岡本太郎「明日の神話」

HAPPENING


夏休み真っ盛りの7月8日〜8月31日まで、汐留で岡本太郎作「明日の神話」が公開されている。1960年代後半、「太陽の塔」がこの世に生まれたほぼ同時期に制作されるも、メキシコでずっと行方不明になっていた幻の巨大壁画。日テレ内のゼロスタ広場では、偉大な芸術家による伝説の作品を一目みようと、子どもからご年配の方まで、まさに老若男女が集まっていた。

いざ絵の前に立ってみると、黒地に赤がほとばしる色の痕跡に圧倒される。それでも僕たちは、ただ立ち尽くすばかりではない。原爆の炸裂の瞬間を目の前にしても、僕たちは確かにここに生きていて、この絵に何かを照らし合わせるのだ。

『タイトル「明日の神話」は象徴的だ。その瞬間は、死と、破壊と、不毛だけをまき散らしたのではない。残酷な悲劇を内包しながら、その瞬間、誇らかに「明日の神話」が生まれるのだ。』と岡本敏子さんは語っている。

遠くメキシコから持ち帰って、約一年かけて修復された桁外れのマスターピースは、時を超え、生き生きと何かを物語っていた。

熱い夏休みの会場は原色に溢れ、すっかりTAROワールドと化していた。「座ることを拒否する椅子」ならぬ「通ることを拒否する入り口」があったり、壁画を見てみなぎる気持ちをビデオメッセージに残したり、太郎を間近に喜々と遊ぶ姿が目立つ。中には「明日の神話」に触発され、5時間も絵の前に座り込んで、作品をつくりあげた美大生もいたそうだ。

糸井重里を中心に、横尾忠則や浅葉克己をはじめ、政治家から建築家、作家まで著名人が名を連ねた応援団「TARO BOATS」。日本をクリエイティビティで引っ張り続ける彼らが掲げる「BeTARO!」=「太郎になれ!」ということは、真似るとかではなく(それすらつけいる余地もないのだけど)、そんな太郎的なるものを感じようというメッセージなのだろう。

戦争をリアルに体験した方々や万博とともに夢を共有した彼らも、そして『芸術はバクハツだ!』といまだ強烈に耳に残る僕らや、名前すら知らないこれからの世代も、岡本太郎が表現してくれた圧倒的に透明でクリエイティブな気概の前には、同じ地平にあってつながれること。この実感は、半端なものではない。

第2日本テレビの番組「爆発屋」で「風とロック」の箭内道彦さんの『ここにこれがあっても“いいじゃないか”。一度そう思ってみると、枠にはまっている自分に気がつくんです。』というコトバが示唆するように、『太郎ならきっとこうするかな?』という感じが、『なら僕はきっとこうする!』という創造性を刺激するのだ。

こうして、それぞれの太郎ストーリーが生き続ける。だからこそ岡本太郎は、もっとも偉大な表現者のひとりなのだろう。

岡本太郎「明日の神話」
会期:2006年7月8日〜8月31日
   ※ 雨天・強風時は中止の場合があります
会場:日テレプラザ内ゼロスタ広場
http://www.ntv.co.jp/asunoshinwa/

Text: Yoshihiro Kanematsu
Photos: Kenjiro Nakano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE