スーパーマンデイン

PEOPLE

ロンドン在住のアーティスト、スーパーマンデイン。デジタルでは出し得ない手描き独特の味を持ったイラストレーションと、有機的なフォルムを持つ美しいフォントが特徴的だ。現在ロンドンでの初の個展を開催中の彼にお話を伺った。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

スーパーマンデイン。ロンドン在住です。

現在はどのような活動をしていますか?

グラフィックデザインがメインですが、イラストレーション、彫刻、執筆、音作り、アニメーション、アートディレクションなども手掛けています。

最近の活動内容を紹介してください。

今進行中のプロジェクトは、ロンドンでの初個展です。展示するのは、主にはドローイングなのですが、マッチボックスに入るくらいの怪獣のミニチュア彫刻も制作しました。その他に、ロンドンを拠点に発行しているフリーマガジン「GOOD FOR NOTHING」のアートディレクションをしています。このマガジンは、以前「SLEAZEマガジン」で働いていた編集者が立ち上げた雑誌で、私自身もその雑誌で仕事をしていたことがあります。あと、ちょうど「HASSLE」という新しいレコードレーベルのロゴを完成させたところです。たいていいつも2〜3つのプロジェクトが同時進行しています。

香港のレーベル「CHILLICHILLY」から、オリジナルデザインのグラスがリリースされましたが、その経緯と作品について教えてください。

「CHILLICHILLY」から直接オファーが来て、とても面白いプロジェクトだったので是非参加したいと思いました。私のグラスのデザインは、「NEVER EMPTY」という言葉をベースにしたものです。グラスの中が、空っぽになることは決してない、と思ったのです。飲み物がなくても、空気は入っている。楽天主義の究極の表現ではないでしょうか。

雑誌「ARKITIP」、「OURマガジン」などへ寄稿した作品は手描きのイラストレーションが独特ですが、手描きにこだわっている点は何ですか?

私は手描きのデザインアプローチがとても好きです。でも、手描きだからといって、常にそれが下描きのようにおおざっぱなものとは限りません。私はこの8年間常にスケッチブックを持ち歩いていて、「ARKITIP」や「OURマガジン」などに寄稿した作品の多くは、そのスケッチブックからのものです。ドローイングは、思い立ったらすぐに表現できるというところが魅力的ですし、コンピューターでは得ることのできない新鮮さや自然さを作品に持たせることができると思います。あと、うっかり間違えたと思ったところから良い作品になったりするところも魅力です。

フォントデザインには、アールヌーヴォーの雰囲気を感じるものもありますが、意識されていますか?

そう感じられるのも良くわかりますが、特に意識して作ったわけではありません。私のフォントデザインは、スケッチから作っていったものがほとんどなのですが、有機的な文字の形やその装飾的な要素が大好きなので、そこにアールヌーヴォーとつながるものがあるのだと思います。

あなたのスタイルのルーツは何でしょう?

もっと若かった時、カリグラフィーにのめり込んでいて、そのころから活字に心を奪われ始めました。ファンタジーアートやミニチュアも好きで、ヘビメタも好きでした。(1人遊びの好きな子供でした。)私はずっと自分の過去から抜け出そうとしていたのですが、最近になってようやくこういったものが今の自分を作っているのだと気付きはじめました。例えば、フォントデザインには、昔好きだったヘビメタバンドのロゴの要素があったり、私の描く怪獣には、ファンタジーの要素が入っていたりします。

SUPERMUNDANEという名前に何か特別な意味を込めていますか?

この言葉の意味は、辞書には“現実の世界”とあります。私がグラフィックデザイナーとして初めて、イングランド中部のやかん工場で仕事をしていた時に出会った言葉なのですが、その時は、“この世にないもの”という意味で使われていました。その言葉本来の意味とは全く逆の意味のように使われているところが気に入っています。

ちょうどロンドンで初の個展を開催されるようですが、その内容と意気込みを教えてください。

すごく楽しみでありながら、かなり緊張しています。作品数も多く、とても楽しい展覧会になると思います。見る人が楽しめて、幸せになれるような展覧会にしたいです。

ロンドンのグラフィックシーンについて教えてください。注目すべき新しい動きはありますか?

自分自身、あまりロンドンのシーンに関わっていない気がします。今、どんな新しい動きがあるのかもよく分かりません。ロンドンより、アメリカの西海岸のシーンにより親近感を感じます。あの場所の感覚やスタイルの方が自分に合っているような気がします。

今回のカバーデザインのコンセプトを教えてください。

怪獣達が、楽し気にシフトのお祝いをしているうちに自分達それぞれが“SHIFT”という文字になってしまった、というものです。

今後の予定やチャレンジしてみたいことを教えてください。

最初の方でもお話しましたが、今年中に仕上げなくてはならない新しい雑誌のアートディレクションをしていて、それが今現在の目標です。その他には、進行中のプロジェクトなのですが、皿やクッションなど何か日常で使える物にスーパーマンデインのアートを乗せていきたいと思っています。

Supermundane
hello@supermundane.com
http://www.supermundane.com

Text and Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE