WROアート・センター

PLACE

ポーランドのヴロツワフにある、秀逸な現代アートとメディア、テクノロジーの機関。

WRO Art CenterWRO Art Center
WRO Art Center entrance. Photo by Michal Szota

WROアート・センターは、ポーランドのヴロツワフにある、秀逸な現代アートとメーディア、テクノロジーの機関であり、国際メディア・アート・ビエンナーレ、WROによる恒久展示・研究施設として新しく設立された。


活動はWRO メディア・アート財団に基づいて運営されている。1989年から、財団はコミュニケーションツールの発展に関連した現代アート的な試みを発表する国際規模のイベントとして、WROビエンナーレを開催している。技術の創造的な活用を促進しながら、展示会や上映会、マルチメディアコンサートやパフォーマンスといった幅広いアートの分野で魅力的なアート・プロジェクトを推進してきた。

WRO Art Center
A part of the Media Kindergarten installation by Patrycja Mastej, Dominika Sobolewska and Pawel Janicki (2008)

WROによる展示には、ステラークロバート・カエンジャロン・ラニアージェフリー・ショーロラン・ミニョノー、クリスタ・ソムラーといったヴロツワフで活動してきた高名なアーティストが名を連ねる。また、阿部好志草原真知子ケイジ・ナカムラ沖啓介の参加した「Mediation/Medialization」(2000年) を含めた多くの展示会も企画しており、「virtual reality」(仮想現実) や「medialization」(メディア化) といった新しいポーランド語も生み出している。特別企画としては、NHKのデジスタ・アウォードからの作品を集めた「Digital Japan Exhibition」(2003年)、藤幡正樹らの作品を集めた「The Other Book」(2005年)などが挙げられる。開設当初から、多くの人々を魅了し続けているイベントである。(2007年WROビエンナーレの会期中には2万人が参加)

20世紀初頭のオットー・シュタイプラーのコーヒー・ロースト工場の屋根裏は、このWROアート・センターの700平方メートルのスペースとして、現代アートの表現の場に非常に適合している。建物の改修の際には、公共スペースとして作品を発表するのに適した大型スクリーンとなるガラス製のファサードが設置され、(垂木の枠組みを含む)修復されたインテリア要素と組合わさっている。

多目的ギャラリーや研究スペースは、異なった種類のイベントの同時開催を可能としている。研究活動と共に、WROアート・センターでは、書籍の出版やプロジェクトの普及、教育関連にも力を注いでいる。

WRO Art Center
A part of the Interactive Playground exhibition by Patrycja Mastej, Dominika Sobolewska and Pawel Janicki (2008)

子供達に焦点を当てた展示会を立ち上げたことは、WROアート・センターの活動にとって、最新のアート事情に詳しい人々に加えて新しい観衆を呼び込むことに関して大きな役割を果たしている。「Media Kindergarten」シリーズの幕開けとなった「Interactive Playground」は、子供達を対象としたインタラクティブ・メディアのインスタレーションとして、彼らのメディアリテラシーを育み、その教育を推進することを目的としている。会期中には、始めの2週間だけで1200名を越える来場者を数え、今後、ポーランド国内外を巡回することになる。

WRO Art Center
A part of the Interactive Playground exhibition by Patrycja Mastej, Dominika Sobolewska and Pawel Janicki (2008). Photo by Marcelina Halaś

2008年も様々なイベントが計画されている。以前にWROビエンナーレで取り上げられた、イゴール・クレンツやピオトル・ヴィルツコフスキー、そして、ナムジュン・パイクミロスワフ・バウカのソロエキシビジョンに加えて、昨年にWROから書籍を出版したヨゼフ・ロバコフスキのプレゼンによって幕を切ったレクチャーシリーズ「Art is Power」。さらには、「WRO Reader」と「Hidden Decade」の出版の準備も着々と進んでいる。

WRO Art Center
WRO Art Center, Media Reading Room. Photo by Zbigniew Kupisz

メディア閲覧室等の施設はポーランドや国際的なメディア・アート・コレクションへのアクセスを実現した。このコレクションには、ビデオアートや録音物、ネット上のプロジェクトを含める1970年代から現在に至るメディア・アートが収まっている。1989年から開始された徹底したポーランド・ビデオアートのコレクションはおよそ4000を数える。データベースは整然とデジタル化や修復が施されてアーカイブ化することによってメディア・アート作品を閲覧することを可能にしている。

幅広い感覚をメディア・アートや視聴覚の分野で養う、アーティストやキュレーターを対象としたレジデンシャル・プログラムもWROの活動の一端として行われている。2008年のアルザスとロウワー・シレジア地方の文化交流やアーティスト交換プログラムの一環として、WROではフランスから3名のレジデンシャル・アーティストを受け入れ、彼らの作品群はキュレーションの元で、WROのワークショップや制作後援に活用されている。

WROアート・センターは火曜日から土曜日の朝10時から夜6時まで開館している。尚、日曜日は昼12時から夕方4時までの開館となる。WROアート・センターでの全てのイベントは無料。

Art is Power:
ヨゼフ・ロバコフスキによる講義: 2008年4月1日18:30より
クリスチャン・ハブラーによる講義: 2008年4月25日18:30より

WROアート・センター
開館時間:10:00~18:00(火~土)12:00 ~16:00(日)
住所:ul. Widok 7, 50-550 Wroclaw, Poland
TEL:+ 48 71 344 83 69
info@wrocenter.pl
http://wrocenter.pl

Text: Alicja Grabarczyk
Translation: Yoshitaka Futakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE