KVLTマガジン

THINGS

SHIFTガールズスナップを手がけてくれた「KVLTマガジン」はシンガポール生まれのウェブマガジン。中心となる3人のメンバーである、リーヤス・オン、ロハイザツ・アザー、ナズドラ・ソフによっておよそ半年前に制作がはじまった。
アート、ファッション、ミュージックにフォーカスを当てた、新しくてフレッシュなオンラインマガジンであり、アジア全域からセレクトしたハイクオリティーなコンテンツも逃さない。SHIFTはKVLTとストリートスナップでコラボレーションを始めるとともに、KVLTの全てを明らかにしてくれるであろうメンバーのナズドラ・ソフにインタビューを行った。

kvlt.jpgKVLT Magazine

まずはじめに、KVLTについて教えてください。スタートはいつでしたか?


オンラインマガジンを立ち上げようという案が出たのは半年前で、私たち3人がシンガポールの雑誌のあり方にうんざりしてた頃です。私たちは同世代に誇れる、アジアの才能が活かされてるようなワクワクしたクリエイティブな雑誌を作りたいと思いました。

KVLT Magazine

KVLTのメインスタッフを紹介してください。また何人くらい参加しているんですか?

中心となるチームは、リーヤス・オン、ロハイザツ・アザー、ナズドラ・ソフの3人です。その中でも私だけ8月で大学を卒業したのでフルタイムで働いてます。私たちはそれぞれ違った志向を持っていることで、自然と引き寄せられているのです。リーヤスは音楽、ロハイザツはファッションで、私はアートとデザイン。私たちの美意識はとても似ていて、お互いが思いつくものが好きになれるのが素晴らしいことと思います。

最近、編集作業のアシスタントが2人入りました。彼らは未だ美術学校の生徒ですが、彼らのクリエイティビティは凄い力になっていています。それから、写真家、イラストレーター、スタイリストなどの数え切れないほどのコントリビューターがいます。

KVLT Magazine

どのような世代、職業の人をターゲットとしていますか?

クリエイティブな業界であったり、それに意欲的なところに向けています。世代は18歳から35歳。アートの世界や、デザイン、音楽やファッションに興味を持つ人ならKVLTで何か見つけられると思います。アジアが今どのように開花していて、この先どうクリエイティブシーンで発展していくのかが待ち遠しいという人はKVLTを気に入ってくれると思います。

KVLT Magazine

読者からの反応をどうやって得てますか?

沢山の意見やサポートをメールでいただいています。また、読者が考えやコメントを残せるようにスピークボックスもウェブ上に用意してます。それにマイスペースとフェイスブックも読者と連絡を取るのに便利です。メーリングリストもあります。

どうしてウェブマガジンの形をとったのでしょう?ウェブマガジンのどんなところが魅力的だったのですか?

一番はコストがかからないということです。独立しているし。無料で世界と繋がれる(少なくともネットが繋がるところはね)。独立したメディアを持つということは、とりわけシンガポールでは重要です。新しい観点を手に入れることが渇望されているし、総合して政治的・商業的モチーフと結びつかない。私たちはこのウェブマガジンを本当の雑誌のように作り上げたいのです。本当にページをめくるような、ね。
私は印刷の時代が終わったとは思ってませんが、ネットでは印刷でできないことができます。動画だったり、リンクだったりね。

KVLT Magazine

毎号どのように制作しているのですか?そのプロセスを教えてください。

だいたい1つの号を制作するのに7週間かかります。最初の週はブレインストーミングとリサーチ。2~4週目はインタビュー集めとコントリビューターのコーディネート。5~6週でピンチが。例えば時差で記事が遅れるとか。編集もアーティストもプロダクトもここが力の合わせ時です。最後の週はレイアウトで死ぬほど忙しいです。アートチームのコントリビューターを困らせたり、締め切りを過ぎた記事にマジギレすることもあります。 (笑)
毎号はいつも前の号で予告しています。8月の号は7月27日に上がりました。

ストリートスナップは、主にシンガポールで撮影しているのですか?

そうです。今後はSHIFTも協力してくれるので、日本からも加わりますね。今グローバルに活動しようとしているところです。世界中から親切な読者がKVLTureにオファーをくれるのでクレイジーでオシャレでマッドフォークな要素をそこで見つけられるでしょう。

KVLT Magazine

毎月のテーマに沿った質問をする理由は?

他のストリートスナップの企画みたいに「何を着ていますか?どこで買いましたか?」というのはしたくありませんでした。
私たちが本当に興味を持っているのは、どうやってアプローチをかけて、ランダムに見える質問で驚かすか、ということなので。

シンガポールで人気のブランドとアーティストを紹介してください。

ブランドでいうと「Baylene」が一番好きです。生地が最高で縫製が奇麗で、シルエットが好きです。「Antebellum」も好きですし、「Pettifogr」や「Womb」もとてもいいです。
アートでは、パフォーマンス・アーティストのアンジー・シアーとコンセプチュアル・アーティストのヒーマン・チョンの作品が好きです。ミュージシャンは、MUON、Moods,、kuma。

記事のテーマ(アーティスト、デザイナー等)はどうやって決めていますか?

私たち3人で膨大な量のリサーチをした上でテーマについて話し合って決定します。
私たちの好みが凄くよく似てるので、将来的に何をやっていくかで普段口論したりはしません。お互いの好みを理解しあっているし、私たちが取り扱っているのはそんなに信用性を重視するようなものでもないので。でもガイドラインはあります。「素晴らしい(かつ自然な)作品をつくりあげること」それと「無茶しすぎないこと」。私たちは自身を確立するのに時間や痛みを要し、広報手段を持ち合わせていない人々を応援しています。

KVLTをどのように発展させたいですか?

将来的には、ビデオインタビューやエキシビジョンやイベント、商品開発にも挑戦してみたいですが、今はこのウェブマガジンを作り続けることと、ネットで一番の新しくてワクワクするようなサイトにしたいです。

KVLTはあなたにとってどんな意味を持ちますか?

KVLTとは、学歴的な意味ではない知性、エリートになるということではない不明瞭さ、気まぐれではない温かみを持った明かりなのです。KVLTであるということは、先ほど冗談で言いましたが「無茶しすぎない」範囲で、皆が良く知るギグで子供になりきるということです。音楽やアーティスト、ブランドについては博識だけど、決してその知識に溺れないと思っているような。

KVLT Magazine
kvlt@kvltmagazine.net
www.kvltmagazine.net

Text: Kazumi Oiwa
Translation: Haruka Kibata

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE