直接音を認識させます。この方法により、音をはっきりと詳細に認識できるようになります。これは鯨が長距離でコミュニケーションを取る方法と同じです。

11.jpg

ウェットサウンドは、聴衆は特殊なゴーグルや酸素ボンベなど提供され、バンドがステージの代わりにクリスタルカプセルの中に入って演奏する水中のショウということですか?もしくは、メジャーなバンドに妥当な予算があれば、そのようなショウが可能ということですか?

実際にはそのようなことを考えましたが、予算の問題とは関係なく解決が必要な技術的な障害がいくつかあります。聴衆がそのような器具で心地よくなるとは思えませんし、呼吸音が騒々し過ぎますよね。現在は、スキューバのパフォーマンスアーティストを探しています。人間がエラをもっていたらなってね。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE