ツリー・オブ・ライフ

HAPPENING

いつもは休日にならない日本のクリスマスだが、2005年は丁度週末に重なったこともあり特別な連休を過ごした人が多いかもしれない。クリスマス商戦で賑わう街にも、そのため心無しか、例年以上にほころんだ顔があふれていた気がする。様々な思いやドラマが行き交うクリスマス連休初日、雪降る白い北海道から送られた緑色のポジティブメッセージがあった。


約2000人を動員する「札幌メディアパーク・スピカ」にて開催されたアートコミュニティフェスティバル「TREE OF LIFE」。まず始めに入り口スペースにて堂々と観客を迎えたのは、「カミネッコン」を利用した未来の森だった。

「カミネッコン」と名付けられたこの六角形のリサイクルポットは、土と苗木を植え込み、大地に置くだけで、ポットごと土に返して根を張らせる事ができるという、手軽な植樹を可能にした画期的なアイディアから生まれたもの。森づくりというとてつもなく大きく思える試みにも、小さな楽しみのあるライフスタイルから結びつける事ができる。

木々が成長してゆく様を垣間見るかのような入り口の展示には、このイベント「TREE OF LIFE」全体を掲げて込められた“地球への恩返し”という未来への想いが現れていた。
この「カミネッコン」を筆頭に、自然体なメッセージを随所に沿えた「TREE OF LIFE」は、北海道に所縁のある様々なジャンルの表現者達を中心として、「遊び・学び・喜び」のクリエイティブ空間を展開していくのだった。

会場内を進むと、生命を感じさせる大きな球体が宙に浮き、それを包み込む繭のような、立体の空間デザインが施されたメインフロアが現れる。「AGROM」を筆頭にビジュアルアーティスト達が光と動きと色を加え、神秘的に浮かび上がるクールなステージ。オープニングの「OViC」によるゴスペルライブを皮切りに、「SHUREN THE FIRE」、「qodibop」、「KOSS a.k.a KUNIYUKI」など、次々と豪華なライブアーティスト陣が登場、パフォーマンスを繰り広げていった。軽快に踊ったり、腕を組んで立ちすくんだり、座り込んで聴き入ったりと、動きを見せる観客達もまた、時間によってフロアの空気を変えるクリエーションの一部のようだ。

SHIFT」と「SOSO」がプロデュースする会場内のラウンジスペースは、メインフロアに隣接し、ライブ音をもそのまま楽しむ事ができる場所にあった。札幌を拠点に活動するデザインユニット「ワビサビ」のグラフィックで演出された空間は、白と黒を基調に、植物や細胞を彷彿させる独特のモチーフで埋め尽くされている。同じモチーフをまとった3人のモデル達が、ポインセチアのごとくスタイリッシュに赤く咲いて華を添えた。

ラウンジスペースには大きなスクリーンが設置され、そこでは札幌の若き映像作家、近藤寛史 a.k.a. Second To None Works による映像や、「DOTMOVフェスティバル2005」における特別上映作品、河村勇樹による「SLIDE」などが上映された。

無造作に置かれたダンボールや階段に座り込み、ひたすら映像を楽しむ者、ライブ音に耳を傾ける者、おしゃべりに没頭する者、踊り疲れて休憩する者、中にはさも気持ち良さそうに寝てしまう者などもいて、それぞれに思い思いのゆったりとした時間が流れていた。

また、ユニークで贅沢なフードブースも展開されていた。ある時はVJ、またある時はDJ、またまたある時は寿司を握るという奥尻島出身、函館在住の「SUSHIPUNK」による寿司バー。DJプレイをしているかのような握りっぷりで絶品を振る舞う。

また、『生産者はアーティスト』『素材は作品』として、自然や生産者との関わりを大切にするオリジナル島ブランド「島食材」からの三平汁では、まさにそこに北海道を食べた。

こうしたフードの容器として使われていたのは、「EZOROCK」の提唱する環境対策リユース容器。ラウンジスペースのみならず、会場で販売される全てのドリンクにも同じように、軽くて丈夫で再利用可能な容器が使われた。返却すると100円が戻ってくるデポジット・システムも何だか嬉しいし、使い勝手も見た目もよい。何よりもこうした行動が特別に主張されるでもなく、意識されるでもなく、提供する側も利用する側も自然に行っていたことが印象的で気持ちが良いのだ。

さらにラウンジスペースには、入口スペースに展示されていた「カミネッコン」も登場する。「Thanks Giving MakeUp」のブースに集まった人々が、思い思いに「カミネッコン」を組み立て、メッセージやデザインを描かきはじめた。このイベント時間中に、みんなで1つの夢の木、カミネッコンツリーを作ろうというもの。人と繋がり、遊びの中から小さな力を大きな1つに。感じて表現し行動することで、考えるきっかけに。まさにイベント全体のテーマがわかりやすく現れた縮図がここにあった。

ラウンジスペース以外にも、様々な空間がメインフロアを取り囲み、同時進行で想いを積み上げていた。ライブミュージックの傍らでは、わき目も振らずに集中する「LOVE」や「DOPPEL」、札幌出身の白鳥絵美による「nu:g」を含むアーティスト達が、ライブペインティングを披露する。並べられた大きなキャンパスにゆっくりと豪快に姿を現す、手法も様々な個性的なドローイング。「OCHO」とのコラボレーションで制作された、未来路工房の鬼灯(ほおずき)の照明で飾られた存在感のあるクロスのオブジェの向こう側には、神聖な空気が流れていた。
他の、環境プロジェクトや展示、DJフロアなどの空間でも、それぞれにイブの朝まで楽しむ人の姿があった。

見て、聴いて、感じて、触って、味わって、楽しんで、考えて、それぞれの要素が膨大でハイレベル。そして北海道の地に根付いていた。地球を感じようという大きな背景と押し出されたテーマがありながら、少しも重たさや枠を感じない心地よさ。それでいて自然に取り込まれた掲げるべき芯。それらは、主催者が上から主張するのではなく観客と同じ目線で歩こうとする姿勢にあり、ジャンルを超えた表現者達が表現することそのものに感じる喜びにある気がする。

時間にして約半日にも及ぶ「TREE OF LIFE」も終盤にさしかかると、ラウンジスペースに積み上げられてきたカミネッコンツリーが完成した。ホワイトマーカーで描かれたみんなの思いやメッセージは、降り掛かる雪のように。ツリーの上に光る銀色の鶴のオブジェが、その願いをのせて緑色の未来まで舞いあがるように見えた。

暖かい気持ちになれた時、人は感謝の気持ちを持つ。だとすれば、「TREE OF LIFE」が持つ思いの形はもちろんだが、こんなにワクワクできるクリエイティブ空間であることそれ自体が、地球への感謝に繋がる行動の一歩に違いないのではないかと思う。

TREE OF LIFE
日時:2005年12月23日 18:00〜6:00
会場:札幌メディアパーク・スピカ
出演:国内外アーチスト多数
料金:前売 3000円 当日4000円
主催&問い合わせ:TREE OF LIFE 実行委員会(株式会社ミム内

Text: Yurie Hatano
Photos: Sharima

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE