ホット・チップ

PEOPLE


アート界が提供するオルタナティブな祝典「スタート」の一般公開に先立つ私的公開の週末には、控えめに言っても失望させられた。よってこれを、夏休みを台無しにしたこの出来事をカバーする、都市のための再オープニングパーティと考えよう。

ホット・チップ 」は真新しいバンドではない。2004年に、メランコリーなシンセポップ、エレクトロニック・ファンク、ヒップホップの名残りをミックスした「カミング・オン・ストロング」をリリースした。このアルバムは主にジャーナリスト達やハードコアミュージックファン達の間で話題になり、様々な意見が飛び交った。彼らを最もフレッシュで期待された若いブリティッシュ・バンドと考えるファンがいる一方、刺々しく風刺的すぎると批判する懐疑論者がいた。その後2006年に、素晴らしいダンスレコードレーベル「DFA」からリリースとなった「ザ・ワーニング」で絶賛されて復活。繊細で且つ成熟し、サウンドに実験的な要素を加えた作品だ。

「ホット・チップ」のライブは素晴らしいアンサンブル。彼らは快活なエレクトロを共にしたハウスミュージックを得意とする。ファンクなリズム、キャッチーでまっすぐなシンセ、音のディテール。アレキシス・テイラーのハイピッチな声と、ジョー・ゴダードのバリトンのコントラストが心地よく、「ホット・チップ」を典型的なバンドとはとても思えない。そして彼らはパーティーというものを心得ていた。ゆるいウォームアップのあと、オーディエンスは踊り始め、ライブの後半に差し掛かるとヒステリックになった。会場のレインボークラブの壁が黒であったことが残念だ。この音楽はカラフルな環境にもっと映えるだろう。遊園地などがいいかもしれない。

Hot Chip

日時:2006年9月23日
会場:Rainbow Club
住所:Via Besenzanica, 3, Milano
http://www.hotchip.co.uk

Text and photos: Francesco Tenaglia
Photos: Francesco Rabottini
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE