ジンジャーブレッド・モニュメント

THINGSText: Vicente Gutierrez

ジンジャーブレッド・モニュメント は、スウェーデンの写真家クララ・キャルストロムの新刊だ。2008年10月に自費出版し、最近では日本でも手に入るようになったジンジャーブレッド・モニュメントは、メモや日常生活のなど周りの環境にあるもので一杯にした靴箱のようなもので、それを再構築して仕上げた120ページからなる本である。

ジンジャーブレッド・モニュメント

儚いものを再構築してドキュメンタリー化していくというスタイルは、キャルストロムが自身のスタイルに断片的なものとして反映させている。『ピカっと光るフラッシュは、夜間の木の光合成を停止させるものを想起させます。シャッターを切る指は、その光景から何かを生み出します。写真はその瞬間にだけ存在しているものー雪だるまや床に落ちているホイルした花、壷を乗せた車ーを永遠にするのです。それがつまりジンジャー・ブレッドです。』

ジンジャー・ブレッド

写真そのものは、物事や生活に対する自身の興味から生まれた物語というコントロール下にある何かとして使用される、ひとかけらだ。

ジンジャー・ブレッド

本の最後のページには、スウェーデン人のビクトール・ヨハンソンによる詩が英語訳付きで載せられている。クララヘ、『彼の詩と私の写真は、同じ世界を共有しています。』

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE