カット・アンド・ペースト・アムステルダム

HAPPENINGText: Lotje Sodderland

世界的に広がるオタク・ワールドに、ストリートダンスのバトルの風を吹き込んでいる「カット・アンド・ペースト」は世界中の開催地で満員を達成し、多くの観客に興奮と熱狂の渦を巻き起こしている。

有名なキッド・ン・プレイの映画「ハウス・パーティー」の「ダンス・オフ」(1990年)に対抗しようという流れもあり、「カット・アンド・ペースト・アムステルダム」は現在の主要カテゴリーである平面、3D、映像という3大分野で活躍するデザイナーの間で行われた対戦イベントである。それは、まさに6月にニューヨークで行われる世界大会への出場権を競うというものとなった。

カット・アンド・ペースト・アムステルダム

今回4年目を迎えたこのイベントの設立者のジョン・フィオレリはこの対決を3Dや映像の世界で活躍している優秀な人々が参加できるよう展開していくことを決め、対戦者や、可能性ある技術の繋がりがある新しい世界に思い切って踏み込んだ。

初めて行われた対決では、「チェンジ」というコンセプトに基づいたレコードジャケットを制作するという指示の下、ジョディ・ニーウエンダイクが興奮した、剣を振り回すスケートボードに乗ったサンタクロースによって7人の相手を2ラウンドで倒した。

カット・アンド・ペースト・アムステルダム

3Dの対戦者たちは、強力なワコムのペンを使って、第1ラウンドのテーマ「スーパークラフト」と第2ラウンドのテーマ「ダッチ・ディライト」を対決。事前の準備のない状態で、1ラウンドにつきたったの15分という条件のもと、中国人参加者のマオ・リンによる乳搾りをする女性の胸の作品は観客を騒がせた。

私たちが個人的に注目していた多機能スーパーボットの ジェオフ・リレモンはピープルズ・チョイス賞を受賞し、大賞はブラジル人のドラウジオ・フォンセカ・トロノローネの大胆なビールの出る牛の乳の作品に送られた。

カット・アンド・ペースト・アムステルダム

そしてついに割り当てられた準備期間をフルに使い、8時間も連続で3Dに打ち込んだハードコアなクリエイターたちの戦いも終了した。その中のひとりは技術的な失敗や評判への混乱によって勢いを失い、対戦者間に提供されたユーモアセンス不足のレベルを想像することしかできなかった。

かわいらしいネナ・チェリー風のMCレディーによって優勝者は「ショウ・ミー・ザ・マネー」というテーマの解釈がすばらしかったトム・ヘラエッツと発表された。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE