マシュー・ディアー

HAPPENING

記事に取りかかっていたら夜も更けて来た。ノースウェストの雨期特有のヒドい催眠術に掛かった身体は完全にオーバーラン。聞くところによると、この気候が1年の内の9ヶ月を占めるという。自由な時間は寝過ごして費やす。決して疲れているわけではないのだが、むしろドンヨリとした朝に起き上がる気力が湧かないのだ。カリフォルニア出身者の弱点ということにしておこう。

Matthew DearMatthew Dear


このライブを逃さなかったことを神に感謝。珍しくも5日前になってライブのことを知った。マシュー・ディアーやテレフォン・テルアビブのことは以前から知っていたし、彼らは名の知られた尊敬を集めるアーティストでもある。しかしながら、どういうことか今回のライブはどの話題にも出てこなかった。まるで値しない聴衆の耳によって汚されたくないが為に非公開に徹しているかのように。

チケットを手にした人々で入り口の混み合った夜になるだろうと予測し、(ちなみに持っていない)9時頃までには辿り着けるように心がけた。 ホロシーンに着いてみてびっくり。全く列がない。文字通り「全く」ないのだ。入り口にスタッフの姿もない。さて、ここで計算をしてみよう。その方がもっとおもしろく、トニー・ロビンズのセミナー帰りの重役社員のような気分になるしね。

行列無し + ドアマンもいない = 入場無料 = ハッピー!

そんなわけで、支払わずに済んだ10ドルを手に、バンドに直接募金しようか、もしくは地元の赤十字にするべきか考えてみる。そして思いついた。このお金は地元の為に費やしたいと。ふと目をやると、そこには生ビールのタップを発見、そうか、これだ!地元の役に立ちながら、同時に日々の勤労の慰労を楽しむ!ベクトルは定まった。

まだ少し早い時間帯ではあったが、場内はスタッフを除いてたった30人を数える程度。夜が深くなるにつれて、その数は200~250名までに膨れ上がった。素晴らしい夜に相応しい結果であろう。それでは、今夜のラインアップについて話を進めていこうか。

まずはアロハン。地元ポートランド出身のラップトップ・プロデューサーは良質な音楽を届けてくれた。開演前の短い時間にちょっとした愚問を投げかけてみる。やっぱりマシュー・ディアーやテレフォン・テルアビブと同じステージに立つのはかなり興奮するかな?彼は笑いながら緊張するよと答えてくれた。とても物腰柔らかで、準備の方は十二分に整っている様子。今夜の為にヴォーカルを入れたステージをいつもよりも多く試してきたという。彼の後に続くヴォーカル・フレンドリー・ミュージックに気を使ったのだろうか。
アロハンの音楽はとても良かったが、1つだけ付け加えておきたい。彼のステージを説明すると、ラップトップのキーを叩きながら強い呼吸音混じりの声をマイクに注ぎ、実に軽やかな方法でシンセのつまみを微調整するミクスチャー音楽。ミニマルでテクノハウスとも言えるし、そのどちらでもないかもしれないし。決め付けやジャンル分けで苦労したことのある自分としては、それが一番しっくりくると思うのだが。とにかく、彼のビートやトラックはとても清潔感に溢れ、すごく上手くリミックスされていて、時間が経つにつれて聴く者を楽しませていった。

Matthew Dear

続いてテレフォン・テルアビブ。今夜は彼らのセットをかなり心待ちにしていた。これまでずっと、彼らに注目して過去の音も聞き込んできたが、宗教色を帯び、ファン好みに偏った音を聞いたことはない。準備の段階から胸が高鳴る。2台のシンセを従えて、幾つかのミキサーにラップトップといった構成。館内の明かりが落ちて、両脇からのプロジェクションを背後に浴びながら彼らはステージ上に姿を現した。率直に話して、黒いフードを被って登場した彼らには少々がっかりとさせられた。でもこれが、彼らが衣装として配慮したのであれば、ストライクONE。

スタートと同時に周囲の聴衆と同様に自分も高揚し始めた。けれど、また一言付け加えなければならない。彼らのステージは眠気を催させるものであったと。きっと新しい音であったのだろうけど、全てが聞き覚えのない曲ばかり。一握りの人々を除いて皆が、この極端に音量が少なく聞き取りにくいボーカルを擁した新曲を理解するのに苦労していた。退屈だった。そうさっ、ストライクTWO。最悪なのは、彼らは1度も聞き覚えのある曲を演奏せずに、そしてそれは、以前から彼らを知る他の観客にも当てはまったのである。ストライクTHREE。悲しいことにとても失望させられるライブであった。アロハンが心地よく切り開いた夜を、驚くことにテレフォン・テルアビブがぶち壊してしまった。

そんな消化しきれない気持ちで、2杯目のドリンクを求めてバーへと向かった。今となっては、5分前の失望への埋め合わせをマシュー・ディアーに期待するのは自分だけではないはず。そして彼らはそれに応えてくれた。大好きだよ、マシュー。

Matthew Dear

マシュー・ディアーのステージには驚愕させられた。情熱に溢れ、野性味に満ち、とにかく楽しい!素晴らしいバンドメンバーを脇に従えながら演奏に興じる彼を写真に収めながら、その全てを満喫した。あっ、そうだ、ドラムとベースとのコンビネーションの完璧さにも触れておこう。演奏技術に脱帽したことのみならず、音楽、特にライブ音楽としての完成度を上げる貢献度として特筆物であろう。ただただ完璧。ライブ演奏が魅力的な理由は明快だ。彼らが何をどうやって演奏しているのか見ることができるから。

繰り返しになるが、テレフォン・テルアビブもマシュー・ディアーもまるで教会での友達以上に親近感を覚える。しかし、それは時を重ねながら変わって来ているようだ。これまで聞いてきたレコーディングを通して、そこにはモリッシーを感じ、デビッド・バーンもさながら感じ取ってきた。皆が同等に羨ましい程に強烈な存在感を誇示している。なによりも、マシュー・ディアーがジャムセッションを拒まずに、自らシェイカーやタンバリンを使って参加していたこと。そしてアンコールまでも披露してくれたのだ。これ以上にいったい何を望もうか?

もう一度言っておこう。マシュー・ディアーのステージは無条件に素晴らしかった。演奏、音楽、何もかも全てが。これからの期待も弾むし、彼ならきっとそれに応えてくれるであろう。また、アロハンにしても、この街での楽しみを増やしてくれる、良い意味での驚きを提供してくれた。さて、特にこれからテレフォン・テルアビブのステージを経験する人には、今夜の彼らは「off」だったということにしておこう。ずーっと知り合う前から友達だったような気持ちを抱かせてくれる感じ。まだまだたくさん追いかけるものがここにはありそうだ。それではまた次回。

Matthew Dear, Telefon Tel Aviv & Arohan
日時:2008年10月9日
会場:ホロシーン
住所:1001 Se Morrison, Portland, OR 97214
電話:503-239-7639
http://www.holocene.org

Text and photos: delilah.loves.you
Translation: Yoshitaka Futakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE