パーラ・モード

PLACE

スイス、チューリッヒの赤線街で知られるラングストラッセに新しいアート発信地が誕生した。その名も「Perla-Mode」。ホテルに改装される予定の3階建て雑居ビルをそっくりそのままスイス人建築家が買い取り、今月より地元アーティストに破格の家賃で貸し出しすことになった。
「Perla-Mode」は布地・洋服屋だったときの店名に由来している。不動産価値が非常に高いチューリッヒ都心部でありながら、お金がないアーティストが作品を制作・発表したり各種イベントを催すことができるこのスペースは、チューリッヒのアートシーンには今までなかった貴重な場所となりそうだ。
2006年9月21日、テナントに入ったアーティストが集まり、オープニングパーティーが催された。千人近いゲストを迎え、各フロアで色々なイベントが同時進行で行われた。


雑居ビル「Perla-Mode」の正面入り口とフレイモンド・グス&Co.ギャラリー。


ストリートに面する一階には、フレイモンド・グス&Co.のファインアーツ・ギャラリー、ニーブスブックスのジンギャラリー、そして音楽家アヤナ・ドラキュラのアトリエがある。
フレイモンド・グス&Co.はジャン・クロード・ フレイモンド・グスがスイス人若手アーティストによる作品を専門に紹介しているギャラリーで、ジャン・クロード自身もアーティスト。2002年より「Les Complices」というプロジェクトを立ち上げ、 非営利を目的に地元アーティストの作品を自由な空間で紹介し続けて来た。

スイス一小さい出版社で、世界中からのアーティストを起用したジン・コレクションで知られるニーブスブックスは、一階のギャラリーの他に、二階にオフィスを構える。パーティー当日はフリーランスエディター・林央子さんによる 「here and there 2006 vol.6 UNEXPECTED TRAVELING ISSUE」の発売を記念し、服部一成デザインのポスターや本が展示・発売されていた。ベンジャミンのお母さんとお姉さんが特別に焼いて持ってきてくれたケーキやクッキーは大好評で、ショーケースの上に置いてあったのもつかの間、あっというまにゲストに食べられてしまった。


ニーブスブックスのギャラリースペース。ショーケースには過去のジンやアートブックがずらりと並ぶ。壁にはジンシリーズやロゴのポスターが。

音楽家アヤナ・ドラキュラのアトリエは木の家具や洋服に埋もれて誰かのうちのリビングのよう。壁一面にはポスターが貼ってあり、ふたを外したピアノが二台並んでいる。ここでは毎週木曜日にクラシックコンサートが催されており、パーティー当日もサックスとピアノの生演奏があった。アトリエのソファでくつろぐ観客、カーペットの上で夢中になって音楽にあわせて踊る子供たちの姿が、アットホームな雰囲気をかもし出していた。

後日訪れると、プラハ在住アーティスト、マーク・ディーヴォがアトリエを借りて作品を制作中だった。アンダーグラウンドシーンで有名なこのアーティストは、2002年にダダイズム発祥地「キャバレー・ボルテール」のビルを占領し、商業目的で取り壊される寸前だった歴史的建造物を守ったことでも知られる。


一見、古着屋に見える音楽家アヤナ・ドラキュラのアトリエ。

二階にはエスター・エップシュタインのメッセージサロン・ダウンタウンと広いバルコニーがある。


ラングストラッセ通りからの光でぼんやり照らし出された真っ暗なバルコニー。

メッセージサロンはエスター・エップシュタインがパートナーと10年前にチューリッヒ4区で始めたギャラリースペース。ユダヤ人であるエップシュタインの親戚が代々ここラングストラッセ界隈でビジネスを展開していたこともあり、ダウンタウン支店として「Perla-Mode」でメッセージサロンをオープンする事になった。パーティー会場ではアーティスト、ベッティーナ・ブローワーが記録した「Perla-Mode」とラングストラッセの映像が上演された。

三階にはマニュエラ・シュレンプとアディ・エラット率いる「Wartesaal」(待合室)という名のギャラリーが入居している。ここでは「Dark Asylum」という題でトーマス・ギャラーによる展示が催されていた。 Wartesaal も非営利を目的に若手アーティストを紹介しているギャラリーだ。


パーティーも盛り上がってきたころ、表通りに人だかりができはじめた。

蛍光灯に照らしだされたショーウインドーの中で、アーティストのアリエル・ツムシュタインとニクラウス・ルエッグがパフォーマンスを始めた。一人はインディアン、そしてもう一人はカウボーイの格好をして、白い台の上に首だけ突き出し、じーっと観客を眺めている。じっとしているだけで長いあいだ何も起こらなかったのでさっさと帰ってしまったのだが、あとになって聞いたところによると、インディアンとカウボーイの間で異人種間の議論が交わされたようだ。


パフォーマンスを見ようと「Perla-Mode」のショーウインドーに集まるパーティーゲストと通行人。
インディアンとカウボーイの衣装を着たアーティストのパフォーマンスに見入っている子供。

もう一つ見逃してしまったパフォーマンスに「真夜中のミサ」があった。これは自称レウモンド牧師なるアーティストが、パーティーゲストを拝礼者にたとえて宗教の儀式を真似た架空のミサを演じたもの。意味のない説教をしたり、パーティーゲストと共に主の祈りを唱えたりして、なかなか盛り上がったパフォーマンスだったようだ。

おとなしく封鎖的で知られるスイスでこれだけ自由な活動が出来るのも、赤線街という常識外れな土地柄でこそ実現できることなのかもしれない。これからも「Perla-Mode」から次々と新しいアートが発信されることを楽しみにしている。

Perla-Mode
住所:Langstrasse 84, CH 8004 Zurich, Switherland
TEL:+41(0)44 240 0481

Text and photos: Nem Kienzle

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
クォン・オサン
MoMA STORE