イーストロンドン・アートウォーク

HAPPENING

去る4月21日、COMMENT ART主催、EAST LONDON ART WALKS に参加した。 COMMENT ARTは、ロンドンのアート情報を発信する団体で、特にここの発行する「East London art map」は、ロンドン全域のギャラリー情報と位置を細かく網羅しており、アート/デザインに興味のある人は必携のアイテム(PDFでダウンロードも可能)。このART WALKSは、COMMENT ART代表、リーン・バーバーが企画・実行しているイベントで、毎週末小さなギャラリーの集まるショーディッチとベスナル・グリーンで行われる。ガイドとともに、2時間で6~10ヶ所のギャラリーを歩いて周るツアーだ。『小さなギャラリーで日々起こるロンドンのアートシーンの変化を、もっとたくさんの人に感じてもらいたかったのが、このツアーをはじめた理由ね』とリーンは語る。

artwalks_01.JPG


今日のガイドは、自身も画家であり、ここイーストロンドンにアトリエを持つルシンダ。ツアーの参加者もさまざまで、アート収集が趣味の裕福そうなインド人の夫婦、南欧から来た若者カップル、出張の空き時間に、と言うベルギー人ビジネスマン、そ して私たち。全部で10名弱で出発した。このエリアのギャラリーの多くは小さく、また呼び鈴を鳴らしてあけてもらうスタイルがほとんどなので、見落としてしまいがち。短時間で多くを巡れるこのツアー(しかも道に迷うことなしに!)、かなりお得といえるだろう。しかも、全ての会場で、アーティスト、またはギャラリスト による展示の解説までしてくれる。といっても最初の2~3分程度で、あとはどうぞ自由に見てください、といったスタンス。ツアーへの参加の仕方も人それぞれだ。ガイドの話にじっくり聞き入る人、マイペースに行動する人。ツアーの途中で時間切れの人は、バイバイを言って抜けてもヨシ。あくまで自分のリズムで参加する感じだ。

artwalks_02.JPG

さっそく、興味深かったスポットをいくつかご紹介しよう。

イーストロンドンにおけるアートシーンの先駆者的存在であるギャラリー「White Cube」。丁度前日にジェシカ・ランキンの初の個展がオープンしたとあって、館内はなかなかの盛況。ジェシカは、アブストラクトでいて宇宙や自然を感じさせるピクチャーを、細かく美しい刺繍で表現するアーティスト。2階にはそのソースと思われるたくさんのスケッチが置いてある。世界中を旅して見た景色を、彼女だけの読み取り方でなぞっていく、その誠実さがにじみ出る透き通ったブルーの作品に、みんな言葉もなくじっと見入っていた。刺激的なこのエリアでも、ここ「White Cube」の圧倒的な存在感と選定アーティストのクオリティは、ずば抜けていると感じた。

artwalks_04.JPG

もうひとつ、面白い展示スペースがあるのが、「TEA building」。その名の通り、昔は紅茶の倉庫だった。ここに「HALES GALLERY」と「ROCKET」という2つのギャラリーが入っている。前者では、コミックアートのようなタッチを使い、辛らつに現代社会を描いてみせる注目のアーティスト、アダム・ダントの「Menageries and Monuments」展を開催していた。オランダの画家ブリューゲル的と言われるその巨大な絵の作風はかなりユニークで、観客はみな釘付けになっていた。後者ではドイツの作家ラース・ウオルターの「Drilled」展を開催していた。それぞれそれほど大きくはない展示スペースながらも、作家のチョイス、見せ方など、どちらも非常にワクワクするものであった。また、ビルの中にはギャラリー運営オフィスとアートブックストアも併設されていて、ビル全体が「何か起こっている」感に満ちた、イーストロンドンらしいスペースであった。

こうして次々とギャラリーを見てきたが、肝心の作品たちはどうかというと、ずば抜けたものからピンとこないものまで、端的に言えば玉石混合。でもその混合具合が、このツアーの最大限の楽しみである。大型美術館で、ハイクオリティがあらかじめ保障されている作品たちを見て回る合理性、それはそれで面白い。しかし、扉を開けるたびに、思いもよらぬ作品たちに出会い、「どうか」と自分に問うこと。回答はどこにもない。ただ、裸の自分の心と向き合う。能動的になること、それがこのツアーを楽しむポイントだ。小さな扉のベルを鳴らし、ギャラリストが笑顔でドアを開けてくれて、ギャラリーに入っていく。その度に知らなかったアートと出会う。

artwalks_06.JPG

最後は、このツアーのガイドであり、自ら画家でもあるルシンダのアトリエにお邪魔した。イーストロンドンのはずれ、なんの変哲もない古くて大きなビルの中にアトリエはあった。このビルをなんと総勢50名のアーティストが使用している。この辺りには、こんな建物がたくさんあるという。窓からは遠く、ロンドンの建設ラッシュのクレーンが見える。遠くを見ながら彼女は言った。『オリンピックが来るから、このあたりも再開発が進み、やがて私たちもどこかに行かなければならない。』『でも、どこに?』私が聞くと、『I don’t know(分からないわ)』と、彼女は肩をすくめて笑った。そう、生きている都市では全てが変容する。ここイーストロンドンも例外ではなく、何もかもが移り変わっていくのだ。イーストロンドンの「今」。たった5ポンドのツアーで、それを垣間見ることができた気がした。

EAST LONDON ART WALKS
日時:2007年4月21日
会場:Stand Point: John Holland and Fiona MacDonad “Dirty Nature” / White Cube: Jessica Rankin / La Viande: a group show “Half Seen” / BISCHOFF/WHISS: Olivier Millage “Muster to Custer or Else” / HALES GALLERY(TEA building): Adam Dant “Menageries and Monuments” / ROCKET(TEA building): Lars Wolter “drilled new paintings” / MUSEUM52: Valerie Hegarty “View from Thanatopsis” / Studio1.1: a group show “HOOT” / SEVENTEEN: Peter Davies, David Ersser and Graham Hudson “It was the best of Time Outs, it was the worst of Time Outs”
主催:COMMENT ART
TEL:020-7739-1743
info@commentart.com

Text&Photos: Sawako Kanematsu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE