コニー・アイランド

PLACEText: Garry Waller

『楽しみ、ライド、ショー、綿あめなど、無邪気な外見の後ろ側には、恐怖、欲、放棄、冒険、皮肉、コメディ、救済、大食、神秘、痛み、怪物、ギャンブル、覗き趣味などの強力なテーマがある。』ノーススター・ギャラリー ウェブサイトより引用。

ニューヨークに移ってくる直前、ざっと6年前のこと、私はコニー・アイランドの話を聞いた。友人が私に、その人気のない遊園地をチェックしに、真冬に行ってみるよう強く勧めてきたのだ。その友人の言葉に従い、言うまでもなく私はまっすぐそこに向かった。寂びれた場所にいつも魅せられてきていて、コニー・アイランドが可能性のある場所に聞こえたからだ!しかし、電車で60分かけてそこにつくと、あまりにもの賑わいにがっかりした。私が抱いていた都市崩壊のどんな幻想も打ち砕く、人々のコミュニティーがあった。

しかし、この初めの失望にもかかわらず、私はその後何度もコニー・アイランドを訪れ、そこについて色々な事を知っていくようになった。なぜなら、まるでニューヨークシティから100万マイル離れた場所に感じるからというのと、人々を見に行くのにとても素晴らしい場所だからだ。コニー・アイランドが持つ沢山の面白い視覚的な質感と、人々がこのユニークな環境と相互作用する様子に魅せられている。

約4マイルの長さに、1マイルの幅。ガイドブックにはここでの慣例も記載されている。有名なネイサンズ・ホット・ドッグ、「サイクロン」というジェットコースター、水族館、年に一度のマーメイド・パレード、大きな吹きさらしの海岸、目が痛くなるほどひどい塗装の遊歩道標識。あなたもここに来ると出会うであろうこれらのリストと特徴は、この場所を面白く、時に予期できないものにしている。私の目から見る限りここの人々は、ニューヨークシティに必要なもの何一つ無しに存在しているように、もしくは少なくともそう感じているように見えるのだ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
デッドウッド
MoMA STORE