クンストフラーイ 6

HAPPENINGText: Ania Markham

アムステルダムには規模や形式にとらわれずに、現代アートをつくるアーティストを支援しつづけてきた長い伝統があり、毎年ウェスターパークで行われる Kunstvlaai(クンストフラーイ)でどこよりもそれがはっきりと分かる。今年のクンストフラーイ 6 は、5月6日から14日に行われ、期待を裏切らなかった。

クンストフラーイはとても情緒あふれる(大きなガスタンクさえもある)ウェスターパークの旧ガス工場の建物で行われ、インターナショナルアートフェアは70以上のインスタレーションをフィーチャーする。参加者には、グラスゴー美術学校の大学院1回生やフランク・モア美術学校卒業予定生などもいる。

このオルタナティブアートフェア、クンストフラーイと同じく毎年5月にアムステルダムで行われる大きなアートフェア「KunstRAI」(クンストライ)に対抗する形で1997年にはじまった。当初、沢山のインデイペンデントアーティストたちは名のある “古臭い” 商業的なギャラリーからは疎外されており、市が支援するような大きなアートフェアには自分たちの作品が展示されることなどないと感じていた。

そういったストレスがクンストフラーイをつくりだし、環境にかかわらずに実力を持った様々なアーティストを参加させるようにした。そうやって始まったこのクンストフラーイは大成功し、うわさが広がりクンストライのオルタナティブ版となった。今となっては、このふたつのフェアは互いに助け合い共存し、持ちつ持たれつの関係を築いている。クンストライかクンストフラーイを訪れた客は、もう一方のフェアには無料で入れるようになっている。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE