ハビタス

PLACE


香港の著名なアーティストでありデザイナー、キース・ツァン・タク・ピンが運営するデザイン・スペース「ハビタス」に足を運ぶと、タイムトラベルをしているような気になる。まず、上環のMTRステーションの1つから、アンティークな鉱車道を通り、歴史的なウエスタン・マーケットの赤レンガと白いモルタルへ向かわなければならない。中に入ると、ゲルマンのケーキショップや織物商店の列からなる、ビクトリア調の建造物を見つける。エッシャーのような鉄の階段(ロサンゼルスの有名なブレードランナー・ブラッドベリー・ビルのなごりの)に勇敢に立ち向かい、流れる音楽に従って3階へ。するとそこでは、中年の香港人が社交ダンスのクラスでクルクルと回っている。浴室と半分隠された階段へ向かい、「ハビタス」そのものに登る。そこは、過去が小屋になっており、デザインの未来が待つ場所だ。

この特別な夜、「ハビタス」は、最近の再オープンと(もう何ヶ月もこのショップは、滅多にオープンせずという状態だった。が、新しい時間帯、商品、イベントをリノベートした。)ビデオアート・アニメーションDVD「PLAY>」リリースの両方を祝っていた。パーティは「Moneme」(フランス人のセドリックとシルバンから成るエレクトロニック・ミュージック/ビデオ・デュオ)と「HC Gijie」(ノルウェーのサウンド/ビデオ・アーティスト)による中庭でのパフォーマンスで始まった。彼らは徳輔道の反対側にあるドックと大規模な高速道路から撮ったライブ音とビデオを掛け合わせた。シンプルで催眠的に、車のビデオが速度を落とし、重なり、色褪せ、詰め掛けながら、時間は駆け巡る。サウンドは、その街のミュージック車のタイヤ、メタルミ−ティングエア、ホーン、の夢のように巡り、全てが交ざってハードエッヂをソフトに暖かく見せていた。

そのパフォーマンスが終わると、「PLAY>」からのセレクションが上映され、来場者は皆、折りたたみ椅子や「ハビタス」戸外のレンガの中庭に座り、ワインを飲んだり囁きあっていた。予想通り全ての“ゲーム”や“プレイ”の形が、フィルムの焦点である。香港アーティストのセレクションがたくさんあった。ホー・シウケイの「カウンティング・フロム 1 -100」(カウント、数学、ミラーの思索)、フン・キュンの「タイム・リキッド – 2プレーヤーズ・バージョン」(ビデオのスチールからできたシリンダーを使ったタイムゲーム)、ジャムセン・ロウの「ア・リトル・リトル・ゲーム」(抽象的に捉えられたゲーム。若い女性がクレヨンで本に色をつけると、ビデオ画像も徐々に白黒からフルカラーになる。)全てのプログラムの中で、最も良かった作品の1つが、エリック・シュウ・チーマンによる「スーパー・コップ・ワールド」という名のジャッキー・チェンとスーパーマリオブラザーズを掛け合わせたものだ。このビデオは、見る者をスーパーマリオブラザーズ(オリジナル、ローファイ、リニアバージョン)のバーチャルセッションへと導き、マリオがジャッキーのクリップに取り替えらるというもの。マリオがジャンプすると、小さな四角いスクリーンではジャッキーが建物からトラックに飛び乗る。マリオが泳ぐと、ジャッキーはサメが出る水に飛び込む。最後には、ジャッキーとマリオが勝ち、城のゲートをくぐって女の子をゲットするのだ。(バックグラウンドではいくつもの爆発が起こっている。)この作品の視覚的発明の才と新しさは、他に並ぶものがないだろう。おそらく、アメリカ人アーティスト、コリー・アルカンヘルの「Nipod」を除いては。この短くてカラフルなアニメーション、16ビットのiPodを表現したコンピューターは、見えないコントローラーでスクロールされ、ゲームボーイのポリフォニーのトーンで解釈された現代アメリカのラジオヒットをプレイするものだった。また、ネリ−の「ホット・イン・ヒア」という作品は、ブラック・サバスの「アイロン・マン」と、ブリトニ−・スピアーズの「トキシック」を合併させたように、00年代のポップスと80年代の美意識が共存している。

DVDには、たくさんのアーティストによる14作品が盛り込まれているが、11月4日に上映されたのはそのうちの半分ほど。約45分の上映が終わると、来場者達は最後のお酒を飲んだり、「ハビタス」の新しいインテリアの中、ウィンドウショッピングを楽しんだりしていた。アーティストのハンドメイドの本が赤いプラスチックのDCプレーヤーに対比し、キース・ツァンの有名なガーリックスキンの照明設備が、かぎ網のフィギュアやシルバーのジュエリーを照らす。香港のクリエイティビティの中心を再び活気づけるように、古くて新しい未来という面白い掛け合わせが提供された夜だった。


PLAY> Video Screening + After Screening Party

日時:2005年11月11日 20:00〜
チケット:$80(1ドリンク)/「PLAY>」か「Cityscapes」のDVDを窓口で購入すると無料
会場:Habitus
住所:3/F Western Market, Sheung Wan, Hong Kong
http://www.emergencylab.hk/play/

Text and Photos: Samantha Culp
Translation: Rin Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE