リトル・レッド・ライディング・フード

PLACE

そこは、フレドリッヒ・ストリートにある、ベルリンのファッションセンター、クアーター206。名高いファッション・アウトレットの中に構えられたショップ「リトル・レッド・ライディング・フード(赤ずきん)」は、銀河系を一人占めにした暗くて小さな星のような輝きを持つ。


ライトのインテリアが施された店内に踏み入ると、そこはただの販売スペースではない。ファッション・アウトレットを越え、「リトル・レッド・ライディング・フード」という名をもとにした、創作コレクションを取り巻く哲学の世界に入るのだ。この店は、主にアウトレットとして営業している一方で、アーティスト、デザイナー、フォトグラファーやミュージシャンと共に、アート・プロジェクトやイベントなどの形でコラボレーションを行っている。

店内には、マネキンとしておかれた白いプラスチックの狼や、切り株に無造作におかれたアクセサリーなどがあり、まるで小さなおとぎ話のような設計である。赤ずきんちゃんがこのおとぎ話の世界のどこかに隠れているような気にもさせられるし、もしかしたら新しいワードロ−ブを探して、この店にふらふら入り込んできた隣の少女が赤ずきんちゃんかもしれない。純朴な少女から謎めいたプリンセスに姿を変え、狼と友達になり、かえるの王女とキスをして、突然殺し屋に姿を変え、おとぎ話のなかの彼女の運命を果たし、、、と、まあ想像するのは自由だ。

店のポリシーの一部として、全ての種類の客にそのキュートで入手可能なノーブランドのピースを提供する、というものがある。それらのピースは豪華な装飾がついていたり、スタイルやカラーによって様々にアレンジされている。「誰にでも合うものが見つかります」と、オーナーでありマネージャーであるダニエラ・ゴ−ゴンズは説明する。「私達の目から見た最新のトレンドに沿い、新しくてユニークなそれぞれの季節の“ストーリー”を取り入れた上で、全てのお客さまに合う幅広いアイテムを提供しようと努力しています。」


Photograph for the ‘Black Reality White Dreams’ story by Tina Winkhaus

このシーズンの“ストーリー”である「黒い現実、白い夢」は、白くて逆立った襟のシャツ、黒いピン・ストライプが組み立てられたリトル・レッド・ライディング・フード仕様のパンツ、デンマークのデザイナー、へレ・マーダルによる幾何学模様がプリントされたスウェット・トップスなどと共に、「ハイテク・バロック」という方法で反映されている。王女を担当するのは、デザイナーのフセイン・チャレイアンとアレキサンダー・マックイーン。フードをかぶるような(この場合ウッドでもいい)もっとタフな女性は、ラヴィス・レッド、エトニーズ、ナイキによるストリートウェアや定番服のセレクションを楽しむことができる。そうでなければ、白くてオレンジの縁取りのナイキ・ハイトップスと、黒いレザーのナックルダスター手袋という最新のセットを自分で探して、バックストリートのゴブリンや、熱狂的に向かい来る狼達との勇敢な戦いに挑む装備をするといい。

メンズウェアのセレクションには、ベルリンのデザイナー、フィアマによるスウェットシャツ素材のスーツ、イギリスのレーベル、ホームコアやマーダ−ルによるTシャツやフード付きトップス、そしてラヴィス・レッドのジーンズなど、フォーマルツイストのストリートウェアがある。

今年の2月に開かれた公式な開店式は、ベルリンで2年に1度行われるファッション・トレードショー「ブレッド&バター」と合同して、内輪で行われた。女の子は黒光りしたケープをまとって、身の毛のよだつようなシースルーのマスクをし、黒いヘリウム入りの風船をもった「黒ずきんちゃん」になった。客がドリンクをちびちび飲みおとぎ話の奇怪なショーに引き込まれる中、彼女達は静かにその間を歩くのだった。また、おばあさんでさえも、ちいさなかわいい花のブーケットを持って仮装していた。しかし、彼女は期待されていたのだろうか、という疑問が1つ残った。


Window decolation.

イベントでは、ベルリンのライブアクト・ポップノーネーム(コンパクトレコード)によるミュージックが店の前のマーブルチェックの廊下で披露され、リトル・レッド・ライディング・フード・コレクティブからのアーティストが集合した。

フォトグラファーのティナ・ウィンクホースは、店の中にある照明ボックス上に、すばらしく気味の悪い写真のシリーズを展示し、それらは今でも店のインテリアの一部として永久的に保存されている。


Window decolation.

ベルリンが冬のコートを脱ぎ捨て、暖かい季節に変わろうとしている今、 2005年のサマーシーズンにはリトル・レッド・ライディング・フード・コレクティブがどんな風に私達を楽しませてくれるのか、とても興味深いところだ。現在は、ナイキとの共同運営による上流のイベントが行われている。ベルリンの最も大きなデザイン・フェスティバルの1つである「デザイン・メイ」への参加で、このイベントはコレクティブのおとぎ話の本、併合したファッション、ビデオ・プロジェクションやミュージックなどの、最新の章を披露することになるだろう。

リトル・レッド・ライディング・フードの哲学は、ただのおとぎ話のナンセンスを越えている。古き忘れ得ぬ物語りが新しい未来像を呼び起こす場所で、夢の世界に出入りする楽しさを提供しながら、それは着実にベルリンの創作領域に足跡をつけているのだ。

Little Red Riding Hood Store
住所:Qaurtier 206 / 1. UG, Friedreichstrasse 71, 10117 Berin, Germany
TEL:030 20455619
shop@littleredridinghood.de
http://www.littleredridinghood.de

Text and Photos: Peta Jenkin
Photos: Joachim Wagner
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE