チャプター 1

THINGSText: Nils Kasiske

チャプター1

「チャプター 1」は、ハンブルグに拠点を置く出版社「Gudberg」と「Colortrip」との初の共同出版された本。
それを最初みた時、よくあるグラフィティ本だと思ったが、実際はそれを上回るものであった。最も破壊的なドイツのあるグラフィティアーティストの、そして彼の旅行についてのミニマルで実用的な日誌である。

チャプター1

『グラフィティもしくはストリートアート —何とでも呼べば良いが— は、私にとってそれはただ、さまざまな色、さまざまな場所、さまざまな状況であって、そしてそれは結果である。』とは、この本に対する彼のコメントである。彼の発言から、この本が真っすぐで端的で、明確な発言や文章のない、ミニマルなものだというのがわかる。ハンブルグ、ベルリン、ニューヨーク、サンパウロなどの都市でこれまで20年近くストリートで撮影された彼の写真作品が収録されていた。

チャプター1

彼は、自身の独特なスタイルを作り出した。彼の作品やキャラクターのほとんどは小規模だが、グラフィティの世界では有名である。そしてその作品には、しばし、短くて明確なスローガンを付け加えている。「私はアートスクールへは一度も通ってない」「30年の犯人」「不死の無法者」「ジョナサン・ミースより良い」など。ジョナサン・ミースは彼の故郷ハンブルグ出身の世界的有名なアーティストで、既に大きなギャラリーで活躍している。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE