カルタラス・トゥバルタス

HAPPENING


2005年8月19、20日、第三回目となる、野外フェスティバル「カルタラス・トゥバルタス 2005」が、レントバリスにて開催される。リトアニアからだけではなく、イギリス、フランス、フィンランド、ラトビアからも人々がやってくる。

前回、前々回と同様、この「カルタラス・トゥバルタス」は、レントバリス城と湖の間に位置する、ティスケビシャス伯爵の城の廃墟にて行われる。フェスティバルのステージは、この城の元々小屋だった部分(唯一、赤レンガの壁だけが残っている)の間に置かれることになっている。

すでに三回目となる、このただならぬ場所での催しでは、リトアニア及びその他の国のアーティスト、DJ、VJなどが、音、映像、光による素晴らしい二日間を演出してくれることだろう。

このフェスティバルのメインテーマは、カバーである。つまりオリジナルの作品の再創造ということだ。カバーという行為は、未だに話題になるものであり、やっかいな問題であるようだ。カバーをするにあたり生じる、「カバーとは何か?」、「どうしてカバーなのか?」「どこからがカバーになるのか?」という問いは難しく、状況によっては答えられないことが時にある。

そして、みなさんはカバーというものをどう見なすだろうか。創造的行為?それとも著作権侵害行為?コンピュータによるデータの変形・変質?またはオリジナルに対してのジョーク?オリジナルの破壊?もしくはサンプリング・ミキシング・スクラッチ・リミックス?カラオケのようなもの?コピー&ペーストテクニック?あるいは・・・。それから、フェスティバルにとって真に重要なものは何か。カバーというものは、作る過程にインスピレーションと自由を吹き込むのである。

カバーというのは言い訳、名目である。それは方法であり、スタイルであり、作るためのインスピレーションである。カバーという行為は音楽それ自体より古い。カバーはタイムマシーンであり、古い作品を操作するための方法であり、再構築のためのユニークな可能性なのである。時に、カバーはオリジナルを掘り起こして流行させる。または、最低でもオリジナルの下に来るようなことはない。

私たちはみな、レコード会社が著作権料として得る金額を知っているが、私たちが独自性に関して話すとしたら、オリジナルとは何なのだろうか?著作権に関連する最新の騒動の一つは、あまりその名を知られていないDJデンジャー・マウスが、Jay-Zのザ・ブラック・アルバムと「ビートルズのホワイト・アルバム」をミックスしたときに発生した。その新しいアルバムは「ザ・グレイ・アルバム」と呼ばれ、プロモーションビデオのコピーが千本、様々なプロデューサー、あるいはレコード会社に送りつけられた。DJデンジャー・マウスはビートルズのレコードの著作権を持つEMIから警告の手紙を受け取った。しかしそれはDJデンジャー・マウスが有名になり、多くの賞を受け取るのには充分なものだった。何ということだろうか!

フェスティバルは金曜の午後に始まり、長い休憩は置かずに日曜の早朝まで続く。フェスティバルの開催期間中は様々な形の芸術がそのハーモニーを奏でることだろう。DJ、ジャズバンドの即興演奏がある。映像は音楽に彩りを添える。特製の照明はその場全体の空気を一変させてしまうだろう。

このフェスティバルは、リトアニアの「ウッドストック」とも呼ばれ得るだろう。非商業音楽、種々の芸術の融合。これはアーティスト、そして芸術を愛する人々が、映像芸術、音楽芸術の新たな潮流を体感し、夏の終わりを創造的に過ごす場である。

二日間に渡るフェスティバルはアートと音楽を愛するあらゆる人々を呼び寄せる。その人々は、開けた国で時を過ごすのが好きであり、新しい感覚を求めているのである。

以下、このフェスティバルの主な出演者を紹介。
ザ・キング(イギリス)、ルイ・フォンテイン(ラトビア)、イジェクツ「クラッシュ・キャッシュ」(フランス)、DJケルビン・マルンキュソ(イタリア)などなど。出演者リストとプログラムの完全版を知りたい方々は、このフェスティバルのウェブサイトをご覧あれ。


カルタラス・トゥバルタス 2005

会期:2005年8月19、20日
会場:Lentvaris, Lithuania
http://www.kulturostvartas.lt

Text: Emanuelis Ryklys from RUT RUT
Photos: Courtesy of Kulturos tvartas
Translation: Yuhei Kikuchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE